「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
自動車税を滞納してしまった!廃車はできる?

自動車税を滞納してしまった!廃車はできる?

車検が切れて乗らなくなったからとガレージに置いたままの車、自動車税の請求は来ているが支払っていないということはないでしょうか?

故障してしまい車庫へ長期間放置している車や、使用していた家族が亡くなられ、現在は使っていない車など、車を使わなくなる理由は様々あると思います。

ただ車の登録情報が国のデータに残っている限り、車は存在していますので自動車税の請求は続きます。
今回は自動車税の支払いが未払いだった場合、廃車できるのか?と不安に思っている方へご案内します。

今年度の自動車税のみ未払いがある

昨年の平成30年度分までは自動車税の支払いを行っていたが、令和元年分をまだ支払っていない。
この状態でも廃車はできるのでしょうか?

今年度分の自動車税が未払いの場合

今年度の自動車税が未払いの場合でも、廃車することは可能です。

廃車手続き完了後でしたら、未納付分の自動車税は年度額の請求ではなく、廃車手続き完了月までの月割りの請求に変更してもらうことが可能です。
自動車税は必ず納めなくてはいけませんので、未納付分の請求を一括で納めるか、もしくは分割で納めるか、税事務所に相談をしてみてください。

また、廃車業者によっては買値が付く業者もありますので、その車の買取額を自動車税の未払い分に充てるということも可能になります。

今年度の自動車税が未払いの方の注意点

今年度の自動車税が未払いという方も、廃車することは可能ですが、注意点があります。
毎年に5月に入ると、4月1日時点の所有者へ自動車税の納付書が届き、納付期限の5月31日までに納めることになっています。
廃車をして、月割りに変えてから納めようとして納付期限を過ぎてしまうと、滞納による延滞金がかかってしまいます。

なお、自動車税を年度額で支払ってから廃車手続きを完了した場合は、自動車税は月割りの還付金として戻ります。

自動車税を2年以上滞納してしまっている

自動車税の滞納が2年を超えてしまっている場合は、廃車の手続きができないことがあります。
自動車税の未納があることで自動車が差し押さえられていたり、抵当がついてしまっている場合は自動車の手続きが何もできない状態になっています。
廃車の手続きもできない為、先に未払い分の自動車税を納めなくてはいけません。

自動車税2年以上未払いの場合

自動車税の未払いが2年以上あるという方は、車の登録状況次第で廃車手続きを受けてもらえない可能性があります。
運輸支局で登録事項等証明書という書類を交付し、現在の車検証登録情報を見ることができますが、備考欄に、滞納のため差し押さえや、税事務所の抵当権ありなどが記載されている場合、車の見た目や車検証には載ってない為わかりませんが、廃車手続きをしようとすると運輸支局でストップがかかります。
この場合、依頼した本人に差戻されます。
車は自動車税を支払い終わるまで、廃車手続きができません。

自動車税2年以上未払いの方の注意点

自動車税2年以上未払いの方は、廃車手続きができず、車が浮いている状態になっています。
未納の場合は、車検を通そうとしても自動車税の納付の確認が取れない為、新しい車検証を交付してもらうことができません。未納分を納めて車検を実施するか、車を解体して解体日までの自動車税の納付書に切り替えてもらうかを検討し、必ず納付するようにしましょう。

数年間自動車税が未納で、納付書も来ていない場合

数年間、車検も通さず、自動車税も未払いで納税書も来ていない場合は、請求が来ていないから支払わなくて大丈夫と思われている方がいらっしゃいます。
ところが、長期間放置されていたが車を廃車しようと思い立ち、廃車手続きを行おうとしたら【職権抹消】状態になっていたのです。

職権抹消とは?

職権抹消とは、どのような状態でしょうか。
車検が切れて3年以上放置の状態が続いていると、運輸支局でこの車はもう乗ることがないという判断をされてしまい、職権を使って永久抹消が行れた状態のことを言います。
もしもこの車を回復させて再度車検を通したいとなると、運輸支局へ回復願いをしに行かなければいけません。また、車検が切れて以降未払いで請求していなかった自動車税の請求も同時に回復してしまう為、数十万円の請求がくることもあります。
もしも職権抹消という状態になっていたら、抹消手続き自体は終わっていますので、車両本体のみを自動車の解体業者へ解体依頼されることをお勧めいたします。

自動車税を滞納してしまった!廃車はできる?のまとめ

自動車税を滞納してしまっていたら、滞納の期間によって抹消できるかどうかが変わってきます。
2年以上未納期間があり、抹消できるかどうか不安な場合は、トラブルを防ぐ為にも廃車を依頼する前に、運輸支局に出向き【登録事項証明書】を出してもらい、現在差し押さえられていないか、廃車手続きが可能な状態かを確認しましょう。
自動車税を未納のまま解体したとしても、滞納している記録は税事務所に残っていますので、いつかは全て納める必要があります。
ただ車の保管料や維持費もかかってきてしまいますので、使用されない車は廃車または解体を早めにされることをお勧めいたします。

▲ページの先頭へ