エンジンオイルとは、エンジンに使用するための油で、クルマにとってかなり重要なものです。エンジンオイルはクルマのエンジン動作に必須となっています。

こちらの記事では、クルマのオイル漏れが発生してしまう原因やオイル漏れの修理にかかる費用のほか、クルマのお得な廃車方法についてご紹介いたします。

エンジンオイルの大事な6つの役割

エンジンオイル

エンジンオイルはクルマにとって大事な役割をいくつも行っています。その役割が潤滑作用冷却作用密封作用洗浄・分散作用防腐作用緩衝・応力分散作用の6つです。エンジンオイルのそれぞれの作用について詳しくご説明したいと思います。

潤滑作用

エンジンオイルの1つ目の役割が、潤滑作用です。潤滑作用はエンジンオイルの最も基本的な役割ともいえます。クルマのエンジンは、鉄やアルミなどの金属によって構成されています。エンジンの内部では、それらの金属がこすれ合いながら回転しています。しかし、それらのさまざまな金属が直接こすれてしまうと、摩擦が大きすぎて高速で動くことは不可能です。このときにエンジンオイルが、油膜によって金属同士の直接の接触を防ぐことで摩擦を減らし、滑らかに動くように潤滑にしているのです。

冷却作用

エンジンオイルの2つ目の役割が、冷却作用です。エンジン内部はガソリンの燃焼や金属同士の摩擦熱などによりとても高温となっています。エンジンオイルには、エンジン内部を循環してそれらの熱を吸収し、エンジンを冷却する働きもしているのです。この冷却作用により、加熱によって分解される熱ダレを起こさないようにもしているのです。

密封作用

エンジンオイルの3つ目の役割が、密封作用です。エンジン内部には、ガソリンが燃焼する「シリンダー」と、その燃焼淳恵王家クランクを回す「ピストン」があります。この2つの間にはほんの少しの隙間があります。その隙間にエンジンオイルが入ることによって、気密性を保持しています。燃焼によって生み出されたエネルギーが逃げてしまわないように、エンジンオイルは燃焼室の密封性を高めているのです。

洗浄・分散作用

エンジンオイルの4つ目の役割が、洗浄・分散作用です。エンジン内部には、燃えカスやガソリンに含まれている物質が付着しています。エンジンオイルには、それらを含めたエンジン内の汚れを落とす洗浄作用とエンジン内を循環して特定の場所に留まらないようにする分散作用があります。エンジンオイルは黒く汚れることがあります。これは、洗浄作用がきちんと行われているという事にも繋がっているのです。

防腐作用

エンジンオイルの5つ目の役割が、防腐作用です。エンジン内では、燃料が燃えると水分が発生します。そのほか、エンジン内部と外部の気温差による結露でも、エンジン内に水分が発生することがあります。エンジン内に発生した水分は、サビや腐食の原因ともなり得ます。エンジンオイルには金属の表面に油膜を作ることで、エンジン内部の水分や空気を除き、錆や腐食の発生を防ぐ働きもしているのです。

緩衝・応力分散作用

エンジンオイルの6つ目の役割が、緩衝・応力分散作用です。エンジン内部ではさまざまな金属同士がこすれ合っているうえにぶつかり合っています。金属のパーツにかかる衝撃をクッションとなって受け止め吸収し分散させ、金属の表面を保護するのもエンジンオイルの大事な役割となっています。エンジンオイルには、大きな衝撃を受けても油膜が切れないような性能があります。

クルマのオイル漏れの原因

ボンネット

つぎにクルマのオイル漏れの原因についてご説明いたします。クルマのオイル漏れとなる原因をしっかりと把握したうえで、オイル漏れが起きないように定期的な点検を行うなど事前に注意をするようにしましょう。

バルブシールの劣化

オイル漏れの原因として考えられるのが、バルブシールの劣化です。バルブシールとは、エンジンの内部をつなぐためのゴム状のシールパッキンです。このバルブシールはオイル漏れを防ぐようにも作られています。しかしバルブシールが劣化してしまうと、ゴムが硬くなり伸縮性がなくなります。それによりオイルを支えていた部分に隙間が発生し、その隙間からオイルが漏れだしてしますのです。このバルブシールの劣化は、オイル漏れの最も多い原因ともなっています。

ブローバイガスの液化

オイル漏れの原因として考えられるのが、プロ―バイガスの液化です。ピストンリングとシリンダーの隙間からはブローバイガスが発生しています。高温になっているブローバイガスが冷えると液化します。その液化したブローバイガスが染みることにより、オイル漏れの原因へと繋がる可能性も考えられます。

ピストンリングの摩耗

オイル漏れの原因として考えられるのが、ピストンリングの摩耗です。ピストンリングの摩耗とは一般的に「オイル上がり」と呼ばれ、オイルパン内のオイルがエンジン内部のシリンダーとピストンリングの間から燃焼室へと上がってしまう状態のことを指します。ピストンリングの摩耗はいわゆる内部漏れであり、見た目だけでは気づきにくいという特徴があります。エンジンオイルの減りが極端に早いなどがあれば、ピストンリングの摩耗を疑った方が良いかもしれません。

オイルパンの損傷

オイル漏れの原因として考えられるのが、オイルパンの損傷です。交通事故などが原因でオイルパンが損傷している場合、オイル漏れの直接的な原因となってしまいます。事故で車両に大きなダメージが与えられてしまった場合、道路などの地面と触れ合う事が原因となりオイルパンの損傷やオイル漏れが起きてしまう可能性が考えられます。

オイル漏れが起きてしまうと

故障車

オイル漏れが発生してしまうと、エンジンオイルの減りが早くなります。そうなると。エンジントラブルが起こりやすくなってしまいます。エンジントラブルは場合によっては大きな事故に繋がる可能性があり、とても危険です。オイル漏れが起きているにもかかわらずそのまま放置していると、以下の症状を引き起こしてしまう可能性が考えられます。また、エンジンのオイル漏れにより公道にオイルを垂らして走行してしまうと、道路交通法違反となってしまいますのでご注意ください。

オイル漏れが起きてしまった場合の応急処置

応急

クルマのオイル漏れはとても危険な状態です。オイル漏れに気づいたら、出来るだけ早めにディーラーや整備工場、カー用品店などに点検をしてもらいましょう。ではもしオイル漏れが起きてしまったらどうしたら良いのか?すぐに出来る応急処置とは?オイル漏れの応急処置法についてご説明いたします。

オイルの補充

エンジンのオイル漏れが起きてしまった場合、オイルの漏れが少ない場合には、まずはオイルを補充しましょう。オイルの補充は、ガソリンスタンドなどでも対応してもらえます。

添加剤の使用

エンジンのオイル漏れが起きてしまった場合、添加剤を使用して応急処置を行いましょう。添加剤には、エンジンオイルに混ぜて使用することで、オイルを一時的に固める作用があります。添加剤を使用することで、ピストンリングとシリンダーの隙間を油膜で保護することが可能となり、一時的に応急処置を行うことが可能となります。添加剤を使用する場合は、エンジンが冷えている状態のときに行いましょう。

オイル漏れの修理にかかる費用とは

車のお金

オイル漏れとなってしまった場合、修理にかかる費用はいったいどのくらいなのでしょうか?オイル漏れの原因はいくつかあげられ、故障の箇所や状態によって修理費用は異なります。オイル漏れが起きてしまった場合に、修理にかかる費用を一部ご集会いたします。

クルマのお得な廃車方法

車

オイル漏れの原因によっては、修理費用が高額になってしまう可能性も十分に考えられます。修理費用によっては、クルマを廃車して乗り換えるというのも一つの方法です。では、少しでもお得にクルマを廃車するにはどうしたら良いのか?廃車費用を抑えることで、次のクルマの予算の足しにも出来るのではないでしょうか。クルマのお得な廃車方法についてご紹介いたします。廃車を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

廃車買取業者への廃車依頼

クルマのお得な廃車方法としておすすめなのが、廃車買取業者への依頼です。廃車買取業者では、故障車や事故車、年式の古いクルマや多走行車であっても引き取り対応を行っています。また、レッカー代などの引取り費用や解体費用、陸運局での廃車手続き代行費用などの費用をすべて無料で行ってくれる廃車買取業者も存在します。廃車手続きを自分で行うとなると、意外と手間がかかってしまいます。しかし、廃車買取業者へ廃車依頼することにより余計な手間や費用をかけずに廃車を完了させることが可能となっているのです。

少しでもお得に廃車するには

少しでもお得に廃車をするためには、1社ではなく2、3社など複数の廃車買取業者で相見積もりを取ることが望ましいです。複数社へ見積もり依頼をするとなると少し面倒に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、少しでもお得に廃車をしたいのであれば複数社での相見積もりがとても重要となってきます。なぜならば、業者によって買取査定額に差が出ることはよくあるからです。それは、各業者で得意としていることや持っている販路が異なるからです。同じクルマであっても、数万円の差額が出ることも珍しくはありません。したがって、少しでも高値で売却したいのであれば複数社での相見積もりをおすすめいたします。

まとめ

今回は、クルマのオイル漏れが発生してしまう原因やオイル漏れの修理にかかる費用のほか、クルマのお得な廃車方法についてご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?クルマのオイル漏れが起きてしまうと非常に危険です。オイル漏れが起きないようにすることが大切です。そうならないためにも、定期的な点検やオイル交換を必ず行うように心がけましょう。