KuruTown(くるたうん)

車の状態に合わせて業者を選ぶことが重要。
埼玉県で車を高く売りたい方は複数の車買取業者に見積を取りましょう。

埼玉県の車買取なら、
低年式・多走行の車でも買取OK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 低年式や多走行の車でも
    高価買取の実績あり!
  • どんな状態の車でも
    レッカー引取費用が無料!
  • 必要書類を揃えるだけ!
    手続き代行費用が無料!

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

埼玉県について

埼玉県は関東地方の西側の中央にあリます。周囲を東京都や群馬県、千葉県などに囲まれています。
ベッドタウン化するなど東京とのつながりが年々強くなり、住民はしばしば「埼玉“都”民」と呼ばれることがあるほどです。

全国39位の3,797km²の面積に、第5位の726万人が住んでいます。(平成27年度国勢調査)

埼玉県の乗用車保有台数

群馬県・栃木県・茨城県の北関東と同じように扱われたり、埼玉県自体も北関東のひとつに数えられることまであったりします。しかし、交通事情や乗用車保有台数からはまったく違った見方をしなければいけません。

北関東の3県の1世帯あたりの自家用乗用車保有台数の順位は4位・5位・6位といずれもトップレベルです。
一方、埼玉県は42位なので、下から数えたほうが早い位置です。台数でいえば、北関東3県がいずれも1.6前後なのに対し、0.970しかありません(一般社団法人・自動車検査登録情報協会、平成31年3月末現在)

千葉県がほぼ同じ台数で、埼玉県よりも下位は神奈川県・大阪府・東京都などです。思い切っていってしまえば、「北関東の3県が田舎としての面が強いのに対し、埼玉県は大都会」といったことになるでしょう。

1世帯あたりでは少なくても絶対数では多い埼玉県の乗用車

「埼玉県や東京都などで乗用車保有台数が少ないのは、もちろん、「公共の交通機関が発達していて、マイカーを持つ必要がない」というのが最大の理由でしょう。

JRならば東北・上越新幹線・東北本線・高崎線などが通っています。私鉄ならば、東武鉄道の東上線・伊勢崎線,西武鉄道の新宿線・池袋線などがあります。

北関東3県ならば、JRや私鉄があっても通っている場所が、県内の一部に限られていることも多いのに対し、埼玉県の場合は秩父市のある東部を例外として、比較的隅々にまで張り巡らされています。何よりも、東京都と広い範囲で境を接しているのは大きな違いです。

また、東京都や大阪府とも同じなのですが、「マイカーを持つことの負担が大きい」という事情も見逃せません。都市化が進みすぎて、駐車場付きの一戸建て持てる人は多くはありません。駐車場だけを別に借りることになりますが、さいたま市内の便利なところならば月額で2万円3万円と覚悟しなければいけないでしょう。

世の中の人々、特に若い世代で車に対する思い入れが変わったことも影響しているかもしれません。バブル時代とそのしばらく後までは乗用車、中でも高級車は若者のあこがれでした。「4畳半に住んで、日ごろの食事はカップラーメン。給料の多くは乗用車に注ぎ込み、乗っているのは日産スカイライン」といった人も身近に1人や2人はいました。

ところが、不景気が長引き、正規雇用で働く人も減って、車どころではない若者が増えました。マスコミなどで採り上げられる「若者の車離れ」というわけです。都会には若者が多く住んでいるので、この車離れが目立つのも当然でしょう。

とはいっても、埼玉県や東京都で車の買い取りや中古車の販売が低調なわけではありません。「1世帯あたり」でみると少ないだけで、全体の台数としては約321万台あります。これは茨城県(約198万台)に、群馬県(約138万台)か栃木県(約134万台)の分を合わせた数字と大差はありません。

東京都に近いだけに埼玉県内でもありとあらゆる車種が集まりますし、東京都内で探し回っても手間はそうは変わらないでしょう。売るのにも事情は同じで、有利な買い取り先を探しやすいのが埼玉県です。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

埼玉県のナンバー、運輸支局について

埼玉県のナンバープレートの種類や管轄の運輸支局などについてまとめました。

埼玉県で使われるナンバーの種類

埼玉県で使われている車のナンバーは、埼玉運輸支局で発行される「大宮」「川口」ナンバー、所沢自動車検査登録事務所で発行される「所沢」「川越」ナンバー、熊谷自動車検査登録事務所で発行される「熊谷」ナンバーなど全部で7種類です。

ナンバープレートの料金は、普通自動車がペイント式1,490円、字光式2,940円、普通自動車の希望番号がペイント式4,240円、字光式5,460円です。軽自動車の場合は、ペイント式1,510円、字光式4,980円、希望ナンバーになるとペイント式4,280円、字光式6,680円となっています。

さらにシート式ナンバーと呼ばれる、図柄入りナンバーの場合は、普通自動車のラグビー柄は7,180円、オリンピック・パラリンピック柄が7,400円、地方版7,480円、軽自動車のラグビー柄は、7,220円、オリンピック・パラリンピック柄は7,430円、地方版7,540円です。

埼玉県の運輸支局・自動車検査登録事務所と主な手続き

埼玉県には4つの運輸支局・自動車検査登録事務所があります。
それぞれ管轄エリアが分かれていますので、どの支局・事務所が管轄なのかを確認しておきましょう。

  • 埼玉運輸支局

    ナンバープレート 大宮/川口
    管轄エリア さいたま市、川口市、上尾市、蕨市、戸田市、桶川市、北本市、蓮田市、白岡市、北足立郡(伊奈町)
    住所 埼玉県さいたま市西区大字中釘2154-2
    電話 050(5540)2026
  • 熊谷自動車検査登録事務所

    ナンバープレート 熊谷
    管轄エリア 熊谷市、行田市、秩父市、加須市、本庄市、東松山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、比企郡、秩父郡、児玉郡、大里郡
    住所 埼玉県熊谷市御稜威ヶ原字下林701-4
    電話 050(5540)2027
  • 所沢自動車検査登録事務所

    ナンバープレート 所沢/川越
    管轄エリア 越市、所沢市、飯能市、狭山市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、ふじみ野市、富士見市、坂戸市、鶴ケ島市、日高市、入間郡
    住所 埼玉県さいたま市西区大字中釘2154-2
    電話 050(5540)2029
  • 春日部自動車検査登録事務所

    ナンバープレート 春日部/越谷
    管轄エリア 春日部市、草加市、越谷市、久喜市、八潮市、三郷市、幸手市、吉川市、北葛飾郡、南埼玉郡(宮代町)
    住所 埼玉県春日部市大字増戸723番地の1
    電話 050(5540)2028

運輸支局・自動車検査登録事務所での主な手続きには、

・車の新規登録手続き

・車の抹消登録や廃車手続き

・車の車検証や届出済証再交付手続き

・ナンバープレート再交付手続き

・車検ステッカー再交付手続き

・車の抵当権設定・抹消・移転・変更登録

・職権抹消された自動車の登録回復願い出

などがあります。

車買い取り業者の賢い選び方

乗用車はまだまだ乗れるものをすぐに買い替える人もいれば、ほとんど限界のボロボロになるまで手放さない人もいるでしょう。まだまだ乗れる場合はもちろんのこと、ボロボロであっても、まずは買い取り業者に声を掛けてみましょう。意外に需要があるものです。もしかしたら、意外なぐらいの金額が付くかもしれません。

ただし、業者によって持っている販売ルートが異なっていたり、良心的だったりそうでなかったりします。能力の違いも、もちろんあります。

自分にとって役に立つ業者を見つける必要があります。それには、以下のようなことを頭に入れておくようにしましょう。

ネットで口コミを調査

実は、埼玉県は中古車を売るのにも買うのにも日本でトップレベルの充実をしています。約321万台という乗用車所有台数は、愛知県の約419万台に次ぐ数で、東京都の311万台さえ第3位に押しやってしまっています。

当然、買い取り業者もたくさん集まっています。また、すぐ隣なので東京都内に足を伸ばすのも手間はそうかかりません。

どこの買い取り業者を使うかは、候補が多すぎて困るぐらいでしょう。その中からいくつかピックアップしたら、必ず口コミを確認するようにしましょう。
実際に利用した人たちの体験談のことです。ホームページ同士を比べて似たりよったりでも、ここで差が付くことも多いものです。

ただし、口コミによる情報も信頼できるもの・できないものが入り交じっています。多少は疑いの目で見て、怪しいものは無視するようにしなければいけません。

また、「状況が変わっているかもしれないので、古い情報には警戒する」「大規模な店舗ならば担当者は何人も居て、その中にも評判のいい人、悪い人がいるかもしれないのを承知しておく」なども心得ておきましょう。

複数社で相見積もりを取る

複数の買い取り業者を利用して、そのいずれもから買い取り価格を提示してもらうのは、多くの人が実践しています。業者ごとに出す数字が大きく異なることが多く、1社だけでは損をしてしまうことも多いからです。

こういったときに便利そうなのが、「一括査定」です。
ネット上のサイトで、自分の名前・メールアドレスや、買い取りに出す車のメーカー・車種・年式などを書き込むだけです。
しかも、1回それをやるだけで、数社かあるいは10社以上から買い取り価格の提示があります。

ただ、注意も必要です。
あくまで簡易査定なので、本物の査定をしてもらうと、大幅に提示価格が下がってしまうことがあります

そして、実際にはありえない金額を出してくるような悪徳業者も混じっています。こんなところに、名前やメールアドレスを握られてしまうのですから、頻繁に連絡を取ってこられて迷惑することも珍しくありません。

一括査定で返事が来た業者に対しても、しっかりと口コミなどで情報を集めましょう。評判が悪いときはもちろんのこと、あまりに情報が少ないときも、その業者は避けたほうが無難です。

車に合った業者選び

複数の買い取り業者の査定に出して、買い取り価格に大きな差が出ることがあるのは、査定のやり方がそれぞれに異なるからです。

走行距離を気にするところもあれば、見た目の傷み具合を気にするところもあるでしょう。
もしかしたら、それよりも大きな理由になっているかもしれないのが、「買い取りルートの違い」です。

買い取り業者が仕入れた車体は、中間の業者などを経て、最終的には中古車販売業者の手へと渡ります。こういったルートではそれぞれ、扱う車の種類が限定されています。「トヨタ車のオフロード」でできているルートの買い取り業者のところへ、「日産のクーペ」を持っていっても歓迎されません。「スズキの軽自動車」ならばなおさらでしょう。

買い取り業者にすれば、普段と違うルートに乗せる必要があり、それがとても手間なのです。高い買い取り価格を支払ってまで手に入れようとしないのは、無理もないことでしょう。

そう気がつけば、「自分の手放す車と同じ種類でできているルートに乗せるのが、高く買い取ってもらう条件のひとつ」と分かるはずです。つまり、自分が手放すのと同じ種類のルートの入り口になっている業者をしっかりと選ばなければいけません。

埼玉県の市町村から車買取業者を探す

車買取TOPに戻る