車検と車の手続き案内センター

「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
外国産車の廃車の方法と廃車買取のススメ

外国産車の廃車の方法と廃車買取のススメ

目次

日本国内でよく見かける外車といえば、ベンツ、フォルクスワーゲン、ルノーなど様々な車種がありますが、外車とはどのような車を指すかご存知でしょうか。

外車とは外国で造られて日本が輸入した車、または日本のメーカーが海外使用で造った車のことを指します。
数年前まで外車といえば左ハンドルのイメージでしたが、日本で走っている海外メーカーの車の多くは日本仕様に変更し右ハンドルに変更されています。
国産車との違いといえば、修理が必要な場合、パーツは基本的に海外からの輸入となる為、輸送費など含めて国産車よりも高額になることが多い部分が大きな違いでしょう。

外車を廃車するには

では、外車を廃車するにはどのようにすればいいのでしょうか
もし所有している外車にトラブルが起こり、修理が高額の為廃車しようと思ったら、外車を廃車する時の方法は国産車と変わりません。
日本のナンバープレートが付いている外車は、日本で車検を通っています。その自動車検査証の内容も国産車とあまり変わりません。
その為、車検証の情報から廃車の手続きに必要な書類をあつめる過程も同じなのです。

外車を一時抹消登録する

外車を所有していて、出張などの長期間車を乗る機会がない場合などは、自動車税などがかからないように、一時抹消登録を行います。
一時抹消登録は、所有されている外車の使用を一旦中止する手続きです。一時抹消に必要な書類は下記8つがあります。

  • 車検証(正式名称:自動車検査証)
  • 自賠責保険証明書 ※車検が残っている場合
  • 所有者の印鑑登録証明書 ※取得から3か月以内
  • 委任状
  • 印鑑登録証明書に登録されている実印
  • ナンバープレート(前・後2枚)
  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得申告書

注意事項として、外車の購入時にカーローンを利用し購入された場合で、完済後に所有権解除の手続きをしていない場合は、車検証の所有者の欄には車ディーラーやローン会社が記載されています。
車検証の所有者欄が車ディーラーやローン会社だった場合は、必要書類が異なってきます。
カーローンを利用した場合は、車ディーラーやにローン会社にローンの支払い状況の確認を行い、完済していた場合は所有権解除書類を請求してください。
所有者の印鑑登録証明書と委任状は、車検証に記載された所有者のものが必要になってきますのでご注意ください。

外車を永久抹消する

所有している外車が、事故や故障などの理由で走行が難しく、廃車せざるを得なくなった時は、外車の永久抹消登録を行います。
永久抹消登録は、自動車の解体工程をすべて終わらせてから行うことができる手続きになっています。
引取と解体、廃車手続きなどすべて一括で承っている廃車買取業者もありますので、費用面と相談しながら考えることをお勧めします。
ご自分で手続きされる場合は、外車の永久抹消登録に必要な書類は下記8つとなります。

  • 車検証(正式名称:自動車検査証)
  • 自賠責保険証明書 ※車検が残っている場合
  • 所有者の印鑑登録証明書 ※取得から3か月以内
  • 委任状
  • 印鑑登録証明書に登録されている実印
  • ナンバープレート(前・後2枚)
  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得申告書

永久抹消登録の場合、車検の有効期限が残っている中で手続きを完了すると、重量税の還付を受けることができます。
また、一時抹消登録または永久抹消登録を行うことで、今年度の自動車税の納付をしていた場合、手続きを完了した翌月から自動車税の還付額を受け取れますので、できるだけ早く手続きを完了することをお勧めします。

外車を高額で廃車買取してもらう方法

では、使わなくなった外車を高額で廃車買取してもらう方法はあるのでしょうか。
外車はボディサイズが国産車よりも大きいものが多く、廃車をしようとすると費用が掛かるのではと不安になる方もいるかもしれません。
実は、外車は廃車買取店に査定を依頼すると金額をつけてもらうことが可能なのです。
外車の人気車種を廃車査定依頼した場合、国内での修理にも使える為、車のパーツが人気で査定が高額になることもあります。
また、車本体に使われている鉄・非鉄金属にはもともと価値があり、リサイクルを行っている業者にとっては廃車すると良質な金属素材が取れる為、故障車や不動車であっても買取をつけてもらえるのです。

廃車買取店の中でも高額査定が可能なポイント

そんな廃車買取店の中で、さらに高額査定をしてもらうにはポイントがあります。
重要なことは【海外へ輸出ルート】を持っているかどうかです。国産車のニーズが海外でも需要が上がってきていることは、車業界でも有名ではありますが、もともと海外メーカーの車種の人気も低いわけではありません。
国産車が海外でも人気の理由としては、壊れにくい、丈夫である、修理がしやすいというところです。
その点海外メーカーの車は修理は難しいものの、走破性の強みがあります。すべて舗装されている道を走るわけではないので、悪路や山道、坂道などに対して、SUVなどの走破性の高い車や足回りの強い車は海外で人気があるのです。
その為、海外へ車本体を輸出したり、リサイクルパーツとして解体してからもパーツを輸出し販売することができる業者は、国内のみの販売ルートを持つ買取業者よりも高額な査定をすることができるようになります。

廃車買取業者は輸出先が違うと買取額も変化する

廃車買取業者によって輸出先は違います。
アジア圏との輸出貿易を行っているところは多く存在しますが、中国やタイなどは外車よりも日本の国産メーカー車が人気が高いのです。その為、外車の価値があまり高くつけてもらえないこともあります。
外車人気が高く買取額が見込めるのは、中東ヨーロッパとの貿易を行う業者です。とくにSUVなどの箱型でボックスが大きく、走破性の高い車は高額査定が見込めます。
もし、前もってウェブサイトなどで確認できるなら輸出先の情報なども見てみましょう。

外車の廃車の方法と廃車買取のススメのまとめ

外国車の廃車の方法と、廃車買取についてのお勧めポイントをご紹介しました。
国産車とは違い、海外の車のお洒落なデザインと走破性に憧れる方も多いのではないでしょうか。
愛用の外車を廃車する時、少しでも参考にしてみていただければ幸いです。