岡山県について

日本の中国地方に位置する岡山県。人口は約190.6万人です。まるでギリシャ神殿かのようなつくりの「大原美術館」や江戸時代と現代の融合を楽しめる「倉敷美観地区」、美しい景色も楽しめる「水島コンビナート工場」など、岡山県には多彩な魅力に溢れた観光スポットが充実しています。岡山県は雄大な自然を楽しみながら歴史や文化を満喫できる魅力的な街です。

岡山県の世帯あたりの自動車保有台数

岡山県の1世帯あたりの自動車保有台数は、1.346台です。全国平均の1.043台を上回っているといえるでしょう。岡山県は通勤や通学において車や自転車の利用が必須ともいわれる街で、車社会ともいわれています。

岡山県で自動車を持つ人が多い理由

岡山県で自動車を持つ人が多い理由は、岡山県の公共交通機関があまり発達していないためといえるでしょう。 岡山県の県庁所在地である岡山市周辺は、岡山県のなかでももっとも公共交通機関が発達しているといわれています。しかし、公共交通機関が発達しているといわれる岡山市でさえ、自動車がないと生活は不便だと評判です。

岡山市ではJR山陽本線や宇野線、津山線、吉備線、岡山電気軌道東山本線、清輝橋線が乗り入れており、山陽新幹線も利用できます。ただし岡山市外へのアクセスは便利とはいえ、岡山市内においてはバスも活用しなければ目的地にたどりつくことが難しいといわれています。そのため岡山市では自動車での移動が多く、駅周辺以外には歩行者がなかなかいないといわれているほどです。

また、バスに関してもバス停とバス停との距離が遠いので、最寄りのバス停まで徒歩で向かえないという居住者が多いといわれています。そういった状況から岡山県では、自動車を保有する方が多いといわれているのでしょう。

岡山県のナンバープレートについて

岡山県のナンバープレート情報をお届けします。

岡山県で使用されているナンバープレートの種類と料金

岡山県で使用されているナンバープレートの種類は2種類。
岡山」ナンバー「倉敷」ナンバーです。倉敷ナンバーはご当地ナンバープレートとして導入されており、地域の魅力をアピールしながら自動車の走行ができると人気があります。

岡山県のナンバープレートの料金は、大型自動車や普通自動車、軽自動車、小型二輪、軽二輪によって異なることが一般的。
なお二輪の場合、希望番号のナンバープレートやシート式ナンバープレート、字光式のナンバープレートはありません。注意しましょう。

岡山県のナンバープレートの料金は普通自動車の場合、ペイント式ナンバープレートが1,600円。字光式ナンバープレートが3,200円です。
また希望番号の場合、ペイント式ナンバープレートが3,910円。字光式ナンバープレートが5,330円です。それから図柄入りナンバープレートのようなシート式ナンバープレートの場合、ラグビーが8,740円。オリンピックとパラリンピックが9,110円です。

つづいて軽自動車の場合、ペイント式ナンバープレートが1,600円。字光式ナンバープレートが4,990円です。
また希望番号の場合、ペイント式ナンバープレートが3,910円。字光式ナンバープレートが6,620円です。それから図柄入りナンバープレートのようなシート式ナンバープレートの場合、ラグビーが9,450円。オリンピックとパラリンピックが9,830円です。

ナンバープレートごとの該当市町村

ナンバープレートごとの該当市町村をご紹介します。

岡山ナンバー
岡山市、津山市、玉野市、総社市、高梁市、新見市、備前市、瀬戸内市、赤磐市、真庭市、美作市、和気郡、都窪郡、真庭郡、苫田郡、勝田郡、英田郡、久米郡、加賀郡
倉敷ナンバー
倉敷市、笠岡市、井原市、浅口市、浅口郡、小田郡

岡山県の陸運局について

岡山県の陸運局の種類を解説します。岡山県の運輸支局は、岡山運輸支局。岡山県の軽自動車検査協会は、岡山事務所です。岡山県では岡山運輸支局と岡山事務所が岡山県のすべての市町村を担当しています。岡山運輸局と岡山事務所の基本情報は、下記の通りです。

岡山運輸局の基本情報

岡山運輸局
住所 岡山県岡山市北区富吉5301番5
電話番号 050-5540-2072
登録申請受付時間 8:45~11:45、13:00~16:00
検査申請受付時間 8:45~11:45、13:00~15:45
定休日 土、日、祝日、12月29日~1月3日

岡山事務所の基本情報

岡山事務所
住所 岡山県岡山市北区久米177番3
電話番号 050-3816-3084
業務受付時間 8:45~11:45、13:00~16:00
定休日 土、日、祝日、12月29日~1月3日

岡山県の自動車関連の手続きについて

岡山運輸支局では主に5つの手続きをおこなえます。

  • 1つ目は、【新規登録の手続き】。 新規登録の手続きとは、新車や中古車を購入したときにナンバープレートがない場合、登録をおこなう手続きのことです。
  • 2つ目は、【変更登録の手続き】 変更登録の手続きとは、氏名や住所、本拠地など、登録している情報が変更になったときに再登録をおこなう手続きです。
  • 3つ目は、【移転登録の手続き】。 移転登録の手続きとは、車の売買をとおして車を譲受、または譲渡したときにおこなう手続きです。
  • 4つ目は、【抹消登録の手続き】。 抹消登録の手続きとは、自動車を解体したときや輸出したとき、使わなくなったときにおこなう手続きです。
  • 5つ目は、【番号登録の手続き】。 番号登録の手続きとは、ナンバープレートを紛失したときの手続きです。

ご紹介した5つの手続き以外にも、岡山運輸支局では多様な手続きをおこなえます。このほかの手続きとして、住民票や印鑑証明書の取得手続きは市役所。運転免許証や車庫証明の更新、記載内容の変更などの手続きは警察署でおこないましょう。

岡山県での車買取業者の賢い選び方

車買取業者の賢い選び方

岡山県は自動車への需要が高い街です。
そのため岡山県には、多数の車買取業者が存在します。岡山県では車買取業者によって買取価格が10万円以上変わることも少なくありません。そのため車買取業者は、慎重に検討する必要があるでしょう。そこで岡山県での賢い車買取業者の選び方をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

賢い選び方①岡山県の車買取業者の口コミをネットで調査すること

岡山県で賢く車買取業者を選びたい場合、インターネットやTwitterで車買取業者の口コミや評判をチェックしましょう。岡山県の車買取業者には、悪徳業者も少なからず存在します。そのため悪徳業者を見抜くためのひとつの手段として、口コミや評判の活用がおすすめです。ただし、口コミや評判は必ずしも信ぴょう性のあるものとは限りません。参考程度に閲覧しましょう。

賢い選び方②岡山県の車買取業者のうち複数社で相見積もりを取ること

岡山県で賢く車買取業者を選びたい場合、車買取業者のうち複数社で相見積もりをとりましょう。相見積もりとは、同じ条件で見積もりをとること。最低でも3社で相見積もりをとることがおすすめでしょう。

インターネットを通じて一括見積をすることも可能です。ただし、インターネットの場合、細かな傷やへこみなど、マイナス点について上手に伝えられない可能性があるでしょう。そのためのちにトラブルにならないよう注意が必要です。

賢い選び方③車に合った業者選びをすること

岡山県で賢く車買取業者を選びたい場合、自動車に合った業者選びをしましょう。車買取業者によっては、特定のメーカーに強い場合や外車に強い場合など、強みを持ち合わせていることがあります。業者の得意とする車を用意できれば、買う側も売る側もメリットが生じてきます。逆もしかりです。出来る限りお得に買取してもらうためにも、しっかり自身の車の(メーカーや車種、カラー、年式など)詳しい情報をしっかりと把握し、自動車に合った業者を選びましょう