「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
廃車買取の3つのトラブル 悪質業者に注意

廃車買取の3つのトラブル 悪質業者に注意

廃車買取の依頼の際は、悪質な業者に注意が必要です。
インターネットで知りたいことはすぐに検索ができる時代です。長く乗ってきた自家用車がエンジントラブルを起こすようになれば廃車しようと考えます。廃車買取で検索をかけると現れる『高額査定』、『引取無料』、『廃車手続き無料代行』の文字。でも甘い言葉には悪質なトラップが隠れています。

業者へ依頼する前に、気を付けたい3つのトラブル注意すべきポイントをご紹介いたします。

廃車とは、自動車の使用をやめるために運輸支局へ抹消登録手続きを行うことです。抹消登録手続きをした自動車はナンバープレートが外され、公道を走行できない状態になります。【廃車買取】とは主に自動車解体業者、または中古車部品販売業者による自動車の買取サービスのことです。
廃車買取業者へ依頼するときに起こりやすい、3つのトラブルがあります。

査定、見積もり依頼のトラブル

大事な車を手放すにあたり、できるだけ高額で買取してほしいと誰しもが考えます。
『電話で無料査定を行っています』という業者に連絡をして、年式や車種などを伝え口頭で車の見積もり金額を出してもらいました。見積額が高かったので自宅まで引取に来てもらうよう依頼して、引き取り日当日になり現車確認されたところ、元の見積もり金額を覆しマイナス査定をしてくるという悪質な業者がいます。

引取当日に再査定で減額される

電話での査定はあくまで見積もりでしたといわれ、現車査定でガクッと買取金額が下げてきます。
引取に来られることを前提で駐車場の解約日を決めてしまっていたりすると、減額されてしまっても仕方なく了承してしまいます。
電話での見積もりで高額査定を提示された時は、現車を見て金額の変更はないのか前もって確認が必要です。

価値がある車両に対して低い見積もりを出してくる

年式が古い・走行距離が多い・小傷が目立つなどの理由で査定金額をかなり低く見積もられることがあります。旧年式の車両なので金額が低くても仕方ないと納得してはいけません。実は海外では日本車の中古車部品やエンジンは人気があります。車検を通して長く愛用していて走行に問題がない旧年式のバンも、排ガス規制などで都市部では走行が難しくなったディーゼル車も海外では修理がしやすいこともあり人気なのです。
基本的に買取業者は一旦見積もりを低く言ってくることがほとんどですので、複数の見積もりを取るようにして車両の価値を確認してください。

車の持ち込み、引取時のトラブル

車検が切れてしまった車や、長く放置していたためタイヤのエアが抜けている車など、買取業者まで持ち込みができない車を廃車したい時に、自宅や駐車場まで無料引取と記載がある廃車買取業者があれば利用したい思います。

レッカー費用を買取額から減額してくる

レッカー費用という形での請求はないものの、車両本体の買取額からレッカー費用分として減額してくる業者がいます。
見積書に引取手数料という名目でレッカー費用が請求されていることもあります。
エンジン故障の不動になってしまった車や、鍵を失くしてロックがかかった車など持ち込みが難しい車は引取が絶対条件になります。
引取費用や手数料について見積書の作成を依頼すること、手数料など含めて最終手元に残る買取額を確認してください。

持ち込んでの買取は査定の交渉が難しい

最寄りの駅まで帰り道の送迎をしてくれる業者や、廃車持ち込み時に買取額アップを謳っている業者も多くいます。
業者へ持ち込みをして現車査定をしてもらうことになりました。現車査定で相場より少し低く見積もられても、業者に押し負けてしまったり、休みの日にわざわざ足を運んだからと多少の減額は了承してしまいがちです。持ち込みをしようと考えるなら複数名で来店するなど交渉しやすい環境を作りましょう。
出張査定を無料で行っている業者もいますので、予め確認してみて自分にあった買取方法を選択してください。

廃車手続き時のトラブル

ほとんどの廃車買取業者は、廃車の手続きも代行でおこなってくれます。
廃車の手続きは最寄りの運輸支局で行うことができますが、運輸支局は平日の16時までの受付になっており、平日にお仕事をされている方は仕事を休まないといけません。
できれば一緒にお願いしたいという心理を悪質な業者に利用されないよう気を付けないといけません。

廃車手続きがされていなかった

車と廃車手続きに必要な書類を当日一緒に渡して買取金額もその場で受け取ることができたため、廃車の一切が完了したと思っていたら、翌年の5月に自動車税の請求が来た。確認してみると抹消登録手続きがされていなかった。
抹消手続きがされていない場合、車は手元になくても自動車は使用可能な状態と認識されてしまい自動車税の支払い義務も発生します。
廃車手続きを代行してもらうなら、手続き完了後に完了通知を送付してもらえるか前もって確認してください。また手続きはいつまでにしてもらえるのかを確認しておき、通知が届かない場合はすぐに業者へ連絡が必要です。

還付金が返ってこない

車検証(自動車検査証)の左下に記載されている車検の満了期限が残っている場合、自賠責保険の返戻り額と、車検期間内に自動車を解体した時のみ重量税の還付金を受け取ることができます。
廃車の抹消登録手続き完了後に自賠責保険を解約することで返戻り金を受け取ることができます。また、重量税の還付は自動車の解体工程がすべて完了し抹消登録手続き完了後に運輸支局で申請をだすことで受け取ることができます。
廃車の手続きを代行で依頼したが還付金の説明はなく、業者が何も言わずに受け取っていることがあります。
特に重量税の還付などは自動車に詳しくない方は知らないことも多く、実は損していたということがあります。
還付金について、後から受け取れるようにしてもらえるのか、廃車買取の査定額に還付金を含めてつけてもらえるのかを確認しておきましょう。

自動車が解体されていなかった

悪質な業者の中には、自動車を解体せずにそのまま放置していたり、解体はしているが手続きを怠っているところなどもあります。
元々自動車解体を行える業者は、都道府県知事から解体の認可を受けています。依頼する前にその業者は認可を受けているかどうか確認してください。
また、自動車が解体されているかは『自動車リサイクルシステム』というWEBサイトから確認することが可能ですので、解体されていなかった場合は業者へ連絡して早急に手続きを行うよう言いましょう。

廃車買取のトラブルについてまとめ

廃車買取を依頼する前に気を付けたい3つのトラブルについてご紹介しました。
愛車を手放すならできるだけ高く買取してくれて、迅速丁寧に対応してもらえるところを選んでください。沢山質問をしてもしっかり返答してくれる業者は引取や引取り後の対応も丁寧なところが多いです。
まずは見積もりの電話から始まると思いますので、確認したいことは箇条書きにして準備しておいてください。
廃車買取業者に複数の見積もりをとる時は、相手先の電話番号と見積額をセットにメモをとることをおすすめします。

▲ページの先頭へ