「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
事故車査定で評価落ちしてしまった!事故車を高く売る方法とは

事故車査定で評価落ちしてしまった!事故車を高く売る方法とは

車を売却する時、見た目は普通の車両と変わらなくても、過去に修復歴があると価値はかなり下がってしまいます。

通常の買取価格から事故車の買取価格になると、どのくらい変わってしまうのか気になりますよね。
今回は修復歴のある車や事故を起こしてしまった車は、どのくらい価値が落ちてしまうのか、また修復歴のある車を高く買い取ってもらうコツをご紹介します。

事故車や修復歴車の内容とは

事故車や修復歴がある車とは、どのような車のことを言うのでしょうか。
事故車は単に事故を起こした車ということではなく、修復歴のある車ということになります。

事故車や修復歴ありになるボーダーライン

では、どのボーダーラインを越えてしまうと事故車、修復歴ありといわれてしまうのでしょうか。
事故車とは、車の骨格を損傷させたことにより損傷した『個所』を過去に交換、または修復している車のことをいいます。
衝突事故などでフロントを破損してしまった車は、大きなへこみなど見た目も事故車と判断できます。ただ、ガードレールに側面から当たってしまった場合など、ドアへこみや擦り傷のみに見える車は一見事故車とは思えません。しかし、実際は骨格に歪みが起こっている場合などがあり、その時は事故車となってしまいます。一番問題なのは、見た目が事故車ではない為、査定に出す時に事故や修復歴を伝えずに査定に出してしまうことです。
修復歴や車軸などのゆがみはプロにはわかります。歪みを修復していても、修復歴があるとわかる為、価値は下がり元々の買取額は見込めません。

事故以外の要因による修復歴ありの車

修復歴ありの車の中には、事故車以外の車も含まれます。改造車や塗装車などです。
改造した車は車高が変わってしまったり、軽量化の為、内装を軽くしてしまっていたり、また全塗装を施した車なども修復歴ありとなります。
改造後に純正品に戻すと修復歴ではなくなることもありますが、塗装などは、元の色に戻すのも大変です。
カラーリングをしている車や、ラッピングカーなども修復歴ありと判断される場合があります。

修復歴のある車の減額はどのくらいされるのか

では、修復歴のある車は、どのくらい査定額が下がってしまうのでしょうか。

事故車や修復歴ありの車の評価落ちについて

事故車、修復歴ありとみなされた場合、評価落ちで減額されるのは 10万円以上となります。
特に衝突事故など車本体のフレームの損傷が大きく、損傷個所が2か所以上の場合は、中古車買取などでは修理代金もかなりの高額になる為、買取を断られたり、査定0円となることもあります。
年式が新しく、走行距離も3万キロ前後な車など、買取額が元々100万円弱の車の場合は、事故の状態次第ではあるものの、30万から50万位減額されてしまいます。
もしも、年式が古く走行距離10万キロを超える場合は、中古車買取店では基本的に高価買取は期待することが難しいのです。
この場合は、事故車の廃車買取専門店などを選ぶことをお勧めします。

破損状況で最もマイナス評価になってしまうのは

破損状況で最もマイナス評価をつけられてしまうのは、フロント辺りの前部を破損した車です。
正面衝突で起こしてしまった事故は、前部分はもちろん、足回りや骨格にいたるまで損傷がある可能性も高くなります。
この場合、無事故車両の70%程度まで買取が下がることもあります。
後部破損の場合、前部の事故に比べるとエンジンルームも前にあることが多い為、損傷を受けていても査定に響く部分が少なくなり、評価落ちが少し有利になります。

事故車や修復歴ありの車を高額売却するコツは

事故車、修復歴ありの車を高額売却するコツがいくつかあります。まずは売却先です。

事故車や修復歴ありの車を高く買取ってくれる業者

事故車、修復歴ありの車を高く買い取ってくれる業者の見分け方は、海外の輸出ルートを持っているかどうかが大きなカギとなります。
国内では、事故修復歴があるとなると車本体の価値は大幅に下がります。
中古車買取店などは、国内オートオークション会場などで、ユーザーから買い取った車を出品していますが、修復歴や事故車の車は、事故車コーナーというところに出品されます。
事故車として板金して再販することを考えても、高額での売却は見込めない為、そのような場所で落札をするのは解体業者で、解体後に活かせる状態の車の部品などをリサイクルパ-ツとして国内外へ販売しています。
その為、中間マージンが取られてしまう中古車買取店に売却して、出品後、解体業者へ転売よりも元々国内外に販路を持つ、解体ができる廃車専門の買取店へ販売した方が、事故車は買取額が付く可能性が高いのです。
また、海外の車買取業者は事故車に対してのハードルが国内に比べて低く、修復したパーツなども使用できるなら高く値段を付けてもらうことが可能です。

修復せずに売却の見積もり依頼をだす

廃車買取店へ売却を考えるなら、修復をせずに事故に遭ったそのままで見積もり依頼を取ることをお勧めします。
廃車買取店は、自社に解体工場を持っています。解体の工程で部品を回収し、活かせるパーツ取り出してリサイクルパーツとして販売したり、劣化している部分を修復したり壊れた部品に別の車の部品を合わせてリビルトパーツとして再販するなど行っています。
修理代金を上回る買取額を付けることは難しいものの、事故当時のままであっても車自体に価値をつけて買取をしてもらえるので、修理をせずそのまま売却する方がお得なのです。

事故車査定で評価落ちしてしまった!事故車を高く売る方法とは

事故車の査定と、評価落ちしてしまった事故車を高く売る方法についてご紹介しました。
事故車や修復歴がある車は、購入するエンドユーザー側からすると車の安全度や信用度が下がってしまう為、購入欲が下がってしまいます。
その為、中古車買取店でも評価が落ちてしまい査定も厳しくなるのです。
無事故車両だった場合の買取金額が30万を切る車種や年式の古い車の場合は、修復したとしても買取額が上回る可能性が低くなります。
その場合は、修復の見積もりと合わせて、廃車買取専門店へ直接見積もりを依頼されることをお勧めします。

▲ページの先頭へ