KuruTown(くるたうん)

車の状態に合わせて業者を選ぶことが重要。
福島県で車を高く売りたい方は複数の車買取業者に見積を取りましょう。

福島県の車買取なら、
低年式・多走行の車でも買取OK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 低年式や多走行の車でも
    高価買取の実績あり!
  • どんな状態の車でも
    レッカー引取費用が無料!
  • 必要書類を揃えるだけ!
    手続き代行費用が無料!

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

福島県について

福島県の面積は13,784km²あり、これは北海道・岩手県に次ぐ広さです。ここに全国第21位の約191万人が暮らしています(平成27年度国勢調査)。

東は太平洋に面していて、東北6県のうちの最も南です。東日本大震災(平成23年)とその影響で発生した福島第一原子力発電所事故で大きな被害を受けました。現在はそこからの復興の途上です。

福島県の交通事情

福島県の1世帯あたりの自家用乗用車保有台数は1.558台で全国でも9位の高さです。(一般社団法人・自動車検査登録情報協会、平成31年3月末現在)
軽自動車だけを見ると、0.85台の22位なので、普通乗用車の比率が高いのがわかります。(一般社団法人・全国軽自動車協会連合会、平成30年12月末現在)

鉄道はJR東北本線・東北新幹線が南北に貫通して入るものの、そのほかはローカル線ばかりです。また、県庁所在地は人口約29万人の福島市ですが、それを超える約33万人の郡山市、約34万人のいわき市などが点在しています(2019年10月1日現在)。

大人口が分散気味のため、市内交通も発達しようがありません。乗用車が頼りになるのは無理のないところでしょう。

福島県ではエリアごと必要な車種が異なる

気候については、福島県でひとくくりにせずに、いくつかのエリアに分けて考えましょう。東の太平洋側から順に「浜通り」、「中通り」、「会津」です。これらは阿武隈高地、奥羽山脈でそれぞれへだれられています。

カーライフの上で特に注意が必要なのは、会津若松市や喜多方市のある会津でしょう。ほぼ全域が「豪雪地帯」となっています。また、特に西隣の新潟県との県境にかけては「特別豪雪地帯」です。

「豪雪地帯」の定義は「豪雪地帯対策特別措置法」で定められて、「積雪のために産業発展が停滞。生活水準の向上も妨げられているエリア」です。さらに「特別豪雪地帯」で、「長期間、車の通行ができなくなるような積雪があるエリア」とされています。

やはり寒さや雪に強い車種を選んでおいたほうがいいでしょう。具体的にはSUVやオフロード車です。

それ以外の車種の場合も寒冷地仕様が安心かもしれません。ただ、ホンダ・マツダ・スバル・スズキの場合は、「寒冷地に十分対応できる装備がすでに標準になっている」とされているので、どれを選んでも大丈夫でしょう。

日産・トヨタ・三菱の場合は、オプションとしていくつかの雪・低温対策の装備が用意されています。内容としては、「大型バッテリーの採用」「暖房の強化」「ワイパーの発熱機能」「サイドミラーの曇りどめ」などです。買った後での追加は困難なので購入時に申し込んでおいたほうがいいでしょう。

福島市・郡山市・二本松市のある中通りでもそこそこの降雪はあります。ただ、深い雪になることは少ないので、スタッドレスタイヤへの交換などでほぼ間に合います。

いわき市のある浜通りは年間を通して気候も高めで、雪もほとんど降りません。乗用車にも特別な用意は不要でしょう。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

福島県のナンバー、運輸支局について

福島県のナンバープレートの種類や管轄の運輸支局などについてまとめました。

福島県で使われるナンバーの種類

福島県で使われている車のナンバーは、福島運輸支局で発行される「福島」「会津」「郡山ナンバー」、いわき自動車検査登録事務所で発行される「いわき」ナンバーの全部で4種類です。

ナンバープレートの料金は、普通自動車がペイント式1,600円、字光式3,200円、普通自動車の希望番号がペイント式4,110円、字光式5,490円です。軽自動車の場合は、ペイント式1,600円、字光式5,050円、希望ナンバーになるとペイント式4,130円、字光式6,720円となっています。

さらにシート式ナンバーと呼ばれる、図柄入りナンバーの場合は、普通自動車のラグビー柄は7,740円、オリンピック・パラリンピック柄が8,010円、軽自動車のラグビー柄は、7,760円、オリンピック・パラリンピック柄は8,000円です。

福島県の運輸支局・自動車検査登録事務所と主な手続き

福島県には2つの運輸支局・自動車検査登録事務所があります。それぞれ管轄エリアが分かれていますので、どの支局・事務所が管轄なのかを確認しておきましょう。

  • 福島運輸支局

    ナンバープレート 福島/会津/郡山
    管轄エリア 福島市、会津若松市、郡山市、白河市、南相馬市、須賀川市、喜多方市、相馬市、二本松市、田村市、伊達市、伊達郡、安達郡、岩瀬郡、南会津郡、耶麻郡、河沼郡、大沼郡、西白河郡、相馬郡、田村郡(三春町)
    住所 福島県福島市吉倉字吉田54番地
    電話 050(5540)2015
  • いわき自動車検査登録事務所

    ナンバープレート いわき
    管轄エリア いわき市、東白川郡、石川郡、双葉郡、田村郡(小野町)
    住所 福島県いわき市内郷綴町舟場1番135
    電話 050(5540)2016

運輸支局・自動車検査登録事務所での主な手続きには、

・車の新規登録手続き

・車の抹消登録や廃車手続き

・車の車検証や届出済証再交付手続き

・ナンバープレート再交付手続き

・車検ステッカー再交付手続き

・車の抵当権設定・抹消・移転・変更登録

・職権抹消された自動車の登録回復願い出

などがあります。

車買い取り業者の賢い選び方

車の買い替えは通常は数年ごとです。もちろん、それよりも長い人もいるでしょう。となると、「前回はどうだったか忘れてしまった」となってもおかしくはありません。あるいは、まったく初めての人もいるでしょう。
残念ながら、慣れない売り手のすきを狙ってくるような悪徳業者も少なからずいます。

ただし、いくつかのポイントを押さえれば、おそらくは避けられるはずです。次のようなことを心がけるようにしましょう。

ネットで口コミを調査

「福島県の自家用乗用車保有台数は全国でも9位」といっても、これは「1世帯あたり」に換算した数字です。トータルの数は122万台で、全国では19位までまで落ちます。
また、県内の人口はいわき市・郡山市・福島市と分散気味です。

「乗用車の数が特別多くなく、大きな都市もない」のですから、買い取り店が集まっているようなところもありません。実際に足を運んで比較して回るのはかなりたいへんです。

よその都道府県よりもネットの情報が大事になってきます。そのネットで調べるときには、必ず口コミもチェックするようにしましょう。

「査定してもらった」「買い取ってもらった」といったお客側の体験談です。これが大事なのは、ホームページにはお店側の都合のいい話だけしかアップされていないからです。「お客様の声」といったコーナーがあっても同様です。

ただし、口コミも玉石混交です。変な思い込みや勘違い、うそなどが書かれているようなことも珍しくありません。「いい」「悪い」といった話が出ている場合は、根拠がしっかりしているものだけ当てにするようにしましょう。それでも、本当に買い取りを依頼するかどうかは、実際に足も運んでお店の人の話を聞いてからにしなければいけません。

複数社で相見積もりを取る

残念ながら福島県内では都会のように買い取り店もそう多くはありません。口コミなどを参考にでダメそうなお店をはじいて行くと、さらに減ってしまうでしょう。それでも3店か4店は見つけておきます。

お店ごとに出してくる買い取り価格はかなり高い安いの差があります。
もしも、1店だけに出していたら、たまたま最も安いところに当たっていたかもしれません。もちろん、車種や年式・コンディションにもよりますが、10万円かそれ以上を損していた可能性もあります

また、出てきた金額をそのまま受けれるかどうかは微妙なとこです。もともと、相場はあってないようなものです。交渉次第でさらに上乗せがあるかもしれません。こういったときにも複数のお店で買い取り価格を出せていることが役に立ちます。「あと◯万円高いところもあった」と口にすれば、もう一度買い取り価格を出し直してくるかもしれません。上手に駆け引きするのも、高く売るためのポイントです。


車に合った業者選び

どんな車でも高く買い取ります」は買い取り業者の広告の定番ですよね。
しかし、これを簡単には信じないようにしましょう。実際にはNGの種類の車もあるでしょうし、買い取ってはくれても期待したような金額にしかならないことも珍しくありません。

というのは、買い取り業者ごとに得意としている種類の車が異なります。A社では本当は日産の4WDを中心に待っているかもしれません。B社ではマツダのファミリーカー、C社ではダイハツの軽自動車かもしれません。

こういった違いがあるのは、買い取った後に中古車として売られるまでのルートがあり、販売店ごとにかかわっているルートが異なるからです。それを無視して、自分の車を持ち込んでも、あまりいい結果にはなりません。

福島県内というだけではなく自宅の近くに限ってしまうと、これといった販売業者の数は限られてしまいがちです。しかし、かなりの金額の差になることが珍しくありません。少々の手間を掛けても納得が行く可能性は高いでしょう。

福島県の市町村から車買取業者を探す

車買取TOPに戻る