車検と車の手続き案内センター

「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
車買取のキャンセルには違約金が発生する?トラブル回避の方法は?

車買取のキャンセルには違約金が発生する?トラブル回避の方法は?

車を買取に出したものの家族に反対され、契約をキャンセルしたいという事例は少なくありません。

車買取のキャンセルは違約金が発生する場合が多く、買取業者とトラブルになっている人も多いのです。

ここでは、車買取のキャンセルで違約金を払わなくて済む方法はあるのか、買取業者とのトラブルを避けるためにはどうすれば良いのかということについてご紹介します。

車買取のキャンセルは違約金発生の可能性大!

車買取に出したは良いものの、長年乗り慣れて愛着のある愛車を実際に手放すと、やっぱりもう一度取り戻したい、買取ってもらったことを後悔しているという人も少なくありません。

このような理由以外にも、買取金額に納得できないのでキャンセルしたいといったケースもあります。

しかし車買取契約後のキャンセルは、非常に難しく、買取業者側とのトラブルに発展することも多いのです。

ほとんどの場合、車買取契約後のキャンセルには違約金が発生します。これは、買取業者側に車を引き渡した時点で、業者がオークションへ出品したり、販売店へ車を移送していたりするためです。

基本的に車買取業者は、車を引き取った後、すぐに車を市場へ流通させます。買取った車を業者側で持っていても、土地代の問題や保管場所の問題などがあるからです。

たとえばオークションに出品している車の場合、業者側は出品手数料や、オークション会場への移送費が発生しています。そしてキャンセルとなると、オークションキャンセル料も支払わなければなりません。

オークション側が、出品の取り消しをした業者に対し印象が悪くなり、信用の問題から出品停止処分にすることもあるのです。このように買取のキャンセルには、買取業者側に多大な損失を被ることになります。

さらに最悪のケースでは、すでに買い手がついている場合です。この場合でのキャンセルは、買取業者の信用がガタ落ちするだけでなく、買い手との契約を破るわけですから迷惑料も当然発生します。

買取業者としての信用が失われるのは、業者側にとって致命的ですから、そのようなことを避けるためにも違約金というのがあらかじめ設定されているのです。

クーリングオフは適用外

さまざまな契約において適用されているクーリングオフ制度ですが、車の売買契約においては適用外とされています。

そもそもクーリングオフ制度というのは、消費者側が冷静な判断ができない状態であるときの売買で、消費者側に不利益がないようにするための制度です。

車の売買では、熟考できる期間が十分にありますので、クーリングオフ制度は適用されません。

そのときの気分で買取依頼をせず、本当に車を買取りに出しても後悔しないか、買取査定額に満足しているかなど、契約までにしっかりと考えておくことが重要なのです。

違約金の相場

違約金は、買取業者側に発生した損害の金額を払わなければなりません。そのため、具体的な違約金の相場というのは、状況により変わります。

たとえば買取業者が外注している車内クリーニング費用や車の移送費、手続きなどの人件費、査定や車の引き取りにかかった人件費、車の保管に必要な土地代などが挙げられます。

車がまだオークションなどに出品されておらず、業者側にある場合は数万円の違約金で済むケースがほとんどですが、買取業者から別の場所に渡ってしまっている場合は、多額の違約金が発生する可能性が高いです。

いずれにせよ違約金に関しては契約書に記載されていますので、契約前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

車買取で違約金が発生しないケースとは

車買取で違約金が発生しないケースは、車買取業者側に損害が出ていない場合です。先ほども解説したように、キャンセルに伴う違約金というのは、買取業者側に発生した損害分を支払うわけですから、損害が出ていないのであれば払わずに済みます。

具体的な例を示すと、買取の契約は済んでいる状態でも、書類や車の引き渡しはまだというケースです。100%ではありませんが、ほとんどの業者で違約金は発生しないと考えられます。

もうひとつの違約金が発生しないケースは、買取業者が設定している無料キャンセル可能期間内でのキャンセルです。

無料キャンセル可能期間を設定していない買取業者もありますので、必ず契約時に確認しておくようにしましょう。

車買取で違約金トラブルを防ぐポイント

車の買取に関係する違約金のトラブルは、過去の事例を見ても数多くあります。裁判にまで進展してしまったケースや法外な違約金を請求されたというケースなど、さまざまなケースがありますが、気持ちよく車を売買して後悔しないために、トラブルを防ぐポイントをご紹介します。

契約内容を確認

車買取契約を結ぶ前に、必ず契約内容を確認しましょう。キャンセル時の違約金に関しては、契約時に業者側から説明を受けますが、詳細は買取契約書に記載されています。

まずは契約書を隅々まで確認し、わからないことがあれば業者に直接質問して、疑問点をなくしておくことが重要です。

先ほどもご紹介したように、買取業者によっては、無料でキャンセルできる期間を設けているところもあります。

無料キャンセル期間の有無や、無料キャンセル期間後のキャンセル時に発生する違約金のことなども確認しておきましょう。

違約金の確認

違約金については、契約書に記載してあることが優先されます。車を売却する側である個人と車を買取る法人、立場に違いがあったとしても個人が優遇されることはありません。

多くの買取業者では「キャンセル料◯万円+契約金額の◯%」を違約金とするという旨が、契約書に記載されています。

契約書は、基本的にすべて目を通して理解する必要がありますが、車の売買契約に関するさまざまな詳細が書かれているので、なかなか素人には理解しにくい内容も記載されています。

そのため、具体的に自分が買取を希望している車をキャンセルした場合、どのくらいの違約金がかかるのか、買取業者に直接聞いておくと安心です。

買取業者を慎重に選ぶ

買取に関するトラブルを未然に防ぐ方法として、もっとも重要なことは、業者選びを慎重に行うことです。

買取業者の中には、悪質な業者も少なからず存在します。悪質な業者に依頼してしまうと、車を安く買い叩かれることはもちろん、違約金が発生した場合にも、法外な値段を請求してきて、トラブルに発展する危険性が高いです。

また違約金に関していえば、優良な車買取業者であれば違約金が発生した場合でも、違約金の内訳を細かく説明してくれますが、悪質な業者は説明してくれません。

そして優良な業者であれば、契約前にキャンセルについての違約金の説明がしっかり行われますが、キャンセルについての説明がされない業者は優良な買取業者とは呼びづらいです。

車の買取には、契約書をはじめ、さまざまな手続きで書類が必要です。車に詳しくない人や買取が初めての人である場合、専門用語や書類の集め方など、わからないこともたくさん出てきます。

わからないことや不安なことが出てきたとき、親身になって相談に乗ってくれる買取業者であるかという点は、非常に大切なポイントとなってくるでしょう。

国内には、数多くの車買取業者が存在します。その中で優良な業者を見極めるのは、とても大変なことですが、1社だけで買取を即決してしまわずに、複数社比較して契約するのが、車買取を失敗しないポイントといえるでしょう。

買取査定額だけでなく、自分自身が質問しやすい雰囲気の担当者であるか、親切に寄り添った対応をしてくれるかなど、細かな点にも注目して、慎重に買取業者を選ぶようにしてください。

まとめ

車の買取キャンセルは、ほとんどの場合で違約金が発生します。違約金を払わないといけない状況になる前に、本当に手放しても良い車か十分に熟考しましょう。

また、どうしてもキャンセルを申し出なければならない場合は、早急に業者に連絡するようにしてください。

都道府県から業者を調べる

  1. 廃車買取業者ランキング

お役立ちコンテンツ