三重県について

三重県は、「お伊勢参り」の名で知られる伊勢神宮がある地域です。
海や山などの豊富な自然に恵まれており、農業や漁業が盛んとなっています。江戸時代から現在に至るまで、観光を産業として成り立たせており、国内外から多くの観光客が訪れる地域ともなっています。

三重県の乗用車保有台数

三重県の乗用車保有台数をみてみると、桑名市・四日市市・鈴鹿市・亀山市などが含まれる北勢地区が圧倒的に多くなっています。

三重県全体の自動車の普及度合いは、1台あたり1.21人、一世帯あたり2.04台となっており、全国的にみると多くもなく少なくもなくといったところのようです。車種別にみてみると、年々軽自動車の保有台数が増加傾向にあります。三重県内で最も乗用車保有台数が多い北勢地区は中京工業地帯となっており、主要企業が多くなっていることも影響しているのではないでしょうか。

全国47都道府県で三重県の人口は約178.2万人と22番目、面積は5,777㎢と25番目、人口密度は20番目となっています。三重県内で最も人口が多いのは約31万人の四日市市で、施行時特例市としても指定されています。

伊勢神宮や世界遺産でもある熊野古道、ナガシマスパーランドや志摩スペイン村などたくさんの有名な観光地で溢れる三重県は、伊勢・志摩地区にも路線を有する近鉄(近畿日本鉄道)で大阪や名古屋からの行き来がしやすくなっています。しかし三重県内だけで見てみると、決して公共交通機関が充実しているとはいえないようです。そういったことが、三重県の乗用車保有台数にも繋がっているのでしょう。

三重県でのマイカーの必要性

三重県を含む東海3県(愛知県・岐阜県・三重県)は、自動車関連を中心に有数の製造業の集積地となっています。通勤に自動車を利用している方も多い三重県は、一部では「自動車王国」とも言われているようです。これは、自動車関連産業が多いというだけではなく、自動車普及率の高さも理由となっているようです。

三重県と東京都や大阪府の大きな違いというのは、必ずしも居住地やオフィス・工場が駅から近い場所に集中しているわけではないということではないでしょうか。

三重県では、車通勤や物流という点で道路網の利便性が重要となっています。したがって、居住地や勤務先は幹線道路などへのアクセスが良い場所が選ばれやすくなっているようです。三重県はどちらかというと、「車を利用することを前提」とされている傾向があるといえるでしょう。

三重県のナンバープレート

三重県のナンバープレートの種類や料金、管轄の運輸支局などについてご紹介いたします。

三重県で使用されているナンバープレートの種類と料金

三重県で使用されている自動車のナンバープレートは、「三重」と「鈴鹿」のほかに2020年5月からは新たにご当地ナンバーとして「四日市」と「伊勢志摩」が加わりました。

三重県のナンバープレートの料金は、大型自動車、普通自動車、軽自動車によって大きく分かれています。また、そのなかで、一連番号と希望番号のペイント式、字光式、オリンピック・パラリンピック版、地方版によって分かれています。

三重県のナンバープレートの料金について詳しくご紹介いたします。

【大型自動車】

  • 一連番号(ペイント式):1,980円
  • 一連番号(字光式):3,970円
  • 希望番号(ペイント式):4,900円
  • 希望番号(字光式):6,340円
  • オリンピック・パラリンピック版:11,880円

【普通自動車】

  • 一連番号(ペイント式):1,460円
  • 一連番号(字光式):2,870円
  • 希望番号(ペイント式):4,160円
  • 希望番号(字光式):5,370円
  • オリンピック・パラリンピック版:7,620円
  • 地方版:7,500円

【軽自動車】

  • 一連番号(ペイント式):1,500円
  • 一連番号(字光式):5,060円
  • 希望番号(ペイント式):4,280円
  • 希望番号(字光式):6,800円
  • オリンピック・パラリンピック版:8,240円
  • 地方版:8,250円

三重県の各ナンバープレートの管轄区域

三重県の4つの各ナンバープレートの管轄区域についてご紹介いたします。

  • 三重ナンバー
    管轄区域:津市、松阪市、桑名市、名張市、尾鷲市、熊野市、いなべ市、伊賀市、木曽岬町、東員町、菰野町、朝日町、川越町、多気町、大台町、大紀町、紀北町、御浜町、紀宝町
  • 鈴鹿ナンバー
    管轄区域:鈴鹿市、亀山市
  • 四日市ナンバー
    管轄区域:四日市市
  • 伊勢志摩ナンバー
    管轄区域:伊勢市、鳥羽市、志摩市、明和町、玉城町、度会町、南伊勢町

三重県にある運輸支局と軽自動車検査協会

三重県にある陸運局は三重運輸支局です。三重運輸支局は中部運輸局管内となっています。また、三重県にある軽自動車検査協会は三重事務所となっています。

三重運輸支局、三重事務所それぞれの詳しい情報についてご紹介いたします。

三重運輸支局の基本情報

三重運輸支局
住所 三重県津市雲出長常町字六ノ割1190番9号
管轄区域 三重県全域
電話番号 050-5540-205
登録申請受付時間 午前8:45~11:45、午後13:00~16:00
検査申請受付時間 午前8:45~11:45、午後12:45~15:45

三重事務所の基本情報

三重事務所の基本情報
住所 三重県津市雲出長常町字六ノ割1190番10号
管轄区域 三重県全域
電話番号 050-3816-1779
登録申請受付時間 午前8:45~11:45、午後13:00~16:00
検査申請受付時間 午前8:45~11:45、午後12:45~15:45
定休日 土・日・祝日・12月29日から1月3日を除く平日

三重運輸支局、三重事務所で行える手続き

三重運輸支局、三重事務所で行える自動車に関する手続きについてご紹介いたします。三重運輸支局、三重事務所で行える手続きは主に以下の7つとなっています。

  1. 新規登録
    ナンバーのついていない車を、公道を走れるようにするために行う道路運送車両法に基づく手続きのことです。
  2. 移転登録
    自動車の所有者(所有権)を変更する手続きのことです。一般的には名義変更といわれています。
  3. 変更登録
    登録を受けている自動車の所有者の住所や氏名などに、変更があった場合などに行う手続きのことです。
  4. 抹消登録
    登録を受けている自動車の使用を一時中止もしくは解体した場合に行う手続きのことです。一時中止の場合には一時抹消登録を、解体した場合には永久抹消登録を行います。
  5. 番号登録
    登録を受けている自動車のナンバープレートを紛失、盗難した場合などのほか、希望ナンバーへ変更する際に行う手続きです。
  6. 車検証再交付
    車検証(自動車検査証)を紛失した際に再交付する場合の手続きです。
  7. 登録事項等証明書交付請求
    自動車の登録内容を確認する場合の手続きです。

三重県での車買取業者の賢い選び方

車買取業者の賢い選び方

三重県で車の手放しをご検討中の方はいるでしょうか?車の手放しのタイミングは人それぞれかと思います。新しい車への乗り換えをご検討中の方やなかには近年増えている運転免許証の自主返納のタイミングで車の手放し方法をお探しの方などもいらっしゃるでしょう。
三重県で車の売却をお考えの方に、車買取業者の賢い選び方についてご紹介いたします。

ネットで情報や口コミを調査

近年、インターネットの普及がとても高くなっています。

車の売却先をお探しなのであれば、まずはインターネットでお住まいの地域を対応している車買取業者を探しましょう。いくつか候補を絞ったら、その業者のホームページで情報を収集すると良いでしょう。

業者のホームページをチェックする際に情報の豊富さはとても重要です。しかし業者のホームページだけではわからないこともたくさんあります。

次にその業者を実際に利用したことのある方の口コミ、体験談をチェックしましょう。口コミ、体験談や評判をチェックすることもとても重要です。しかしここで注意しないといけないのが、口コミがすべてというわけでもないということです。

口コミが多ければ多いほど、信憑性を持てるのではないでしょうか。また、出来るだけ最新の情報を参考にするようにしましょう。

最終的にはやはり自身の判断です。いろんな情報を見たうえで自分が良いと思う業者を選ぶようにしましょう。

複数社で相見積もりを取る

買取業者に査定依頼をする際になによりも重要なのが、1社ではなく複数社で相見積もりを取るということです。1社にだけ査定依頼をして、提示された額ですぐに成約してしまうという方法はあまりおすすめではありません。

なぜならば、たとえ同じ車であっても各業者によって買取査定額が変わることは珍しくないからです。車種や車の状態によっては、少しどころか数万円と大きく変わる可能性も十分にあります。

車の買取には買取相場というものがあります。買取相場には時期やタイミングによって変動があります。中古車の買取相場は特に幅が大きいといえるでしょう。なぜならば、中古車の場合には年式や走行距離が買取査定額に大きく影響するからです。査定依頼時期が数週間や数か月変わるだけで、買取査定額が大きく下がってしまう可能性もあり得るのです。

複数社への査定依頼となると少し面倒に感じる方もいるかもしれません。しかし、少しでも高値で車を売却したいのであれば、少しでも損をしたくないのであれば、3.4社などの複数の買取業者で相見積もりを取ることをおすすめいたします。

車に合った業者選び

現在、車買取業者は全国に多くあります。そのなかでご自身が売却を考えている車に合った業者選びを行うことが望ましいです。

車の買取業者では各業者によってサービス内容はもちろん、得意としていることや強み、持っている販売ルートが大きく異なります。軽自動車が得意な業者や輸入車が得意な業者、トラック専門の業者など本当に多種多様です。これらはその業者が持っている販売ルートに大きく影響してきます。

引取りをした後に確実に売り切れる自信がある車であれば業者も高価買取を行うでしょう。しかし、売れるかどうか半信半疑の車などであれば業者は高価買取には踏み込まないでしょう。

車の売却というのは、人生にそう何回もあることでもないのではないでしょうか、だからこそ車買取業者選びはとても重要かと思います。なにかしらの理由で車を売却するのであれば、ご自身にとって大事な車だからこそ納得のいく形で手放せる方法を選んでください。