高知県について

日本の四国地方に位置する高知県。人口は約75.97万人です。
400年以上もの歴史がある「高知城」、屋台と市場を楽しめる「ひろめ市場」、美しい月を眺められる「桂浜」など、高知県には自然や歴史を楽しめるスポットが充実しています。そのほかにも「川海老」「文旦」「にら」など、高知県は特産品も豊富な街です。高知県は魅力に溢れた素敵な街といえるでしょう。

高知県の世帯あたりの自動車保有台数

高知県の1世帯あたりの自動車保有台数は、1.108台。全国平均の1.043台と比較すると、やや高い傾向にあることがわかるでしょう。

高知県は1世帯に1台以上の自動車を保有している車社会です。

高知県で自動車を持つ人が多い理由

高知県で車を持つ人が多い理由は、地域によっては公共交通機関の利便性があまりよくないためといえるでしょう。

高知県のなかでも公共交通機関の利便性が良いといわれる高知市では、車を保有していない人もいます。高知市にはJR土讃線、とさでん交通桟橋線、御免線、伊野線など、複数の路線が乗り入れており、路面バスも運行しているでしょう。また路面電車も15分に1度の頻度で運行しており、大変便利だと評判です。

しかし、高知市外や郊外の場合、あまり公共交通機関の利便性がよくありません。ただし道路が整備されているので、自動車での走行は便利だといえます。

そのため高知県では、自動車を保有する人が多いのでしょう。

高知県のナンバープレートについて

高知県のナンバープレート情報をお届けします。

高知県で使用されているナンバープレートの種類

高知県で使用されているナンバープレートの種類は「高知」ナンバーのみです。ただし高知県では、平成30年10月1日より図柄入りのナンバープレートが交付されています。

図柄入りのナンバープレートをつけて運転した場合、高知県の魅力をアピールしながら自動車を運転できるでしょう。図柄入りのナンバープレートには、カツオと播磨屋橋、太平洋の波など、高知の魅力をアピールできるものが描かれています。

プレートの枠のカラーは3パターン。自動車の使用目的や車種によって決まります。自家用の登録自動車の場合、白。自家用の軽自動車の場合、黄色です。また事業用の自動車の場合、緑色に定められています。

高知県で使用されているナンバープレートの種類は「高知」ナンバーのみですが、図柄入りのナンバープレートがあるので地域らしさを楽しめるでしょう。

高知県で使用されているナンバープレートの料金

高知県のナンバープレートの料金は、大型自動車や普通自動車、軽自動車、小型二輪、軽二輪によって異なります。なお二輪の場合、希望番号のナンバープレートやシート式ナンバープレート、字光式のナンバープレートはありません。

高知県のナンバープレートの料金は普通自動車の場合、ペイント式ナンバープレートが1,760円。字光式ナンバープレートが3,520円です。
また希望番号の場合、ペイント式ナンバープレートが4,030円。字光式ナンバープレートが5,490円です。それから図柄入りナンバープレートのようなシート式ナンバープレートの場合、ラグビーが8,840円。オリンピックとパラリンピックが9,140円、地方版が8,740円です。

つづいて軽自動車の場合、ペイント式ナンバープレートが1,770円。字光式ナンバープレートが5,050円です。
また希望番号の場合、ペイント式ナンバープレートが4,050円。字光式ナンバープレートが6,720円です。それから図柄入りのナンバープレートのようなシート式ナンバープレートの場合、ラグビーが8,860円。オリンピックとパラリンピックが9,200円、地方版が9,450円です。

ナンバープレートごとの該当市町村

高知県では「高知」ナンバーのみが交付されているので、高知県のすべての市町村が「高知」ナンバーに該当します。

高知県の陸運局について

高知県の陸運局について解説します。
高知県の運輸支局は「高知運輸支局」。高知県の軽自動車検査協会は「高知事務所」です。

高知県では「高知運輸支局」と「高知事務所」が高知県のすべての市町村を担当しています。「高知運輸支局」と「高知事務所」の基本情報は、下記の通りです。

高知運輸支局の基本情報

高知運輸支局の基本情報
住所 高知県高知市大津乙1879番地1
電話番号 050-5540-2077
登録申請受付時間 8:45~11:45、13:00~16:00
検査申請受付時間 8:45~11:45、13:00~15:45
定休日 土、日、祝日、12月29日~1月3日

高知事務所の基本情報

高知事務所の基本情報
住所 高知県高知市長浜3106番2
電話番号 050-3816-3125
業務受付時間 8:45~11:45、13:00~16:00
定休日 土、日、祝日、12月29日~1月3日

高知県の自動車関連の手続きについて

高知県の陸運局では新規登録や変更登録、移転登録、抹消登録、番号登録など、様々な手続きを行えます。

新規登録の手続きは、新車や中古車を購入したときの手続きです。ナンバープレートがない自動車の登録方法です。

それから変更登録の手続きは、登録情報を変更する手続きです。氏名や住所、車を使用する本拠地など、登録していた内容が変更する際に行うべき登録です。

つづいて移転登録は、車の売買をしたときに行います。車を譲渡したことや譲受したことを報告する手続きです。

抹消登録の手続きは、車を解体するときや輸出するとき、車に乗らなくなったときに行います。

上記のように陸運局では、これら5つの手続きを行えますのでご自身の目的にあった手続きを行ってください。

なお住民票や印鑑証明書の取得は市役所。運転免許証や車庫証明の更新、記載内容の変更は警察署でおこなえるでしょう。

高知県での車買取業者の賢い選び方

車買取業者の賢い選び方

車の需要が高い高知県では、数々の車買取業者が参入しています。車買取業者によって買取価格は幅広く、10万円以上の差ができることもあるでしょう。
そこで高知県での車買取業者の賢い選び方をご紹介。ぜひ参考にしてください。

賢い選び方①高知県の車買取業者の口コミをネットで調査すること

車買取業者を選ぶ場合、口コミや評判のチェックは欠かせません。高知県の車買取業者を検索した場合、数々の口コミサイトが閲覧できるでしょう。インターネットやTwitterの口コミ、評判は、必ずしも信じていいものとはいえませんが、車買取業者を選ぶ判断材料の1つとなります。ですので、インターネットやTwitterの口コミ、評判は、必ず確認してください。

賢い選び方②高知県の車買取業者のうち複数社で相見積もりを取ること

高知県で車買取業者を選ぶ場合、「車買取業者のうち複数社で相見積もりをとることが大切です。相見積もりとは、同条件で査定をしてもらうこと。最低でも3社で相見積もりをとることをおすすめします。

相見積もりをとる場合、アフターサービスや担当者の雰囲気など、買取価格以外にも比較したいポイントをかかげチェックするようにしましょう。

それからインターネットで一括見積をする方法もありますが、実際の雰囲気を知ることはできないので、参考程度にとどめることがおすすめです。

賢い選び方③車に合った業者選びをすること

車買取業者の中には、それぞれに様々な強みを持つ業者があります。
外車に強い業者や国産車の特定のメーカーに強い業者など、車買取業者はそれぞれに個性を持ち合わせています。

自身の自動車を買取にだす場合、車買取業者の特徴ご自身の自動車の特徴を知り、最適な業者を選ぶことが大切です。