車検と車の手続き案内センター

「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
車買取のやり方徹底解説!高く買い取ってもらうコツを紹介

車買取のやり方徹底解説!高く買い取ってもらうコツを紹介

車の買取方法は複数あり、同じ車でも数十万円の差が出てしまうことがあります。同じ売るなら、少しでも高く買い取ってくれる方法を選びたいと思うのは自然なこと。安全に高く売るには、どんな方法を選べば良いのでしょうか。

今回は車買取方法の種類と、高く買い取ってもらうためのコツを紹介します。

車買取の種類

車の買取は、大きく分けて3つの方法があります。

下取り

ディーラーで新車を購入する際に、今まで乗っていた車を引き取ってもらうのが「下取り」です。これまで乗っていた車を引き取る代わりに、新車の購入代金を割り引くため、実質古い車を買い取ってもらうことになります。

下取りは買い取る相手がディーラーであることから、安心して取引することが出来ます。また新車の購入と同時に手続きを行ってくれるため、手間の面では非常に楽な売却方法です。

しかし一般的な中古車販売業と違い、下取りした車を流通させるための販売網がないため、買取価格は非常に安価になる傾向があります。あくまで新車の販売がメインであり、車の年式やグレードによってはほとんど0円というような下取り価格となることもあります。

車買取

中古車買取専門店に買い取ってもらう方法が「買取」です。中古車を扱うプロが車の価値を査定し、高い買取価格で引き取ってくれます。

古い車や輸入車など、特定のジャンルに強い買取業者も多く、下取りでは0円になるような車にも値段をつけてくれます。車を処分する際には真っ先に選択肢に入れたい売却先といえるでしょう。

ただし中古車買取業者は非常に多く、中には悪質な業者も混じっているといわれています。適切な価格で安全に買取してもらうためには、売主側にもある程度の知識が必要になる点は注意しなければなりません。

個人売買

ディーラーや中古車販売業などの業者を挟まず、個人間で直接取引する方法が「個人売買」です。間に入る業者に支払う手数料が不要となるため、最も高く車を売却することが期待できます。

インターネット上には、個人間取引の手順を手引きするサイトも多く、オークションサイトや個人売買サービスなどを介して取引が行われます。ある程度知識がある人同士なら、非常にスピーディに手続きが済むことも魅力のひとつです。

しかし、写真で確認した時に見えなかった傷がある、情報よりも内装の傷みがひどい、提示されていた装備がないなど、売り手と買い手側の意識の違いからトラブルになることも少なくありません。

また名義変更の最後の手続きは買い手側が行わなければならないため、売り手側には大きなリスクが伴います。

手続きをせず売り手の名義のまま買い手が乗り続け、事故や事件の責任が売り手にかかるといった法的なトラブルの原因になるケースもあるため、手続きが無事に完了するまで注意し続けなければなりません。

車買取の流れ

車を買い取ってもらう先として、代金と安全性のバランスが良いのは中古車買取業者です。買取業者に依頼する場合には、どんな手続きが必要なのでしょうか。

必要な書類を準備する

車の買取には、車の名義を売主から買取業者に移す名義変更を含む、いくつかの手続きが必要です。それらの手続きのためには、以下の書類などを用意しておく必要があります。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納付証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 実印
  • リサイクル券

買取を希望する店業者を選ぶ

数ある中古車買取業者の中から、車を買い取ってもらう業者を選びましょう。

高額で買取してくれる業者は、以下の点を参考にしながら選ぶことをおすすめします。

  • 都道府県内または全国に支店があるような中堅~大手
  • 買取相場、実績を公開している
  • 日本国内だけでなく、海外への販路も持っている
  • インターネット上の口コミが高評価

車種や年式によっては、海外に向けて売ることで、日本国内向けよりも高値で売れる場合があります。そのため広い販売網を持つ大手の買取業者ほど、どんな車でも高値で買い取ってくれる可能性があります。

また買取業者は、安く仕入れた車を高く売ることで利益を得るため、車の買取価格を不当に下げようとする業者もいます。そのような業者に当たらないように、買取実績を公開しており、買取に関してトラブルを起こさない姿勢の業者を見抜くことが重要です。

査定を受ける

買取業者を選べたなら、実際に車を見て買取価格を査定してもらいましょう。

査定を受ける前には、前もって以下の対策を行っておきましょう。

  • 整備記録簿を用意する
  • 洗車掃除で車をキレイにしておく
  • 取り外した純正パーツも渡せるようにしておく

買取価格の査定は、新車の状態と比較したときに見える傷みや、交換されたパーツの質などを見て価格が決められていきます。

そのため傷やへこみ、修理歴などを隠したいと思うオーナーも多いのですが、隠していた問題が後から発覚したときに大きなトラブルとなることがあります。

現在の車の状態を隠さずに伝えつつ、少しでも良い車に見えるようキレイに保っておくことが正しい査定額を引き出すコツです。

売却契約を結ぶ

買取業者の査定を受け、査定額に納得したら売却契約を結びましょう。

買取業者側から契約書を用意されますので、しっかり内容を確認しましょう。買取価格はもちろん、契約後の再査定による査定額減額、キャンセル時にかかるキャンセル料の取り決めなどは、どの業者でも後からトラブルになりやすい項目です。

入金

無事に契約が結べたなら、あとは入金を待つばかりです。

買取業者のほとんどは、買取代金を後日銀行口座へ振り込みます。入金タイミングは業者によって異なりますが、1週間以内に振り込まれることが一般的です。

もし1週間経っても入金がない場合、まれに手続きが漏れているといったミスもありますので、一度買取業者に確認してみると良いでしょう。

車を高く買い取ってもらうコツ

中古車買取業者を利用するならば、買取を依頼するだけよりも、いくつかのコツを押さえることでグッと買取価格を上げることができます。

買取の相場を調べる

売りたいと思っている車が、実際にどの程度の価格で買い取ってもらえているのか「買取相場

を調べておくことは非常に重要です。

買取業者はできるだけ安く買取価格を抑えたいので、何も知らない売主には安めの買取価格を提示します。このときに基準となる買取相場を知っていれば、その提示価格が適切なのかの判断をすることができます

高く売れる時期を選ぶ

車が高く売れる時期を狙って売却するのも、高く売るためのコツのひとつです。

中古車は新生活が始まる直前の1~3月と、中間決算前の9~10月に非常によく売れる傾向があります。そのため買取業者もこの時期には買取を強化し、少し高めでも売れ筋の車はどんどん仕入れます。

一方で、中古車は時間が経つにつれて買取相場はどんどん下がっていきます。また新モデルが発表されると旧モデルは一気に値段が下がるため、高く売れる時期を待ちすぎると、かえって買取価格が安くなってしまうこともあります

複数の買取業者に査定してもらう

査定を依頼する買取業者は、必ず複数社選ぶようにしましょう。

買取業者を1社だけしか選ばなかった場合、少しでも安く仕入れたい業者側は、低めの査定額を出してくるでしょう。もし売主が前もって相場を確認しておいたとしても「今はこの程度まで下がっている」といわれてしまえば、その言葉を信じるしかありません。

しかし複数社に査定を依頼しておけば、もっと高い査定額を出してくれる業者を選ぶことができます。1社に「相場が下がっている」と嘘をつかれても、別の業者が正しい相場で査定してくれれば、高い価格で売却することができるでしょう。

まとめ

車の買取方法は大きく分けて3種類あり、それぞれにメリットとデメリットがあります。その中でオススメの買取方法は価格と安全性のバランスが取れている「中古車買取業者の利用」です。

ただ買取業者に依頼するだけでなく、前準備や売る時期など、いくつかのコツを抑えておけば、高い査定額で売却することも可能です。上手に買取業者を利用し、お得に車を買い取ってもらいましょう。

都道府県から業者を調べる

  1. 廃車買取業者ランキング

お役立ちコンテンツ