山口県について

日本の中国地方に位置する山口県。人口は約137.8万人です。
神秘的な景色を楽しめる「東後畑棚田」や1780メートルの長い橋である「角島大橋」、大鳥居の上に賽銭箱のある「元乃隅稲成神社」など、子どもから大人まで散策や観光を楽しめるスポットが充実しています。

また「ふぐ」や「ゆめほっぺ」や「のどぐろ」など、美味しい特産品も豊富です。山口県は魅力溢れる素敵な街といえるでしょう。

山口県の世帯あたりの自動車保有台数

山口県の1世帯あたりの自動車保有台数は、1.234台です。全国平均は1.043台なので、山口県の数値が全国値を上回っていることがわかるでしょう。山口県は1世帯に1台以上の車があるともいえる車社会です。

山口県で自動車を持つ人が多い理由

山口県で自動車を持つ人が多い理由は、山口県は車社会ともいわれるほど公共交通機関の利便性が良くないからです。

山口県の県庁所在地のある山口市では、駅と駅との距離が近いので駅までのアクセスはしやすいものの電車の本数が大変少ないといわれています。鉄道はJR山陽本線、山口線、宇部線が乗り入れており山陽新幹線も利用可能ではあるものの、市内での公共交通機関の利便性はあまりよくないと評判です。

また郊外や山口市外にでると、公共交通機関の利便性はますます悪くなってしまうとの声が目立っています。そのため山口県では自動車を保有する人が多いといえるでしょう。

山口県のナンバープレートについて

山口県のナンバープレートにまつわる情報をお届けします。

山口県で使用されているナンバープレートの種類

山口県で使用されているナンバープレートの種類は2種類。
「下関」ナンバーと「山口」ナンバーです。

下関ナンバーと山口ナンバーは、ご当地ナンバープレートとして図柄入りナンバープレートを展開しています。寄付金をおさめた場合、カラフルなナンバープレート。寄付金をおさめていない場合、モノクロのナンバープレートが交付されます。

山口県で使用されているナンバープレートの料金

山口県で使用されているナンバープレートの料金は、大型自動車や普通自動車、軽自動車、小型二輪、軽二輪によって異なります。
なお二輪の場合、希望番号のナンバープレートやシート式ナンバープレート、字光式のナンバープレートはありません。

山口県のナンバープレートの料金は普通自動車の場合、ペイント式ナンバープレートが1,600円。字光式ナンバープレートが3,200円です。
また希望番号の場合、ペイント式ナンバープレートが3,910円。字光式ナンバープレートが5,330円です。それから図柄入りナンバープレートのようなシート式ナンバープレートの場合、ラグビーが8,730円。オリンピックとパラリンピックが9,100円、地方版が8,600円です。

つづいて軽自動車の場合、ペイント式ナンバープレートが1,580円。字光式ナンバープレートが4,900円です。
また希望番号の場合、ペイント式ナンバープレートが3,860円。字光式ナンバープレートが6,500円です。それから図柄入りナンバープレートのようなシート式ナンバープレートの場合、ラグビーが9,280円。オリンピックとパラリンピックが9,660円、地方版が9,140円です。

ナンバープレートごとの該当市町村

ナンバープレートごとの該当市町村をご紹介します。

下関ナンバー
下関市
山口ナンバー
宇部市、山口市、萩市、防府市、下松市、岩国市、光市、長門市、柳井市、美祢市、周南市、山陽小野田市、大島郡、玖珂郡、熊毛郡、阿武郡

山口県の陸運局について

山口県の陸運局についてご紹介します。
山口県の運輸支局は「山口運輸支局」です。それから山口県の軽自動車検査協会は「山口事務所」です。

山口県では「山口運輸支局」と「山口事務所」が山口県のすべての市町村を担当しています。「山口運輸支局」と「山口事務所」の基本情報は、下記の通りです。

山口運輸支局の基本情報

山口運輸支局
住所 山口県山口市宝町1番8号
電話番号 050-5540-2073
登録申請受付時間 8:45~11:45、13:00~16:00
検査申請受付時間 8:45~11:45、13:00~15:45
定休日 土、日、祝日、12月29日~1月3日

山口事務所の基本情報

山口事務所
住所 山口県山口市葵1丁目5番57号
電話番号 050-3816-3085
業務受付時間 8:45~11:45、13:00~16:00
定休日 土、日、祝日、12月29日~1月3日

山口県の自動車関連の手続きについて

山口県の陸運局では、自動車にまつわる手続きがおこなえます。陸運局でおこなう代表的な5つの手続きを解説します。

1つ目は[新規登録の手続き]
新規登録の手続きは、新車や中古車を購入したときにおこなう手続きです。ナンバープレートがない自動車の登録をおこないます。

それから2つ目は[変更登録の手続き]
変更登録の手続きは、氏名や住所、車を使用する本拠地など、登録していた情報を変更するときの手続きです。

つづいて3つ目は[移転登録の手続き]
移転登録の手続きは車の売買をしたときの譲渡や譲受の報告をする手続きです。

それから4つ目は[抹消登録の手続き]
抹消登録の手続きは、車を解体したときや輸出したとき、使わない状態になったときにおこないます。

最後に5つ目は[番号登録の手続き]
番号登録の手続きは、ナンバープレートを紛失したときにおこないます。

ご紹介した5つの手続き以外にも、山口県の陸運局では様々な手続きをおこなっています。気になる方は、リサーチしてみましょう。

山口県でほかの手続きとして、住民票や印鑑証明書の取得手続きは市役所。運転免許証や車庫証明の更新、記載内容の変更は最寄りの警察署でおこなってください。

山口県での賢い車買取業者の選び方

車買取業者の賢い選び方

山口県は車の需要が高い地域なので、車買取業者が数多く存在します。車の買取価格は車買取業者によって差が大きいといえるでしょう。10万円以上の差が生じることも少なくありません

そこで山口県での賢い車買取業者の選び方をご紹介。ぜひ参考にしてください。

賢い選び方①山口県の車買取業者の口コミをネットで調査すること

山口県で賢く車買取業者の選びたい場合、インターネットやTwitterの口コミ、評判を必ずチェックしましょう。 口コミや評判は、100パーセント正しいとはいえません。しかし判断材料のひとつとして、目を通しておくことをおすすめします。

賢い選び方②山口県の車買取業者のうち複数社で相見積もりを取ること

山口県で賢く車買取業者を選びたい場合、山口県の車買取業者のうち複数社で相見積もりをとりましょう。
相見積もりとは、同じ条件で査定をしてもらうこと。最低でも3社の相見積もりをとることがおすすめです。

インターネットでは一括見積が提供されていますが、インターネットの一括見積も相場を知るために役立つでしょう。ただし写真では伝えきれないような傷跡やへこみなどがあることも考えられます。そのため査定額は目安であることを念頭に置きましょう。

また傷跡やへこみに関しては、担当者のさじ加減によって査定額が変わります。そのため多くの担当者に見積もりを頼むことがおすすめです。

賢い選び方③車に合った業者選びをすること

山口県で賢く車買取業者を選びたい場合、車にあった業者選びをしましょう。

車買取業者には、それぞれに個性があります。
外国の車買取に力をいれていること、特定のメーカーの車買取に力を入れていることなど、様々な例があげられます。そのためご自分の自動車がどの車買取業者に合っているのか判断することが大切です