KuruTown(くるたうん)

車の状態に合わせて業者を選ぶことが重要。
新潟県で車を高く売りたい方は複数の車買取業者に見積を取りましょう。

新潟県の車買取なら、
低年式・多走行の車でも買取OK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 低年式や多走行の車でも
    高価買取の実績あり!
  • どんな状態の車でも
    レッカー引取費用が無料!
  • 必要書類を揃えるだけ!
    手続き代行費用が無料!

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

新潟県について

北陸甲信越地方の中では最も北にある県が新潟県で、北隣は東北地方の山形県です。県土の大半を占める肥沃(ひよく)な平野は信濃川や阿賀野川といった大きな川の堆積物(たいせきぶつ)で作られました。背後には朝日山地,飯豊山地,越後山脈などがそびえ立っています。

全体的には米や果樹などを中心にした農村地帯ですが、天然ガスや石油などを産出し、古くからそれらに関連した工業も行われてきました。

県土は日本海に沿って長く延び、沿岸から35km先の佐渡島も含まれます。12,583km²と全国でも第5位の面積があるのに対し、人口では231万人の15位です。(平成27年度国勢調査)

新潟県の交通事情

北陸甲信越地方は全体的に1世帯あたりの自家用乗用車保有台数が多く、中でも福井県は全国でも第1位(1.736台)、富山県は第2位(1.681台)です。
新潟県はそれらには及ばないものの、第10位(1.526台)なので、なかなかの車社会(一般社団法人・自動車検査登録情報協会、平成31年3月末現在)といっていいでしょう。

鉄道はJRでは上越新幹線・北陸新幹線、在来線11路線があり、北越急行・ほくほく線など第三セクターの3路線も走っています。東京とは上越新幹線で結ばれていて、最短では片道2時間程度しかかかりません。

新潟県の乗用車は冬を基本に考える

乗用車を選ぶときにまず頭に入れておかなければいけないのは、新潟県が日本有数の豪雪地帯であることです。

「豪雪地帯」は「豪雪地帯対策特別措置法」で定義されていて、「積雪が特にはなはだしいため、産業の発展が停滞的で、かつ、住民の生活水準の向上が阻害されている地域」のことをいいます。
また、その中でも「積雪の度が特に高く、かつ、積雪により長期間自動車の交通が途絶する等により住民の生活に著しい支障を生ずる地域」はもう一段上の「特別豪雪地帯」です。いずれも、「国土交通大臣、総務大臣及び農林水産大臣」によって指定されます。

新潟県では、佐渡島を含めた全30市町村が豪雪地帯で、その半分以上の18市町村が特別豪雪地帯です。乗用車は雪への対応を考えて選ばなければいけません。

具体的には寒冷地仕様ということになりますが、これはメーカーによって考え方が違うので、注意が必要です。以下は、日産・トヨタ・三菱の場合です。

・低温では能力が落ちるので、バッテリーは大型のものを採用する。あるいは2個積む。

・サイドミラーは曇り防止のためのヒーターを内蔵。

・クーラント液(ラジエーター液)などは濃度の高いものを使って凍結防止。

・後続車からわかりやすいようにリアフォグランプを付ける。

・路上にまかれる凍結防止剤による腐食対策として、車体裏の塗装を強化。

また、どんな車種を選ぶにしても、「座席が高い位置にあって、前の車が雪を巻き上げても、視界が邪魔されにくい」「FR車はスリップしやすいので、FF車」と意識するようにしましょう。
もちろん、雪道に強い車は、地元で買い取りに出したときに、プラス査定につながります。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

新潟県のナンバー、運輸支局について

新潟県のナンバープレートの種類や管轄の運輸支局などについてまとめました。

新潟県で使われるナンバーの種類

新潟県で使われている車のナンバーは、新潟運輸支局で発行される「新潟」ナンバー、長岡自動車検査登録事務所で発行される「長岡」の2種類です。

ナンバープレートの料金は、普通自動車がペイント式1,600円、字光式3,200円、普通自動車の希望番号がペイント式4,090円、字光式5,470円です。
軽自動車の場合は、ペイント式1,600円、字光式5,030円、希望ナンバーになるとペイント式4,110円、字光式6,680円となっています。

さらにシート式ナンバーと呼ばれる、図柄入りナンバーの場合は、普通自動車のラグビー柄は8,100円、オリンピック・パラリンピック柄が8,390円、地方版7,620円、軽自動車のラグビー柄は、8,120円、オリンピック・パラリンピック柄は8,400円、地方版7,630円です。

新潟県の運輸支局・自動車検査登録事務所と主な手続き

新潟県には2つの運輸支局・自動車検査登録事務所があります。
それぞれ管轄エリアが分かれていますので、どの支局・事務所が管轄なのかを確認しておきましょう。

  • 新潟運輸支局

    ナンバープレート 新潟
    管轄エリア 新潟市、三条市、新発田市、加茂市、村上市、燕市、五泉市、佐渡市、阿賀野市、胎内市、北蒲原郡、西蒲原郡、南蒲原郡、東蒲原郡、岩船郡
    住所 新潟県新潟市中央区東出来島14番26号
    電話 050(5540)2040
  • 長岡自動車検査登録事務所

    ナンバープレート 長岡
    管轄エリア 長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、糸魚川市、上越市、南魚沼市、魚沼市、妙高市、三島郡、南魚沼郡、中魚沼郡、刈羽郡)
    住所 新潟県長岡市摂田屋町字外川2643番1
    電話 050(5540)2041

運輸支局・自動車検査登録事務所での主な手続きには、

・車の新規登録手続き

・車の抹消登録や廃車手続き

・車の車検証や届出済証再交付手続き

・ナンバープレート再交付手続き

・車検ステッカー再交付手続き

・車の抵当権設定・抹消・移転・変更登録

・職権抹消された自動車の登録回復願い出

などがあります。

車買い取り業者の賢い選び方

車の買い取りを面倒くさいものと考えている人はいないでしょうか。あるいは、「大した金額にはならない」といったイメージは持っていないでしょうか。となると、代わりに乗るのが新車ならば下取りに出してしまったり、そうでなければ廃車にしたりしてしまいがちです。

まずは、買い取り業者に声を掛けてみましょう。ただし、良心的で能力の高いところに限ります。でないと、本当に「手間ばかり……」となってしまいます。 そういった買い取り業者を見つけるには、つぎのようなコツを押させておくようにすればいいでしょう。

ネットで口コミを調査

乗用車を手放すのを一歩前に進めようと思うのならば、まずはインターネットで候補となるような買い取り業者を探してみましょう。新潟市以外に住んでいる人はなかなか身近なところには見つけにくいかもしれません。この段階ではあまり細かいことを考えずにいくつも見ていくのがいいでしょう。

ほとんどのところがホームページを用意しているはずです。内容が整っていて、必要な情報にすぐにたどりつけるようならば、もちろんプラス材料です。ただし、自分のところにとって、不利になるような話は載せていないこと覚えておきましょう。

いくつか候補が挙がったら、今度はそれぞれについて、口コミを探します。「実際に利用したことのある人の体験談」ということですね。この際、次のようなことに気をつけます。

  • 既に状況が変わっていることも多いので、新しい情報を重視する
  • 何人も担当者がいるような大規模店の場合、担当者ごとの評判もチェックする
  • 体験談の中にはいい加減なものもある。話が具体的か、意見の根拠ははっきりしているかなどもチェックする。

もしも、候補がたくさんありすぎるのならば、この段階で一度絞り込んでもいいでしょう。

複数社で相見積もりを取る

査定のやり方はどの買い取り業者でも同じようなものと考えている人もいるかもしれません。確かに、同じ買い取り業者の支店同士であれば、できるだけ統一しているでしょう。
しかし、違う社になればまったくやり方は異なります。

実際に複数の買い取り業者で査定に出してみると、まったく異なる査定表がついてくるので、すぐに分かるはずです。表の見た目が異なるだけではなく、同じボディーの傷や座席の布のスレ方などに対しても、ある社では大きなマイナスになっているのが、もう1社ではほとんど無視されているようなことも起こります。

走行距離、塗装の傷みなどどれについてもこうなので、トータルすると大きな違いになることがあります。もちろん、その分だけ買い取り価格にも大きな差が出ます。

こういったことがあるので、査定は最低でも3社か4社に出すようにしましょう。1社だけでは、たまたま安い買い取り価格を出すところに当たってしまって、数万円かそれ以上の損をするかもしれません。

車に合った業者選び

東京・大阪・名古屋などの大都会とは違い、たとえ県内最大の新潟市でもめぼしい買い取り業者を見つけるのは難しいかもしれません。それ以外のエリアならばなおさらです。だからといって、たまたま家の近くにある買い取り業者に簡単に持ち込むようなことはやめておきましょう。

どの買い取り業者にも、持ってこられて歓迎できる種類の車と、そうではない車の種類があります。
買い取った後の車はいずれは中古車として販売されることになります。そこまでのルートはメーカー・車種・年式などで細かく分けられていて、どの買い取り業者も特定のルートにしか関わっていません。

当然、ルートから外れる車は多く、そんな車は取り扱おうにも取り扱えないのです。もしも持ち込んだとしたら、買い取りを拒否されるか、二束三文の値段しか付けてもらえないことになります。

余分な手間を掛けたり、損をしたりしないようにするには、しっかりとそれぞれの買い取り業者がカバーしている車の種類を事前にチェックしておくことが必要です。

新潟県の市町村から車買取業者を探す

車買取TOPに戻る