「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
車検が切れた車をお得に廃車する方法

車検が切れた車をお得に廃車する方法

車に乗る機会が減ってしまった為、車検を通さなかった。車検が切れた車は公道を走れないので、駐車場に置きっぱなしになっている。その状態で車を放置してしまってはいませんか?

また、廃車したいけど、車検が切れた車の処分は費用がかかるんじゃないかという不安を持つ方も多いのではないでしょうか。
車は廃車の手続きをしていなければ、自動車税を支払い続けなければいけません。
さらに車の保管場所によっては駐車場代もかかり、車を維持するだけでお金が必要です。
乗らなくなって車検が切れてしまったという車でも、お得に廃車する方法があります。

車検が切れた車でも廃車できます

車検が切れた車でも、廃車することができます。
エンジンはかかるけど公道は走れないし、処分するならレッカー費用がかかりそうと思われるかもしれません。
費用がかかることを嫌って、車を置いたままにしている方も多くいます。でも、車検が切れたからといって車の価値が下がったわけではありません。

車検が切れた車を中古車販売店へ買取に出す

車検が切れた車を中古車販売店に買い取ってもらう方法があります。
車検が切れる前までは、普通に使用できていた車は、中古車販売店に買取査定してもらうことをお勧めします。
中古車販売店は、もともと走行可能な車両の仕入れに力を入れています。それはエンドユーザーにすぐに販売できるからです。この走行可能というのは、公道を走ることができるという意味ではなく、問題なくエンジンがかかりタイヤが転がる状態の車という意味です。車検が切れていても中古車販売店では問題ありません。特に高年式の車や低走行の車などでしたら、買取がつきづらい軽自動車も高額の買取が期待できます。

車検が切れた車を廃車専門の業者へ買取に出す

車検が切れた車を廃車専門の業者に買い取ってもらう方法があります。
車検が切れて長期間放置していた車で、エンジンや故障個所がある車は廃車専門の業者に買取査定をしてもらうことをお勧めします。
車の窓を閉め忘れて長期間置いてしまっていたり、積雪地帯で雪に埋もれてエンジンを掛けなかった車など、以前は動いていたけれど、放置している間に故障してしまうことがあります。
故障個所が不明の車などは、中古車販売店では値がつきづらいのです。
ただ、廃車専門の業者の場合、故障車であっても必要な部品や、メーカー車種によって値段が違います。また、車のボディに使われている鉄や非鉄金属にも値段をつけることができるので、エンジンや足回りの故障などがあっても買取をつけてもらうことができます。

廃車に費用がかからない理由

廃車してもらえるのはいいけど、費用がかからないのはなぜか知りたい。
引取の費用や手続きの費用があとから引かれて買取金額はゼロでした、となることを不安に思っている方もおられるのではないでしょうか。
費用がかからないことにも理由があります。

レッカーの引取費用はほぼかかりません

レッカーの引取費用はほぼかかりません。引取費用を抑える工夫が買取業者にはあります。
走行可能な状態なら、仮のナンバープレートをつけて自走で引き取ることができます。車検が切れて乗らなくなってしまったが、問題なく走行はできる状態だった車なら、管轄の市区町村役場で運搬用に仮のナンバープレートを申請し、車の付けることでドライバーが運転し引取ることが可能なのです。
もし不動になってしまった車の場合でも、廃車専門の業者のは引取用のトラックを自社で保有しているので、外部に依頼するよりも費用が掛かりません。
廃車専門の業者は、鉄や非鉄金属または車のリサイクルパーツなどを工場へ運び込むことも多い為、自社でトラックを保有しています。大型トラックになれば、一気に2台乗せることも可能になっており、稼働力もある分コストパフォーマンスを考えてもかなりお得に引取ができることになります。

廃車手続き代行手数料がお得な理由とは

売却先には、廃車手続きの代行手数料がかからない理由があります。
もともと中古車販売店では車の手続きをしなければ、エンドユーザーにその車を販売することができません。仕入れた車の販売には必ず手続きが必要の為、無料で手続きをしてもらえることがほとんどなのです。
また廃車専門の業者は、コンスタントに廃車手続きを運輸支局で行うルーティンを組んでいます。それは、解体した車のみ行える永久抹消登録手続きというものがあり、その手続きを行って初めて重量税の還付を受けることができる為です。
自分で廃車をするには、平日に仕事を休んでいかないといけないなど日数も手間もかかる為、廃車買取と手続きをあわせて依頼することをお勧めします。

車検が切れた車をさらにお得に廃車するコツ

車検が切れた車をさらにお得に廃車するコツがあります。
せっかくならお得に廃車したいですよね、その為の2つのコツをご紹介します。

できるだけ置いている期間を短く

乗らなくなってしまったら、あまり長く置いておかないように、早めに廃車しましょう。
車検が切れてから3年くらい置いている車は、放置している間にエンジントラブルが起こったりと車の状況が悪化してしまう可能性が高くなります。
また長期放置の車は、車上荒らしやいたずらをされてしまったりすることもあります。
車検が切れた車は、できれば1ヶ月以内に廃車の目途を立てることが価値を下げず、買取してもらえてお得に廃車できるコツです。

廃車専門業者を選ぶ時ウェブサイトをチェックする

廃車専門の業者は沢山ありますが、今はウェブサイトで業務内容などがチェックできます。
手続きの速さや実績ももちろん大切ですが、お得に買取をしてもらうなら、パーツや素材販売の際に国内外の販売ルートがあるかどうかをチェックしておきましょう。
国内のみの部品販売を行う廃車専門の業者にくらべると、海外輸出ルートがある業者の査定額は大きく違ってきています。
車の価値自体は、販売先にどれだけ高く売れるかがポイントになっていますので、高く買い取ってほしいという時はウェブサイトのチェックは欠かせません。

車検が切れた車をお得に廃車する方法のまとめ

車検が切れた車をお得に廃車する方法をお伝えしました。
車検を通す予定がないのなら、1か月以内に手放すかどうか判断してしまうことをお勧めします。
また、自宅にある車検切れの車に困っている人は一度、『付近の廃車専門業者』を検索してみてください。不動になってしまっていても、廃車専門業者のトラックで引取が可能かもしれません。

▲ページの先頭へ