車検と車の手続き案内センター

「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
車買取は事故車でも可能?少しでも高く売却するコツも紹介

車買取は事故車でも可能?少しでも高く売却するコツも紹介

普段から交通ルールを守って運転している人でも、運悪く交通事故に遭って車が故障してしまうことがあります。車の損傷度合いにもよりますが、そのような事故車でも修理をすれば再び乗れるようになることが多いです。

ただ、事故車でも買取してもらえるのかどうか気になる人もいるでしょう。ここでは事故車の買取について解説していきます。

事故車でも車買取はできる

事故車だと買取ってもらえないと思っている人も多いですが、事故車だという理由だけで買取を断られることはありません。事故車でも車の状態によっては問題なく買取してもらうことが可能です。

修理すれば使える/h3>

事故車と一口で言っても、その状態はさまざまです。少しぶつけた程度のものから、大きく損傷してしまったものまであります。損傷度合いがそれほど大きくなければ、修理して再び使えるようになるでしょう。愛着を持って乗っている車なら、事故に遭った後も修理して長く乗る人も多いです。

そして、再び乗れるということは、相応の価値があるということになります。中古車として車買取業者に買取に出した場合にも、問題なく乗れる状態であれば、買取してもらえることが多いです。事故に遭った直後で修理していない状態でも、修理して再び乗れるようであれば買取してもらうことができます。

事故車だからという理由で買取をあきらめていた人は、思い切って買取に出してみましょう。

部品にも価値がある

車買取業者に買い取られた車の多くは業者オークションなどに出品されるケースが多いです。それを中古車販売店などが落札して、商品として出回ることになります。

しかし、状態の良くない車は業者オークションには出品されません。車として販売されるのではなく、解体されて部品を取り出し、その部品が売られます。

車体が大きく損傷している車だと、修理しても再び車として使うのは困難でしょう。一方で、まだ使える部品も取り出せることから、そのような方法が取られているのです。

海外に輸出する業者も

日本製の車は海外での評価が非常に高いです。そのため、日本国内ではほとんど価値がないとされる車でも、その多くは海外では問題なく売れます。海外のほとんどの国では、日本ほど車検制度が厳しくありません。日本では車検に通らないような状態の車でも、海外では当たり前のように使われているケースが多いです。

そのため、海外への販路を持っている車買取業者では、事故車でも買い取ってくれます。

車買取の査定で事故車を評価する基準

事故車を買取に出す際には、どのくらい買取額が下がってしまうのか、その基準について見ていきましょう。

修復歴の有無

車買取においては、交通事故に遭ったことがあるかどうかはそれほど重要なことではありません。修復歴の有無が重要です。修復歴というのは、車のフレーム部分を損傷して修理をしたことがあることを指します。フレーム部分というのは具体的には次の9箇所の部分のことです。

  • フレーム
  • フロントクロスメンバー
  • フロントインサイドパネル
  • ピラー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル
  • ルームフロアパネル
  • トランクフロアパネル
  • ラジエターコアサポート

いずれも車の骨格をなす部分で、これらの箇所を損傷してしまうと修理しても乗り心地などが変わってしまうことがあります。

そして、これらのフレーム部分を損傷して修復歴ありになってしまった場合には、買取額は通常の7割程度です。修復歴がなければ50万円程度で売れるはずの車なら35万円程度になってしまいます。車の状態によっては半分程度になってしまうこともあるかもしれません。

また、高年式や過走行などで、もともと価値があまり高くない車で修復歴があると、値がつかないことも多いです。

事故を起こしていてもあまり減額されないケース

交通事故に遭ったことがある車でも、修復歴さえなければそれほど大きく買取額が減額されることはありません。例えば、交通事故でドアのみ損傷して交換したような場合には、買取額にはほとんど影響しないと考えていいでしょう。ボディーに傷がついて修理した場合でも、大きく減額されるようなことはありません。

故障したり凹んだりしている箇所を修理せずそのまま買取に出す場合には、修理費用に充てる分が減額されます。

事故車の車買取を成功させるポイント

事故車を買取に出す際に、なるべく損をしないようにするにはどうすればいいのか見ていきましょう。

事故歴は隠さないで申告

事故車を買取に出そうとしている人の中には、修復歴を隠し通そうとしている人もいるかもしれません。しかし、修復歴を隠すのは難しいです。車を買取に出すとプロの整備士が車の状態を細かくチェックします。修復歴があればすぐに分かるので、簡単にバレてしまうでしょう。

最初の段階で修復歴があることを伝えておかないと、トラブルになる可能性もあります。意図的に黙っていたと受け取られると、信用も失うでしょう。

修復歴がある場合には、最初の段階で自分から正直に伝えておく必要があります。どのような事故でどこを損傷したのかということまで詳しく説明しておくと、買取業者も安心できるでしょう。

また、修復歴が付かなくても事故に遭ったことがあれば、そのことも伝えておいた方が無難です。ボディーなどに修理の跡があった場合にも、プロの整備士が見れば事故で傷がついたことが分かります。

複数の業者を比較してみる

事故車だと減額されてしまうことなどもあり、あまり高く売れないケースが多いです。事故車だからということで、安くてもあきらめてしまう人もいるでしょう。しかし、車種によっては事故車でも高く買い取ってくれる業者もあります。

そのため、なるべく複数の買取業者に査定を依頼するようにしましょう。そうすれば高めの金額で買い取ってくれる業者が見つかるかもしれません。販路の豊富な買取業者なら、高めの金額で買い取ってくれることが多いです。

買取が厳しい場合には

古い車や走行距離が長い車だと、修復歴がなくても高価買取は期待できません。特に10年落ちや10万キロ超えの車は、状態が悪くなくても値がつかないことが多くなります。そこへさらに修復歴までついてしまえば、中古車として買取に出すのは厳しいでしょう。複数の買取業者に査定を依頼しても、買取先が見つからないかもしれません。

また、交通事故で車体を大きく損傷してしまった車も、買取に出すのは厳しいです。修理して公道を走行できる状態にならなければ、車としての価値はありません。

そのようなときには、中古車として買取に出すのではなく、廃車買取業者に買取に出しましょう。廃車買取業者というのは、これから廃車にする車を専門に買い取っている業者のことです。

そのため、通常の車買取業者と違って、査定に出しても値がつかずに買取を断られることはありません。古くて修復歴がある車でも買取対象になります。損傷度合いが大きい事故車でも大丈夫です。

また、廃車買取業の多くは買取に出す車を引き取りに来てくれます。そのため、交通事故で車体を大きく損傷してしまった車を買取に出す際にも手間はかかりません。レッカー車なども手配してくれるため、公道を走行できない状態でも買取に出せます。

まとめ

交通事故に遭った車を買取に出す際には、修復歴車に該当するかどうかで扱いが大きく違ってきます。修復歴車でなければ大きな減額はありませんが、修復歴車だと3割程度減額されてしまうことを留意しておきましょう。

また、車買取業者の中には優良な業者もあれば、そうでない業者もあります。あまり良くない業者を選んでしまって損をしてしまう人も多いです。車を買取に出す際には、業者をよく吟味して選ぶようにしましょう。

都道府県から業者を調べる

  1. 廃車買取業者ランキング

お役立ちコンテンツ