「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
廃車を依頼する際のベストな見積もりの取り方について

廃車を依頼する際のベストな見積もりの取り方について

車の廃車を考える時、損をせず、可能な限りお得に引き取ってもらいたいと思いますよね。

廃車の見積もりを依頼をする時に、誤った方法を取ってしまうと、損をしてしまう場合があります。
今回は廃車を依頼する際のベストな見積もりの取り方をご紹介いたします。

車の状態によって見積もりを取る相手は変わる

廃車をするといっても、車の状態はそれぞれ違います。車の状態によって見積もりを依頼する相手も違ってきます。
こちらでは、車の状態にあったベストな見積もり先をご紹介いたします。

走行可能な状態の車の場合

走行可能な状態の車の場合は、中古車販売店へ見積もりを取ってみることをお勧めいたします。
中古車販売店は、ユーザーから買取をした車をエンドユーザーへ販売いたします。
その為、走行可能で使用頻度が少なく走行距離が短いというような、再販がしやすい状態な車ほど買取価格がつきやすくなるのです。
中古車販売店では板金塗装整備を合わせて行う業者もいる為、傷へこみがあっても走行できる状態なら、一度見積もりを取ってみると良いでしょう。
バッテリー上がりなどもバッテリーをつないでエンジンが稼働し、走行可能なら中古車販売店への見積もりを取られてみることをお勧めいたします。

事故車や故障車などの不動の車の場合

事故車や故障車など不動の車の場合は、廃車買取専門業者へ見積もりを取ることをお勧めいたします
車本体の故障や事故で損傷がある場合、車をそのまま再販することが難しい為、廃車業者へ見積もりを取ってもらうことをお勧めいたします。
廃車業者は車の解体やリサイクルを行っており、事故車などでも自動車の部品をリサイクルすることができる為、買取額をつけることができます。
中古車販売店の場合は、修理費用が高額になると利益が出ない為、査定額が厳しくなり、状態によっては0円査定や引取のレッカー費用の請求をされることもあり注意が必要です。

見積もりを取る時の注意やポイント

では、具体的に見積もりを依頼する際の注意やポイントをご紹介いたします。
この注意をすることで、査定額がかなり変わってきますので、依頼する前にチェックしてみてください。

見積もりは複数の業者へ依頼する

見積もりを依頼する時は、複数の業者に依頼しましょう
見積もりを一社だけにお願いしてしまうと、それがその車の一番の買取金額と思うかもしれません。
実は、車の価値は業者ごとに違います。複数の見積もりを取って、最もその車の価値を高くつけてくれる業者へ売却することが高額売却のコツになります。
特に廃車買取は車の解体後、リサイクルパーツの販売をしています。その為、自社の解体工場を持ち、リサイクルパーツの販売先が国内外に多数ある業者は、買取額も高額になりやすいです。
廃車する予定で価値がないと思い込んでしまわずに、複数の業者へ見積もりを取ってみましょう。

実車査定は出張査定を依頼する

査定方法は、電話やネットのみの場合と実車査定の場合がありますが、実車査定なら出張査定をお勧めいたします
実車査定には、車買取店に直接持ち込んで見てもらう方法と、自宅まで出張査定に来てもらう方法があります。
走行可能な状態で車検も残っているなら、持ち込みが一番スピードが速いのではとなるかもしれませんが、持ち込みで査定をお願いした場合、その車買取店の金額や交渉ペースになってしまい、言い値で売却をしてしまいかねません。
また、複数見積もりをしたいと思っていても、断って他社へ持ち込むことが難しいのです。
その為、実車査定を行える業者に依頼をするなら、出張査定で自宅まで車を見に来てもらうこと、さらに出張査定の日時を複数の業者で同じ日時に指定し、その場で競って金額をあげてもらえるようにすることをお勧めいたします。

見積もりの金額をあげる3つのポイント

車の状態に見合う業者を探して、複数の見積もりを取る準備まで行いました。最後に査定金額をあげるポイントを3つご紹介いたします。

査定に来る業者へ車の情報を詳しく伝えられるようにする

車の状態や車種などを査定される時に、業者へ詳しく伝えられるように準備しておきましょう。
車に詳しくない前提で業者へ依頼してしまうと、相手は車に関するプロの為、足元を見られてしまい、金額を低くつけられてしまう可能性があります。
車の状態に関しては、エンジンのかかり方やエンジン音など隠さず話すこと。
また、車の車種などは車検証を用意してすぐに伝えられる状態にしておくことが大切です。

査定に来られる時は2人以上で対応する

実車の出張査定の場合は、2人以上で対応するようにしましょう。
査定の予約を入れる際、平日なら空いていますと業者から言われるケースが多いです。理由としては、単純に土日を希望する方が多い為です。ですが、平日にあまり車について詳しくない方が1人だけで対応されると、査定に来た業者のペースに乗せられてしまい、断りにくくなってしまったり、見積書を見てみたらマイナスになっていた、というトラブルも起こり得ます。
可能な限り2人以上で対応できるよう、査定の日程調整は早めに余裕を持って対応されることをお勧めいたします。

車内、車外どちらも清掃しておく

査定に来られる前に、車の内装、外装どちらも清掃をしておきましょう
実車査定は人が行いますので、車の印象として綺麗かどうか、大切扱っていたかは大切なポイントになります。
ぺットを飼われていた場合や、長期間置いていたことによるシートのほこりや毛なども査定に関わります。
内装に関しては、掃除機をかけておく、マットのほこりをはたく、1日以上は換気をするなどしておきましょう。
外装もフロントガラスやバンパーなど、綺麗にしておくと印象が良くなります。

廃車を依頼する際のベストな見積もりの取り方についてのまとめ

廃車を依頼する際のベストな見積もりの取り方をご紹介いたしました。
廃車の理由は人それぞれですが、どんな場合であっても損をせず、お得に売却をしたい気持ちは変わりません。
新車購入時の費用に充てたり、または車の所有をやめる場合でも、今後の為にも少しでもお得に手放せるよう、ベストな見積もりを取ってみてください。

▲ページの先頭へ