「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
廃車の費用をかけずに、お得に廃車する方法

廃車の費用をかけずに、お得に廃車する方法

車の廃車は費用がすごくかかりそうだから…
と車検が切れて乗らなくなっても、自宅のガレージにずっと置いたままにしている方は必見です。

車は置いているだけでも、維持費が発生しています。
直接的に駐車場の費用がかかっていることは勿論ですが、廃車をしないと自動車税も納め続けなければいけません。
廃車は費用をかけず、もっとお得にできます。今回はその方法をご紹介いたします。

廃車にかかる費用とは

車を廃車するには、具体的にどのような費用が必要なのでしょうか。
自分自身で車の廃車処理と廃車手続きを行う場合にかかる費用は、以下の4つです。

  1. 引取の時のレッカー費用
  2. 車の解体費用
  3. 廃車手続き手数料
  4. 車のリサイクル料金

レッカー費用はどのくらいかかるのか

車を引取先へ運ぶのに必要なレッカー費用は、どのくらいかかるのでしょうか。
走行可能な状態の車なら、廃車業者まで直接持ち込むことができます。また、持ち込んだ後は帰り道の交通費のみかかりますが、タクシーなどを使わず公共の交通機関を使用すれば、そこまで高額にはなりません。
ただ不動になっている放置車両や、外装状態に問題があり公道が走れない車、車検が切れてしまった車はレッカー車(積載車)の手配が必要になります。レッカーの費用は距離や車の状態などによって変わりますが、およそ5,000円~10,000円前後です。

解体費用はどのくらいかかるのか

車の解体を業者へ依頼すると解体費用は、いくらぐらいかかるのでしょうか。
業者によって車の解体手数料は違いますが、およそ10,000円~20,000円前後です。
ただし、最近は盗難車の持込トラブルなどが増えてきてるため、個人からの車の解体依頼を引き受ける業者は減ってきています。

廃車手続きの手数料はどのくらいかかるのか

廃車の手続きにかかる手数料は、いくらぐらいかかるのでしょうか。
代行業者や行政書士事務所などによって手数料は違いますが、およそ4,000円~10,000円前後が平均です。
必要書類は自分で揃える必要がありますが、運輸支局での手続きなどは代行で行ってもらえます。自分で運輸支局へ出向いて行うこともできますが、ナンバープレートのネジが錆びていると取り外しに苦労します。

車のリサイクル料金はどのくらいかかるのか

車のリサイクル料金は、いくらぐらいかかるのでしょうか。
リサイクル料金は車の車種により、1台ごとに車のメーカーが設定しているため異なります。
普通自動車は10,000円~18,000円位、軽自動車・小型自動車は7,000円~16,000円位です。
平成17年以降の新車購入時または車検時に支払っていることが多いのですが、年式の古い車で平成17年以前より放置されていた場合は支払うタイミングがないため、解体業者に引き渡すまでに支払う必要があります。

費用をかけずにお得に廃車する方法とは

この4つの費用をかけずにお得に廃車する方法とはなんでしょうか。
それは中古車販売店または廃車専門業者に、買い取ってもらうという方法です。
廃車を決めるきっかけは人それぞれ違います。運転の機会が減ってしまった車や、所有者が亡くなって使わなくなってしまった車など様々な事情があります。
車の状態によって売却先は違いますが、どんな車も買取をしてもらうことは可能です

走行可能かつ走行距離の少ない車は中古車販売店で廃車買取

走行可能かつ走行距離の少ない車は中古車販売店で買取がお得です。
低コストで街乗りがしやすい軽自動車は、普段遠出をしない方や近くのお買い物のために保有している方が多い傾向にあります。街乗りのみですと近距離間での使用になり、保有年数は長くても走行距離は少ないのです。

低走行車は中古車販売業界で人気があり、廃車業者で解体してしまうよりも高額に売却できる可能性があります。
また、中古車販売店では、ユーザーへ販売しているため車の仕入れに力を入れています。そのため引取りを無料で行ってくれたり、無料で出張査定に来てもらうことも可能です。また、車の名義変更の手続きも販売に必要なプロセスのため、代行サービスとして行っています。そのため中古車販売店への売却は廃車費用の負担がなく、買取金額が受け取れてお得なのです。

不動車や長期放置車両は廃車専門業者で廃車買取

故障車や不動車、長期放置してしまっている車は、廃車専門業者で廃車買取がお得です。
廃車専門業者は自社で解体施設や中古部品、鉄素材などの販売ルートを保有しています。
そのため不動車や故障車なども引取り後、自社で解体し使える中古部品や鉄金属などは取り出し販売ができます。
そういえば実家に置きっぱなしの車が一台あった、という方は一度廃車専門業者へ問合せされてみることをおすすめします。

また、廃車専門業者は当道府県知事の認可を受けて車の解体を行っています。
基本的には引取を行ってから一か月以内に解体することを義務付けられていますので、依頼をしてから廃車までのスピードが速いのです。
廃車専門業者に車を引取してもらうと、所有者にはさらにメリットがあります。
それは車の重量税の還付を受け取れることです。車検を通す際、前もって車検期間分の『重量税』を支払っています。車検の満了期間までに廃車を行った場合は、その前払いしていた重量税が還付されます。
廃車専門業者は、車本体から中古車部品やリサイクル素材の取り出して、自社の販路で販売し利益を得ることができているため、引取のレッカー費用や廃車手続きの代行費用を抑えてくれたり、無料で請け負ってくれるところもあります。

廃車の費用をかけずに、お得に廃車する方法のまとめ

車の廃車処理と廃車手続きを行う場合にかかる費用の平均は、30,000円~40,000円でした。
この費用をかけずに、さらにお得に廃車するには『中古車販売店』または『廃車専門業者』へ廃車買取をしてもらうことをおすすめします。
実家のガレージから置きっぱなしの車がなくなれば、小さなガーデニングスペースもできるかもしれません。一度参考にしてみてください。

▲ページの先頭へ