「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
廃車は無料で出来ます ~タダで廃車する方法~

廃車は無料で出来ます ~タダで廃車する方法~

廃車をするきっかけは、運転免許証を返納すると決めたから...

高齢ドライバーの中には、運転免許証を自主返納しようと考えている方が増えています。
自動車に乗る機会も減っていたし、車の維持費を払うのも勿体ない。でも、もう仕事をしていないので廃車にお金がかかるのは困る。
実は、廃車は無料でできます。
不要になってしまった車を、費用をかけずに無料で廃車する方法をご紹介いたします。

無料で廃車する方法とは

無料で廃車する方法とは、どのような方法でしょうか。
自分で廃車をしようとすると、レッカー費用や解体費用、廃車手続き手数料がかかってしまいます。
この廃車の費用は車の種類などによって違いますが、2万円~3万円前後かかります。
また、無料と書いていても『只より高い物はない』し、何か裏があるんじゃないかと不安になる方も多いと思います。
そこでお勧めしたいのは、廃車専門の業者へ引取をしてもらう方法です。

廃車専門業者について

廃車専門業者とは、自動車の解体施設を持っている業者です。
リサイクル法が施行されてから、自動車の解体およびリサイクルは都道府県知事の認可を得た業者のみが、行うことができるようになりました。
廃車専門の業者は引取から解体、廃車手続きまで一括で自社で行える為、中間マージンが発生しません。
また廃車専門業者は、解体施設で取り出した中古車部品をリユース販売できる販路をもっています。
国内の修理工場や整備工場では、このような廃車専門の業者が販売しているリサイクルパーツや、ローコストのリビルトパーツを使用して車を修理しています。
年式が古い車や、走行距離が多く沢山使われてきた車にも元気なパーツは残っています。不動車や故障車でも、再利用できる中古車部品や金属素材を流通することで利益を出しています。
自動車の解体工程では、車の90%以上の部分がリサイクルされています。エンジンや綺麗に残っているパーツが使えるのはわかるけど、他にどんな価値があるんだろうと不思議に思われるかもしれません。
実は自動車本体には多くの鉄・非鉄金属が含まれており、金属は溶かして再資源化することができるのです。廃車専門の業者が取り出した金属を金属工場に販売し、運ばれた資源が再び車に生まれ変わることもあります。

廃車専門業者が無料で廃車できる理由

では、廃車専門の業者が無料で廃車できる理由とはなんでしょうか。
まずレッカー費用を抑えられるのには理由があります。廃車専門の業者はディーラーや中古車販売店から廃車するしかない車や、リサイクル部品を仕入れる為、、引取専用のキャリヤカーを保有しています。自社保有のキャリヤカーを使い、車の引取に行く為、ガソリン代のコストのみで済むのです。
自動車の解体は、自社保有の解体施設を使って行っている為、業者にとって負担ではありません。その解体の工程でリサイクルパーツや素材を回収し、さらに販売することで利益も回収できているのです。
また、廃車手続き代行手数料が抑えられることにも理由があります。
もともと廃車の手続きを運輸支局で行うこと自体の手数料は、数百円~1,000円程度です。行政書士や手続き代行業者に依頼すると金額が嵩むのは依頼手数料がかかっている為です。
廃車専門の業者は運輸支局で定期的に廃車手続きを行っています。一台の為に行くと手間だと感じますが、まとめて手続きに行く為、コストを抑えることができています。

さらにお得に廃車する方法はありますか?

実は、さらに欲張ってお得に廃車する方法があります。その方法とは廃車専門業者に、廃車を買い取ってもらう方法です。
では、廃車専門の業者の中で買取をしてくれる業者とはどんな業者なのか、特徴を2つ紹介します。

中古車部品の販路が幅広く海外輸出も行っている

中古車部品の販路を国内外に持ち、海外に輸出ルートがある業者は買取価格を高くつけることができます。
なぜなら国内では査定価格が下がってしまった低年式の車のパーツが、今アフリカや中東では人気があるからです。
日本の車は丈夫で長持ち、年式が古い車の方が修理がしやすいなどの理由から、海外で低年式の車がたくさん走っています。
低年式で中古車買取店では金額がつかなかった車の部品が、遠い中東では探している人がいるのです。

解体施設に最新の技術を取り入れている

解体施設に最新の技術を取り入れている業者は、車のリサイクル率が高く買取価格を高くつけることができます。
なぜなら、車に使われている素材は鉄・非鉄金属だけではありません。エンジンに使われているエンジンオイルや、エアコンに使われているフロンガスなど様々な素材が再資源化され、使用できるのです。
最新の技術でリサイクルできる素材を増やすことで、引き取った車本体を分別した時に一つ一つの価値が上がり買取価格につながる仕組みができています。

廃車専門業者を選ぶ時のチェックリスト

廃車専門の業者を選ぶ時のチェックリストをご用意しました。

  • 自動車解体事業の認可を都道府県知事から取得している
  • 中古車部品の販売ルートが海外にもある
  • 解体施設に最新の技術が用意されている

廃車のきっかけはそれぞれですが、費用を掛けたくない気持ちはみんな同じです。
廃車は無料、またはそれ以上にお得にできますので、参考にしてください。

▲ページの先頭へ