KuruTown(くるたうん)

車の状態に合わせて業者を選ぶことが重要。
東京都で車を高く売りたい方は複数の車買取業者に見積を取りましょう。

東京都の車買取なら、
低年式・多走行の車でも買取OK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 低年式や多走行の車でも
    高価買取の実績あり!
  • どんな状態の車でも
    レッカー引取費用が無料!
  • 必要書類を揃えるだけ!
    手続き代行費用が無料!

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

東京都について

もちろん、日本の首都です。本州のほぼ中央にあって主要部分は関東地方の南部を占めています。
また、南方海上の伊豆諸島,小笠原諸島まで含みます。

2,190km²と全国で3番目に狭い面積ながら、1,352万人と日本の総人口1億2709万人の1割以上の人が住んでいます(平成27年度国勢調査)。

東京都の乗用車保有台数

1世帯あたりの自家用乗用車保有台数は0.432台で、全国47都道府県の中の最下位です。この数字は全国1位の福井県の1.736の4分の1しかありません。
また、45位の神奈川県の0.705、46位の大阪府の0.645とも大きな差が付いています。

これは軽自動車だけの1世帯あたり保有台数を見るとさらに顕著です。下から2番めの神奈川県が0.23台であるのに対し、東京都はその半分程度の0.12台でしかありません。

東京都内のベッドタウンといえば町田市・国立市・八王子市といった都の中部・西部を考えればいいでしょう。いずれも、都心への通勤の足は、JRや私鉄各社で十分便利です。23区内に入れば地下鉄も張り巡らされています。買い物などの日常的な用事であれば、スーパーマーケットなども多く、徒歩か自転車で間に合うことがほとんどでしょう。乗用車の出番がないのは無理のないところです。

車社会ではなくても売り買いには困らない東京都の中古車

東京都内で車を持とうと考えたときには、デメリットがたくさん思い浮かんでしまうかもしれません。

土地代の高い東京都内では、駐車場付きの一戸建てを持てる人は限られてしまいます。駐車場を借りようにも値段は高く、月々の支払いも家計の大きな負担になるでしょう。住んでいるところの近くに空きが見つかるとも限りません。「自分の車のところに行くだけでもそこそこ歩かないといけなくて、それで疲れた」といったことまでしばしば起こります。

また、通勤に使うには、勤務先にも駐車場がないと無理です。地方都市での工場勤務ならば確保されていることも多いでしょうが、23区内のオフィスであればほとんど絶望的です。スーパーマーケットなどでの買い物に使おうにも、途中の道も込んでいることも多く、駐車場に入るだけでも順番待ちをしなければならないかもしれません。

ただ、かつてはこれらのことを乗り越えてまでも車を持つ人もいました。こういった場合は、実用面からの必要ではなく趣味的なものだったので、若い人ならばスポーツカーを選んだり中高年ならば高級外車に向かったりしました。

しかし、長引く不況でこういった余裕のある人は少なくなりました。特に若い乗用車愛好家の減り方が顕著なので、自動車メーカーでは「若者の車離れ」と呼んで、深刻な問題ととらえています。

そういった状況でも、たまには車を使いたい人もいます。そのためには古くからレンタカーのサービスがありました。近年ではそれに加えて、カーシェアリングなどの新しいシステムも登場しています。

ただ、実際に都内を行ったり来たりしていると、国道沿いなどに新車・中古車の販売店がたくさん目に入ります。けっして東京都内で車を買い取りに出したり、買ったりする人が少ないわけではありません。あくまで、「1世帯あたりで考えると保有台数が少ない」というだけです。圧倒的な人口規模があるだけに、絶対数で見れば、全国3位の311万台の自家用車があります。これを超えるのはトヨタの本社がある愛知県の419万台と、東京都に隣接する埼玉県の321万台しかありません。

東京都では住民の出入りが激しく、様々な職業や地位、趣味の人も住んでいるので、売り買いされる車は量も種類も他府県を圧倒します。「車を買いたい」「乗っている車を高く売りたい」といったときに決して不便なわけではありません。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

東京都のナンバー、運輸支局について

東京都のナンバープレートの種類や管轄の運輸支局などについてまとめました。

東京都で使われるナンバーの種類

東京都で使われている車のナンバーは、東京運輸支局で発行される「品川」「世田谷」ナンバー、練馬自動車検査登録事務所で発行される「練馬」「杉並」ナンバー、八王子自動車検査登録事務所で発行される「八王子」ナンバーなど全部で7種類です。

ナンバープレートの料金は、普通自動車がペイント式1,450円、字光式2,860円、普通自動車の希望番号がペイント式4,140円、字光式5,360円です。軽自動車の場合は、ペイント式1,470円、字光式4,900円、希望ナンバーになるとペイント式4,180円、字光式6,620円となっています。

さらにシート式ナンバーと呼ばれる、図柄入りナンバーの場合は、普通自動車のラグビー柄は7,080円、オリンピック・パラリンピック柄が7,300円、地方版7,380円、軽自動車のラグビー柄は、7,120円、オリンピック・パラリンピック柄は7,330円、地方版7,440円です。

東京都の運輸支局・自動車検査登録事務所と主な手続き

東京都には5つの運輸支局・自動車検査登録事務所があります。それぞれ管轄エリアが分かれていますので、どの支局・事務所が管轄なのかを確認しておきましょう。

  • 東京運輸支局

    ナンバープレート 品川/世田谷
    管轄エリア 千代田区、中央区、港区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、大島支庁、三宅支庁、八丈支庁、小笠原支庁
    住所 東京都品川区東大井1丁目12 番17号
    電話 050(5540)2030
  • 足立自動車検査登録事務所

    ナンバープレート 足立
    管轄エリア 台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区
    住所 東京都足立区南花畑5丁目12番1号
    電話 050(5540)2031
  • 練馬自動車検査登録事務所

    ナンバープレート 練馬/杉並
    管轄エリア 新宿区、文京区、中野区、杉並区、豊島区、北区、板橋区、練馬区
    住所 東京都練馬区北町2丁目8番6号
    電話 050(5540)2032
  • 多摩自動車検査登録事務所

    ナンバープレート 多摩
    管轄エリア 立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、東村山市、国分寺市、国立市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、西東京市
    住所 東京都国立市北3丁目30番の3
    電話 050(5540)2033
  • 八王子自動車検査登録事務所

    ナンバープレート 八王子
    管轄エリア 八王子市、青梅市、日野市、福生市、羽村市、あきる野市、西多摩郡
    住所 東京都八王子市滝山町1丁目270番地の2
    電話 050(5540)2034

運輸支局・自動車検査登録事務所での主な手続きには、

・車の新規登録手続き

・車の抹消登録や廃車手続き

・車の車検証や届出済証再交付手続き

・ナンバープレート再交付手続き

・車検ステッカー再交付手続き

・車の抵当権設定・抹消・移転・変更登録

・職権抹消された自動車の登録回復願い出

などがあります。

車買い取り業者の賢い選び方

バブル景気のころには、頻繁に乗用車を買い替える人も珍しくありませんでした。買い取り業者との付き合い方もわかっていたでしょう。しかし、不景気が長くなり、一台の車を長く乗ることが増えました。買い取り業者の顔を見る機会も減りました。あるいは、まったく初めての人もいます。

残念なことに良心的な業者ばかりではありません。業者の見分け方を知らないばかりに、査定が不当に低かったり面倒なことになったりもします。

このようにとても大事なのが業者です。ここではその見分け方のポイントをいくつかご紹介しましょう。

ネットで口コミを調査

「東京都では公共交通機関が発達していて、車を持たない人も多い」といっても、人口も多いので、絶対数での保有台数は全国第3位の311万台もあります。当然、買い取り業者も集まっていて、どこを利用するかに迷うぐらいでしょう。

まずは、インターネットで思いつくところをピックアップしてみましょう。もしかしたら、同じ買い取り業者の支店がいくつも挙がってくるかもしれません。お店ごとにそれぞれ対応が変わりますので、それぞれ別にカウントしておきましょう。

次に口コミを探します。実際にお店を訪れたことのある人の体験談でねす。ただし、中には古すぎる情報が混じっていたり、あるいは、極端すぎる意見の持ち主のものも混じっていることが珍しくありません。信用度も気にしながら読んでいきます。

また、もしも可能ならば、担当者ごとに区別して情報を集めるようにしましょう。都内では大規模店も多いので、何人も担当者がいるかもしれません。その人ごとに対応が異なることが珍しくないのは、ほかの業種と同じです。

複数社で相見積もりを取る

査定と買い取り価格の見積もりをしてもらう買い取り業者は、3社か4社ぐらいを標準に考えましょう

1社だけでは、たまたま低い額しか付けない業者に当たってしまったかもしれません。実は、査定のやり方も業者ごとに異なり、買い取り価格にも相場らしい相場はありません。同じ車体の傷を見てもA社では大きなマイナスにし、B社ではまったく気にしないようなことがよくあります。

かといって、7社も8社も使うのはやめておきましょう。手間がかかりすぎます。中には、いったん電話番号を知ったのが最後、何度も電話を掛けてくるような業者もいます。これの相手をするのは大変です。

また、いったん出てきた買い取り価格は、必ずしもそのまま受け入れる必要はありません。そこからまた交渉し直してもいいのです。これも他社の買い取り価格をすでに握っていれば、「B社さんは◯円だったんだけど、それ以上にはできませんか?」といったように駆け引きの材料にもできます。特に東京都では買い取り業者の間での競争も激しいので、試してみる価値は十分にあるでしょう。

車に合った業者選び

買い取り業者にはそれぞれ得意とするメーカーや車種があります
たとえばトヨタ車ならばトヨタ車ばかり、日産車ならば日産車ばかりといった感じです。その中でも、クーペ・SUV・ワゴンなどと言ったようにさらに細分化して考えたほうがいいでしょう。あるいは、「メーカーは問わないが、軽自動車の中でもオフロード車だけ」といった業者もいます。

それぞれの業者ごとに中古車販売店まで流すルートがあって、それに合わない種類の車は扱いにくいのです。都会のことですから、いくらでも業者はいるでしょう。
しかし、得意にしていそうな車種を意識しながらピックアップしていくと、自然と絞り込まれていくはずです。

フォルクスワーゲン・BMW・ボルボといったメジャーな外車の場合もほぼ同じです。とはいえ、メーカーごとの区別が主でそれ以上は細分化されていないかもしれません。

こういったことを意識して候補となる買い取り業者を選ぶのが、高値で買い取ってもらうポイントのひとつです

東京都の市町村から車買取業者を探す

車買取TOPに戻る