KuruTown(くるたうん)

車の状態に合わせて業者を選ぶことが重要。
岩手県で車を高く売りたい方は複数の車買取業者に見積を取りましょう。

岩手県の車買取なら、
低年式・多走行の車でも買取OK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 低年式や多走行の車でも
    高価買取の実績あり!
  • どんな状態の車でも
    レッカー引取費用が無料!
  • 必要書類を揃えるだけ!
    手続き代行費用が無料!

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

岩手県について

本州最北端の青森県の南隣で、太平洋に面しているのが岩手県です。面積は13,565km²で、首都圏の東京・神奈川・埼玉・千葉を合わせてもまだ及ばない広さです。ここに暮らすのは全国32位の128万人です(平成27年度国勢調査)。

東日本大震災(平成23年)による被害のために、今だ復興途中であるのはだれもが知っているところでしょう。

岩手県の交通事情

岩手県の1世帯あたりの自家用乗用車保有台数は1.405台で全国では16位です(一般社団法人・自動車検査登録情報協会、平成31年3月末現在)。平均よりはやや上といったところですが、隣の青森県が1.228台で全国では32位であることを考えると、県境をまたいだだけで大きな差です。

岩手県庁では、「広大な県土であり、日常的な通学、通院、買い物等であっても、広域の移動を伴うことが多い」としています(「岩手県地域公共交通網形成計画【概要版】」平成31年3月)。このあたりが青森県と差がついている原因かもしれません。

また、複雑な地形が鉄道網の発達を阻んでいます。東には山形県との県境になる奥羽山脈が南北に走り、東には並行して北上山地が広がっています。平地はこの間を流れる北上川の流域周辺にしかありません。そして、北上山地のさらに東はリアス式海岸で知られる三陸地方です。こういった地形から、東北新幹線が南北を結んでいるものの、東西を結ぶのは主に山道を抜ける道路に頼っています。

岩手県の乗用車は雪対策も低温対策も必要

奥羽山脈周辺は日本海側の気候に近く、冬は大雪が積もります。平野部にある盛岡でも30cm程度の積雪になる年が珍しくありません。真冬は最低気温が零下になるだけではありません。そこから東西方向に抜けるとなると、凍りついた道で山越えをすることになります。スタッドレスタイヤが必要なのはいうまでもなく、中でも頻繁に遠出をすることが多い人は寒冷地仕様の乗用車を選ぶことを考えておきましょう。

寒冷地仕様とは、「ワイパーのモーターを強力にして、またこびりついた氷を溶かすためのヒーターを内蔵させる」「暖房能力を通常よりもアップしている」「追突されることを回避するためのリアフォグランプが付いている」「バッテリーを大型化」といったものをいいます。

これらの中には、あとから取り付けたり交換したりできるものも一部にはありますが、大半は購入時にオプションとして指定しておかなければいけません。当然のことながら、地元で買い取りに出す場合、これらの装備はプラス材料として査定されます。

ただし、「寒冷地仕様」のオプションが用意されているのは、トヨタ・日産・三菱などです。ホンダ・マツダ・スバル・スズキでは、通常装備で既に寒冷地に耐えられるだけのレベルになっているので、特にオプションは設けられていません。

また、ヨーロッパ車、なかでもドイツ車やスウェーデン車は、もともとのその国が北海道かそれ以上の寒冷地なので、やはり「寒冷地仕様になっていないから」といって気にすることはまったくありません。

これもまた、北海道やほかの東北各県と同じですが、人気が高いのはSUVや4WD車です。車高が低く、エンジンもFRになっているスポーツ車は前を行く車が巻き上げる雪で視界が悪くなったり、タイヤがスリップしたりします。冬場を考えると、あまり人気がないのも無理のないところでしょう。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

岩手県のナンバー、運輸支局について

岩手県のナンバープレートの種類や管轄の運輸支局などについてまとめました。

岩手県で使われるナンバーの種類

岩手県で使われている車のナンバーは、岩手運輸支局で発行される「岩手」「盛岡」「平泉」ナンバーの3種類です。

ナンバープレートの料金は、普通自動車がペイント式1,600円、字光式3,200円、普通自動車の希望番号がペイント式4,110円、字光式5,490円です。軽自動車の場合は、ペイント式1,610円、字光式5,010円、希望ナンバーになるとペイント式4,140円、字光式6,720円となっています。

さらにシート式ナンバーと呼ばれる、図柄入りナンバーの場合は、普通自動車のラグビー柄は7,850円、オリンピック・パラリンピック柄が8,130円、地方版7,840円、軽自動車のラグビー柄は、8,490円、オリンピック・パラリンピック柄は8,810円、地方版8,490円です。

岩手県の運輸支局と主な手続き

岩手県の運輸支局は1カ所のみです。

岩手運輸支局

ナンバープレート 岩手/盛岡/平泉
管轄エリア 岩手県全域
住所 岩手県紫波郡矢巾町流通センター南2丁目8番5号
電話 050(5540)2010

運輸支局での主な手続きには、

・車の新規登録手続き

・車の抹消登録や廃車手続き

・車の車検証や届出済証再交付手続き

・ナンバープレート再交付手続き

・車検ステッカー再交付手続き

・車の抵当権設定・抹消・移転・変更登録

・職権抹消された自動車の登録回復願い出

などがあります。

車買い取り業者の賢い選び方

まだ乗ることのできる車を手放すのには、友人や知人に譲るのもひとつの方法です。しかし、なかなかそう都合よく行くわけではありません。実際には買い取り業者に依頼する人が大半でしょう。

慎重に選ぶようにしましょう。契約を終えるまでの手際の買い取り価格も大きく異なります。「一方ではゼロ円査定、もう一方では数万円かそれ以上」ということも珍しくありません。

以下のような点が、その業者選びのポイントです。

ネットで口コミを調査

岩手県はそこそこ車社会ですが、県内の自家用乗用車はトータルで全国29位の74万台しかありません。
県庁所在地の盛岡市であっても人口は大きくなく、買い取り業者の数は決して多くないでしょう。地元には全く無いかもしれません。

だからこそ、「どこのお店がいいか」はしっかりと調査しておきましょう。

もしかしたら、少し離れたところに一番良さそうなお店があるかもしれません。あるいは、何時もその前を通るような近くのところであっても、情報を持っていれば値段交渉の限界も想像がつくかもしれません。

もちろん、ホームページもしっかりとチェックしましょう。といっても、お店にとって都合の悪い話は出ていません。それを補うのが、実際に利用した人たちがブログなどに上げている口コミです。

ただし、話を信じすぎるのもよくありません。その人のときだけの特別な事情が会ったかもしれないし、担当者も既に交代しているかもしれません。ただ、情報は多いほうがいいし、裏付けのしっかりとした話を重視すればいいだけの話です。

複数社で相見積もりを取る

新車であれば、車種やオプションなどの違いはあれ、コンディションは同じです。傷や塗装の劣化はありませんし、走行距離もテスト走行や陸送に使った分だけしかありません。

ところが、中古車はこれらが一台一台異なります。さらに難しいのが、同じ車種・同じコンディションでも、買い取り業者が異なれば評価が異なる点です。もちろん、買い取り価格も異なります

ですから、候補となる買い取り業者も口コミなどで絞り込みすぎず、3、4社程度は残しておきましょう。その全部に買い取り価格を提示させて、最も有利なところを選べばいいのです。

あまりに多くのところに提示させるのもやめておきましょう。中にはすぐにでも電話でも掛けてきて、しつこく交渉に持ち込もうとする業者もいます。下手をすると、面倒くさくなって、「少々の金額の差はいいから、早く決めてしまおう」といったことになってしまいかねません。

車に合った業者選び

「どんな車種でも買い取ります」と宣伝していても、業者には得意なメーカー、車のタイプなどがあります。実際にはもっと細かく分かれていて、同じメーカーの中でももっぱらSUVやオフロード車ばかりのところ、クーペばかりのところといったように得意分野が違うと考えておきましょう。

極端な話、外車ばかり扱っているところに国産車を持ち込んでも、拒否まではされないにしても「ほとんどゼロ円にしかなりませんよ」といった答えが返ってくる可能性も高いです。業者の得意な範囲を外したものを持ち込んでも高い査定にはなりません。買い取った後の販売ルートに乗せるのに苦労するのです。

高く買い取ってもらうには、自分が売ろうとしている車のタイプと、その買い取り業者の得意分野と合わせるようにしなければいけません。

岩手県の市町村から車買取業者を探す

車買取TOPに戻る