KuruTown(くるたうん)

車の状態に合わせて業者を選ぶことが重要。
山形県で車を高く売りたい方は複数の車買取業者に見積を取りましょう。

山形県の車買取なら、
低年式・多走行の車でも買取OK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 低年式や多走行の車でも
    高価買取の実績あり!
  • どんな状態の車でも
    レッカー引取費用が無料!
  • 必要書類を揃えるだけ!
    手続き代行費用が無料!

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

山形県について

北の秋田県、南の新潟県に挟まれた日本海側に有るのが山形県です。人口の全国35位の112万人に対し、面積は9位の9,323km²あります。

背後には蔵王、月山、鳥海などがそびえ、庄内平野や米沢盆地などに町が発展してきました。さくらんぼ・メロン・ぶどう・米といった豊かな農産物でも知られています。

山形県の乗用車保有台数

山形県の1世帯あたりの自家用乗用車保有台数は1.671台です。これを超えるのは、全国でも福井県の1.736台と富山県の1.681台しかありません。(一般社団法人・自動車検査登録情報協会、平成31年3月末現在)
軽自動車だけを見ても、1.01台の全国5位になります。(一般社団法人・全国軽自動車協会連合会、平成30年12月末現在)

もちろん、「鉄道やバスなどの公共交通機関があまり充実していない」というのが最大の背景でしょう。しかし、もうひとつこれら保有台数の高い県での共通点があります。持ち家住宅率が1位富山県、2位福井県、3位秋田県、4位山形県となっています(総務省「平成30年住宅・土地統計調査」)。

「比較的豊かな世帯が多い」か「駐車スペースが自宅に確保しやすい」といった事情があるのかもしれません。

山形県の乗用車は寒冷地対策が不可欠

山形県でのカーライフで最初に注目しなければいけないのは、豪雪地帯である点です。

「豪雪地帯」は「積雪が原因で産業発展が停滞し、生活水準の向上も妨げられている地域」と、「豪雪地帯対策特別措置法」で定義が定められています。また、「長期間、車の通行ができなくなるような積雪がある地域」の場合はさらに深刻な「特別豪雪地帯」です。山形県の場合は、35の市町村全部が豪雪地帯で、そのうちの26までが特別豪雪地帯の指定されています。

もちろん、乗用車にも寒冷地対策が必要でしょう。ただし、メーカーによって考え方が異なるのに注意が必要です。

ホンダ・マツダ・スバル・スズキの場合は寒冷地仕様などとして別のものは用意されていません。「標準装備であっても寒冷地で問題なく使用できるレベルにしてある」というやり方です。
一方、トヨタ・日産・三菱の場合は「主に購入時に、各オーナーが必要と思えるものをオプションとして装備する」といった考え方です。コスト面まで考えると一長一短といったところでしょう。

この場合、寒冷地仕様して用意されているオプションは次のようなものです。

  • ワイパーのモーターをパワーアップ。こびりついた氷を溶かすためのヒーターをガラスの一部に配置したり、低温でも硬くならない素材のゴムを使ったりする。
  • 後部座席まで含めて暖房強化
  • 後続車からの視認性アップのためのリアフォグランプを装備。
  • バッテリーを大型化。

どの豪雪地帯で同じですが、車のタイプもSUVや4WD車の方が安心感が高いでしょう。逆に、スポーツタイプは座席も低い位置にあるため、前方の車が巻き上げた雪煙で視界がさえぎられがちで危険です。中でもミッドシップやFRとなるとスリップもしやすくなります。

また、これらは乗用車を買い取りに出す場合にも、覚えていたほうがいいでしょう。「山形県へ引っ越しすることになり、その機会に車を買い替える。寒冷地に弱そうな車は引っ越し前の場所で買い取りに出す方が査定が高い」といったこともありそうです。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

山形県のナンバー、運輸支局について

山形県のナンバープレートの種類や管轄の運輸支局などについてまとめました。

山形県で使われるナンバーの種類

山形県で使われている車のナンバーは、山形運輸支局で発行される「山形」ナンバー、庄内自動車検査登録事務所で発行される「庄内」ナンバーの2種類です。

ナンバープレートの料金は、普通自動車がペイント式1,600円、字光式3,200円、普通自動車の希望番号がペイント式4,090円、字光式5,460円です。軽自動車の場合は、ペイント式1,650円、字光式5,200円、希望ナンバーになるとペイント式4,240円、字光式6,910円となっています。

さらにシート式ナンバーと呼ばれる、図柄入りナンバーの場合は、普通自動車のラグビー柄は7,810円、オリンピック・パラリンピック柄が8,090円、地方版7,970円、軽自動車のラグビー柄は、8,470円、オリンピック・パラリンピック柄は8,770円、地方版8,660円です。

山形県の運輸支局・自動車検査登録事務所と主な手続き

山形県には2つの運輸支局・自動車検査登録事務所があります。それぞれ管轄エリアが分かれていますので、どの支局・事務所が管轄なのかを確認しておきましょう。

  • 山形運輸支局

    ナンバープレート 山形
    管轄エリア 山形市、米沢市、新庄市、寒河江市、上山市、村山市、長井市、天童市、東根市、尾花沢市、南陽市、東村山郡、西村山郡、北村山郡、最上郡、東置賜郡、西置賜郡
    住所 山形県山形市大字漆山字行段1422番地1
    電話 050(5540)2013
  • 庄内自動車検査登録事務所

    ナンバープレート 庄内
    管轄エリア 鶴岡市、酒田市、東田川郡、飽海郡
    住所 山形県山形市大字漆山字行段1422番地1
    電話 050(5540)2013

運輸支局・自動車検査登録事務所での主な手続きには、

・車の新規登録手続き

・車の抹消登録や廃車手続き

・車の車検証や届出済証再交付手続き

・ナンバープレート再交付手続き

・車検ステッカー再交付手続き

・車の抵当権設定・抹消・移転・変更登録

・職権抹消された自動車の登録回復願い出

などがあります。

車買い取り業者の賢い選び方

車を買い取りに出してみて、「意外に安いものだなあ」とがっかりしたことはないでしょうか。実は業者も色々です。その安さはこちらの足元を見たのかもしれないし、本当に目いっぱいがんばっての結果でもそこまでだったのかもしれません。

良心的な業者であって、いい販売ルートを持っているのならば、高い値段も付けやすくなるのは当然でしょう。ここでは、そういった高い値段を付けてくれそうな業者選びのポイントをご紹介しましょう。

以下のような点が、その業者選びのポイントです。

ネットで口コミを調査

山形県は1世帯あたりの自家用乗用車保有台数が全国でも第3位という車社会です。
ただ、人口も少ないのでトータルの数では全国第34位の約69万台にしかなりません。中古車のマーケットも小さいので、買い取り店もそう多くはありません。

たとえ県庁所在地の山形市に住んでいても、使ってみようという買い取り店の候補はそうは多くないでしょう。ほかの市町村ならばなおさらです。
「選ぶほど数はない」と一番近くのところに持ち込んでしまうかもしれません。

しかし、その前に一通りのお店の口コミをチェックしてみましょう。

もしかしたら、隣の市ならば思っているような買い取り店があるかもしれません。あるいは、持ち込もうと思っていた買い取り店が不当に安い値段しか付けないかもしれません。
こういった情報はホームページだけではわからないでしょう。たとえ、「お客様の声」といったコーナーがあっても、もちろんお店の側で都合よく選んでいます。

ただし、口コミも注意が必要です。根拠もなしに「いい」「悪い」を断定していることもしばしばです。あるいは、「評判を落としてやろう」とうそが書かれているかもしれません。

口コミは口コミでいくつも集めて、付き合わせることも大事です。もちろん、本当に買い取りを依頼するかどうかは、実際に足を運んで、自分の目で見て、担当者とも話してからするようにします。

複数社で相見積もりを取る

中古車の査定はシステマティックにやっていると思っている人もいるかもしれません。
「こういった車体の凹みは◯ポイントマイナス。走行距離は◯kmまではこう。◯kmから◯kmは……」といった具合です。

同じ買い取り業者の支店の間では同じ評価表を使っているところが多いです。
しかし、担当者が違えば出てくる査定がまったく違うかもしれません。

まして、買い取り業者が違えばやり方はまったく異なります。その結果、同じボディーのへこみを見ても、マイナスの付き方は業者間でばらつきが出ます。走行距離や内装の傷み方、ペイントのあせ方など全てにわたってこうなので、買い取り価格にも大きな差が出ます。

ですから、買い取り店は3つか4つのところを使い、そのいずれでも査定と買い取り価格の提示をしてもらいましょう。1カ所だけでは、たまたま厳しい評価と安い買い取り価格のところに当たってしまった可能性も出てくるのです。

また、提示された買い取り価格はまだ交渉の余地があるかもしれません。「ほかでも査定してもらっている」といったことをにおわせながら、駆け引きするのも面白いでしょう。

車に合った業者選び

多くの買い取り業者は、「どんな車でも買い取ります」といったようにアピールしています。確かに買い取ってはくれるかもしれません。
しかし、高値で買い取ってくれるかどうかは別です。

どんな業者にも、得意な種類の車・そうではない種類の車があります。極端な話、軽自動車しか扱っていないところに高級外車を持ち込んでも相手は取り扱いに困るだけです。
本当に得意としている車種はかなり限られています。日産車・トヨタ車・ホンダ車といった程度の区別ではなく、その中でもワゴン・クーペ・SUVと分かれているのが一般的です。

実は、買い取ったあとに中古車販売店に流すためのルートがそれぞれに分かれていて買い取り業者はそのうちのごく一部しか握っていないのです。

業者にとっても、そのルートに外れるものはカンタンに売ることはできません。そのため高い買い取り価格も付けることができないのです。

どんな種類の車が得意かは、おそらくはその業者が出しているホームページを見ればすぐに分かるはずです。これで判断して、自分が持ち込もうとしている車と合っているところを買い取り先の候補としてピックアップしなければいけません

山形県の市町村から車買取業者を探す

車買取TOPに戻る