車検と車の手続き案内センター

「車検と車の手続き案内センター」からのコラム
車買取がお得?車の売却方法のメリット・デメリットを比較

車買取がお得?車の売却方法のメリット・デメリットを比較

車を売却する方法はいくつもあります。車を手放そうと考えている人や買い替えを検討している人は、どの方法で売却すればいいのか迷うでしょう。なるべくお得な方法で売却したいなら、それぞれの売却方法の特徴を押さえておくことが大切です。ここでは、車売却の方法について、メリットとデメリットを比較しながら解説します。

車の売却先はデメリットに目を向けて選ぶべき

車売却の方法を選ぶ際に、メリットに着目して決めようとする人が多いかもしれません。しかし、メリットだけでなくデメリットにも着目してみるのが大切です。では、どんな車売却の方法があるのか紹介していきます。それと合わせて、デメリットにも目を向けなければならない理由についても見ていきましょう。

主な車売却の方法

車を売却する主な方法は次の4種類です。

  • ディーラーの下取り
  • 車買取業者
  • ネットオークション
  • 個人売買

ディーラーの下取りは、車を新車に買い替えるときにディーラーに引き取ってもらう方法です。下取り代金はこれから購入する新車の代金に充当されます。

車買取業者は、中古車の買取を専門に行なっている業者のことです。フランチャイズなどで全国展開している規模の大きな業者もあります。

ネットオークションは、ヤフオクなどに自分で車を出品する方法です。落札者がいた場合のみ売却できます。

個人売買は、友人や知人などに直接話しを持ちかけて車を売る方法です。

メリットにばかり目が向いていると失敗する可能性あり

車を売却する方法を決める際に、メリットに目が向いてしまうことが多いです。どの売却方法にも魅力的なメリットがありますが、それと同じくらいデメリットもあります。メリットにばかり目を向けていると、デメリットについてあまり深く考えずに決めてしまう人も多いです。その結果、失敗してしまったり損をしてしまったりすることもあるでしょう。

また、人は誰でも見たくないものは無意識のうちに見ないようにしてしまいがちです。そのため、メリットが魅力的だと思った売却方法に関しては、デメリットがあまり見えなくなってしまうこともあるかもしれません。そのようなことがないように、デメリットこそ意識してチェックするようにしましょう。

車の売却方法のメリットデメリット

車売却の主な4つの方法に関して、それぞれメリットとデメリットを具体的に見ていきましょう。

ディーラーの下取り

ディーラーの下取りは、手間がかからないのがメリットです。新車の購入手続きと下取りの手続きを1箇所で行えるからです。また、車の買い替えで新車を購入する際に、ディーラーの営業マンから現在乗っている車の下取りを勧められるので、それに応じるだけです。

しかし、ディーラーの下取り価格はあまり高くありません。特にディーラーで取り扱っているメーカーとは別のメーカーの車を下取りに出した場合にはその傾向が強いです。

また、新車購入時は下取りの有無にかかわらず値引きがあります。下取りを利用することで、査定額が不明確になってしまうことも多いのがデメリットです。また、新車を購入するときにしかディーラーの下取りは利用できません。

買取

車買取業者に買取に出す場合には、高価買取が期待できるのがメリットです。ほとんどの場合、ディーラーの下取り価格より、車買取業者の買取価格の方が高くなります。

また、車の買い替えをせずに売却だけをしたい場合などにも利用可能です。出張査定などを実施している業者も多く、サービスも充実しています。

ただし、車を買い替える際には、購入の方の手続きとは別に買取の方の手続きも行わなければなりません。これまで乗っていた車の引き渡し日と、新しい車の納車日の調整なども必要で、手間がかかるのがデメリットです。

ネットオークション

ネットオークションでは、業者を通さずに買い手と取引するため、高く売れるのがメリットです。

しかし、オークションに車を出品するのには手間がかかります。自身で説明文を書き、写真も撮影しなければなりません。

また、問い合わせをした人に対応する時間、要望があれば追加で細かい部分まで撮影をする手間もあり、普段からネットオークションを利用している人でないと難しいでしょう。

出品しても誰も落札しない場合や、落札者が出てくるまで時間がかかる場合もあります。

落札者が決まったあとは、名義変更などの手続きも行わなければなりません。

そのため、書類などを用意する必要があり、買取業者に売却する以上に手間がかかります。また、車の状態や代金の支払い時期などを巡って、買い手とトラブルになるリスクを伴うのもデメリットのひとつです。

個人売買

個人売買もネットオークションと同様に業者を通さないため、高く売れるのがメリットです。ネットオークションと異なり知らない相手に売るわけではなく、友人や知人などに売るため、安心できる面もあるでしょう。

ただし、名義変更などが必要で、ネットオークションの場合と同じように手間がかかります。また、友人や知人だからといって、トラブルのリスクがないわけではありません。仲の良い友人でも、車の個人売買でトラブルになる可能性は充分にあります。

相手が友人や知人ということもあり、トラブルになったときのことを考えると、ネットオークションよりもデメリットが大きいです。トラブルをきっかけに、友人関係にひびが入ってしまうことも考えられます。

また、当然のことながら、身近に中古で車の購入を検討している人がいないと個人売買はできません。

高額査定を狙うなら車買取がおすすめ

上で紹介した車を売却する4つの方法のうち、もっともおすすめできるのは車買取業者で買取に出す方法です。ではその理由と買取額を少しでも上げる方法について解説しましょう。

総合的に見て無難な方法

車を売却する際に、多くの人が重視するのは高く売れるかどうかという点です。そのため、高く売るのが難しいディーラーの下取りは、あまりおすすめできません。また、ネットオークションと個人売買は買い手となる相手が見つからない可能性があります。リスクを伴うということもあり、こちらもあまりおすすめできません。

これに対して、車買取業者に買取に出す場合は、少し時間を確保できればそれで済むのです。高価買取が期待できて、サービスも充実している業者を選べれば、デメリットよりもメリットが上回る可能性はあります。総合的に見て、もっとも無難な方法といえるでしょう。

買取額を上げるには

車買取業者にもさまざまな業者があり、買取額に差があります。車をできるだけ高く売却したいのであれば、買取業者をよく吟味して選ぶことが大切です。

ただ、一概にこの業者が良いというのはありません。業者によって買取に力を入れているメーカーや車種などが異なります。需要と供給の変化や、在庫状況なども買取額に影響することが多いです。

そのため、1社だけでなくなるべく複数の業者に査定を依頼してみてから、買取先を決めるのが望ましいでしょう。

それとあわせて買取価格の相場を調べておくことで、提示された査定額が高いのか安いのかだいたい分かります。

また、査定に出す前にきちんと車を掃除して、付属品などをセルフチェックしておくことが大切です。車内が食べかすで汚れていたり、ゴミが散乱していたりすると買取額が下がってしまう可能性があります。外装も泥や鳥の糞などで汚れていると印象が悪くなってしまうため、洗車しておきましょう。

まとめ

車を売却する方法はたくさんありますが、車買取業者を利用するのがもっとも無難な方法です。ディーラーの下取りよりも高い金額で売却できて、個人売買やネットオークションのようなリスクはありません。やや手間がかかるのがデメリットですが、車を売却するなら、ぜひ買取に出すようにしましょう。

また、車買取業者の中でも買取額が高いところとそうでないところがあり、サービス内容も業者によって異なります。業者選びの際にはよく吟味して決めるようにしましょう。

都道府県から業者を調べる

  1. 廃車買取業者ランキング

お役立ちコンテンツ