車検と車の手続き案内センター

「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
ローンが残っている車は買取できるの?徹底解説!

ローンが残っている車は買取できるの?徹底解説!

車は非常に高額の買い物であるため、購入時にローンを組む人は多いです。価格によっては3~5年といった長いローンが組まれますが、残債があるうちに次の車に買い換えたいと思うこともあるでしょう。

そんなとき、ローンが残っている車を売ることはできるのでしょうか。今回はローンが残った車の売り方と注意点について紹介します。

ローンを残した状態で車を買取に出す時の注意点

ローンが残っている車でも、買取に出すことは可能です。ただし手続きに前準備が必要な場合があり、今すぐに売り払えない場合があります。

買取に出せるのは名義が本人の車だけ

車を買取に出すことができるのは、名義が本人の車に限定されます。

購入時に代金を現金一括で支払っていれば名義は買主のものになっていますが、ディーラーや中古車販売店でローンを組んだ場合には、名義がディーラーやローン会社になっている場合があります。

また、家族の車の買取手続きを代行したいという場合も、原則的として名義人以外が手続きを行うことはできません。

買取が成立してもローンの残額は残る

車の買取が成立したとしても、それでローンの残債が消えるわけではありません。あくまでローンは車の代金を分割で支払っているだけですので、残りの代金は最後まで支払う義務があります。

ローンを組んでいるパターン別に詳しく解説

ローンを組んでいる車を売却することはできますが、名義が誰になっているかによって手続きが変わります。原則として車は名義人だけが売却できますので、まず名義を売主本人のものに変更する手続きが必要です。

車の名義が自分の場合

銀行の「マイカーローン」などで車の購入資金を借り、ディーラーや中古車販売店から車を現金一括で購入した場合、名義は購入者本人のものとなります。

名義が本人のものである場合には、名義変更について考える必要は無く、通常の中古車買取と同じように売却することができます。

ただし、マイカーローンによっては、契約の中にローンの残債が残っている間に車を手放すことを禁止する条項が含まれている場合があります。

もし利用しているローンが車の売却を禁じている場合には、売却前にローンを一括返済するか、銀行と相談してローンの組み直しをするといった対応が必要です。

車の名義がディーラーローン会社の場合

ディーラーや中古車販売店でローンを組んで車を購入した場合、ローン返済中は車の名義をディーラーもしくはローン会社が持つことが一般的です。

この場合、法的にはディーラー・ローン会社が所有権を持つ車を、購入者が借りている形となっており、ローンを完済して初めて名義が購入者に移ります。

そのため、名義を購入者に移してからでないと、車の売却手続きを進めることはできません。ローンの残債についてディーラー・ローン会社と相談し、返済のプランに合意ができてからでないと、名義変更は行えません。

車の名義が家族や親戚の場合

家族や親戚が車を購入する際、ディーラーや中古車販売点でのローンを利用しなかった場合には、名義は購入した家族や親戚のものとなっています。

もし妻の名義となっているけれど夫が売却手続きを代行したい、親が税金を負担してくれていた車を売却したい場合などは、名義人以外は売却することができません。

ただし、手続きの代行を第三者に依頼したい場合には、名義人が「委任状」を作成することで、名義人ではない人物が売却手続きを行うことができます

売却のために名義変更を行う必要がないため手軽に手続きを行えますが、名義人は売却の意思をしっかり固めてから委任状を作成しましょう。

売却後のローン残債に注意

ローンが残っている車を売却しても、ローンの残債は返済しなければいけません。ローンの返済方法は残った金額と売却金の額によって、ふたつの方法に分けられます。

売却金でローンを完済できる場合

車の売却金でローンの残債を全て返済できる場合は、特に注意することはありません。

仮にローンの残債が100万円あり、車が150万円で売れた場合には、売却金をローンの返済にあて、残りの50万円を手にすることができます。

ローン残債がある車を中古車買取業者に売る際には、買取業者がローンの返済手続きも代行してくれる場合がありますので、相談してみると良いでしょう。

売却金でローンを完済できない場合

車の売却金で残債を完済できずにローンが残る場合には、残りのローンを支払い続けなければなりません。

仮にローンの残債が100万円あり、車が50万円で売れた場合には、売却金を全額ローンの返済にあてても、ローンは50万円残ります。

この残債は車が手元になくなった後も、必ず支払わなければなりません。もし毎月の支払いが苦しいというようならば、ローン会社と相談し、毎月の返済額を抑えた長期ローンに組み直すことも検討できるかもしれません。

また、新車への買い換えのために車を売りたいなら、ローンの残債を新車のローンに上乗せする「残債上乗せローン」や「オーバーローン」を利用すると良いでしょう。

これはあくまでローンの残債が消えるわけではなく、新車のローンの中に組み入れてひとつのローンにまとめるものです。毎月の支払い額を増額するか、支払額は変えずに期間を延ばすかはローン会社と相談し、無理のない返済プランを組むことが大切です。

名義変更の依頼に必要な書類

車の名義を購入者本人へ変更するには、所定の手続きを行う必要があります。名義変更の手続きは、必要な書類を提出すれば車の買取を行う業者が代行してくれます。

名義変更の手続きには以下の書類を用意して臨みましょう。

車検証

売りたい車が車検に通っているかを証明する書類です。この車検証に記載されている名義人が法的な車の所有者となりますので、変更前はディーラーやローン会社の名が記載されています。

譲渡証明書

旧所有者から新所有者へ車を譲渡することを証明する書類です。旧所有者であるディーラー・ローン会社の実印を押す必要があります。

委任状

旧所有者であるディーラー・ローン会社と、新所有者である購入者がそれぞれ、買取業者に名義の変更手続きを委任することを証明する書類です。

旧所有者、新所有者それぞれ別の委任状を作成し、実印を押す必要があります。

印鑑証明書

旧所有者であるディーラー・ローン会社と、新所有者である購入者が押した実印が法的な効力を持つことを証明する書類です。

提出する印鑑証明書は発行から3ヶ月以内のものでなければいけません。発行は住民票のある市区町村の役場で行えます。

車庫証明

新所有者が車を置く場所を確保していることを証明する書類です。すでに新所有者は駐車場を利用している状態であるため、新たに駐車場を契約する必要はありません。

車庫証明は、車庫や駐車場がある場所を管轄する警察署に発行手続きを申請します。

まとめ

ローンが残っている車も、通常の中古車買取と同様に売却することができます。ただし、車の所有者が誰になっているかによって、その手続きの内容は大きく変わります。

購入者本人のものならば大きな手間はかかりませんが、ディーラーやローン会社のものとなっているなら、名義変更の手続きが必要な点は注意しておきましょう。

また車の売却金額とローンの残りを比較しておくことも大切です。車を売却したお金でローンを完済できるなら問題ありませんが、残債がある場合には返済し続けなければなりません。

ローンが残っている車の売却手続きは様々な権利が絡む場合がありますので、誰が関係しているのか十分に確認してから売却するようにしましょう。

都道府県から業者を調べる

  1. 廃車買取業者ランキング

お役立ちコンテンツ