KuruTown(クルタウン)

車の状態に合わせて業者を選ぶことが重要。
愛知県で車を高く売りたい方は複数の車買取業者に見積を取りましょう。

愛知県の車買取なら、
低年式・多走行の車でも買取OK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 低年式や多走行の車でも
    高価買取の実績あり!
  • どんな状態の車でも
    レッカー引取費用が無料!
  • 必要書類を揃えるだけ!
    手続き代行費用が無料!

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

愛知県について

太平洋側の静岡県や日本海側の富山県など9県を中部地方といい、その名前の通りに本州の中央部を占めています。その中部地方のさらに中央部にあるの愛知県です。
面積は5,167km²と全都道府県のうちの第27位ながら、人口は約748万で東京都・神奈川県・大阪府に次ぐ第4位となっています(平成27年度国勢調査)。

県庁所在地の名古屋市も日本の中核都市のひとつに数えられ、ここだけでも人口は約230万あり、宮城県全体(約233万)や新潟県全体(約230万)と大差はありません(同)。

また、愛知県は日本最大の工業県です。「製造品出荷額等」でみると国全体の14.8%を占め、第2位で5.6%の神奈川県の3倍近くもあります(経済産業省「平成30年工業統計速報」)。

愛知県の乗用車保有台数

愛知県の1世帯あたりの自家用乗用車保有台数は全国第29位の1.269台です。ただし、人口も多いので、絶対数(保有台数)でみると第1位の約419万台になります。以下は埼玉県の約321万台、東京都の約311万台と続きます(一般社団法人・自動車検査登録情報協会、平成31年3月末現在)。

東京都と大阪府の間にあるために、JRの東海道新幹線と東海道本線、東名高速道路・名神高速道路、国道1号線といった大動脈が次々と作られました。それと同時に、中部地方全体の中核都市である名古屋市からは、JRの中央本線・関西本線、私鉄の近畿日本鉄道・名古屋鉄道などが、放射状に周囲に延びています。

また、名古屋市とその周辺では名古屋鉄道の各線や、名古屋市営地下鉄が密度の濃い公共交通網を作っています。

オフィス勤務なら公共交通機関、工場ならばマイカー通勤が便利

愛知県は西の尾張地方と東の三河地方で地形も歴史も異なり、地元の人たちでも別のものとして考えることが珍しくありません。しばしば対抗意識さえ見せるぐらいです。

尾張地方の中心はもちろん、名古屋市です。地下鉄の栄駅やJR名古屋駅を核として、繁華街やビジネス街が発展してきました。名古屋市内に限っていえば住宅地は周辺部です。
また、近隣の日進市や大府市はベッドタウンです。オフィスや店舗の勤務ならば、通勤は中心部へと向かうことが多く、この場合は地下鉄や名古屋鉄道などが便利です。無理にマイカー通勤しようにも、職場近くでの駐車場確保はほとんど無理でしょう。ショッピングなども、下手をすると渋滞に巻き込まれに行くだけです。

中心部に住んだとしたら、名古屋市は大都会だけに今度は駐車場の月々の支払いが家計を圧迫するでしょう。乗用車を持つとしたら、郊外に住んで、やはり郊外にある工場などに通勤する場合ぐらいかもしれません。

三河地方での中核都市は岡崎市です。ただし、人口は名古屋市の約5分の1の約38万しかありません。また、名古屋市・岡崎市間は直線では約35キロしか離れておらず、JRや名古屋鉄道も列車の本数は十分です。そのため、名古屋市のベッドタウンとしても開発されてきました。名古屋市中心部への通勤ならば、日進市や大府市とは変わりはなく、マイカー通勤のメリットはほとんどありません。

結局、交通に関してだけいえば、尾張・三河とも変わりはありません。「岡崎市内やその周辺への通勤ならば、マイカー通勤もいいかもしれない。しかし、名古屋市中心部への通勤ならば、公共交通機関のほうが便利」といったところです。

ただ、三河地方というのならば、豊田市も忘れてはいけません。いうまでもなくトヨタ自動車の本社があり、市内やその周辺は自動車の組み立て工場や部品工場が密集しています。もちろん、これら工場に勤める人も多く、人口も岡崎市よりも多い約42万人います。

トヨタの企業城下町として発展してきただけに、車社会になるのはある意味当然でしょう。通勤先の多くも郊外にある大規模な工場なので、マイカー通勤も問題ありません。半面、公共交通機関は後回しにされてきました。豊田市やその周辺では買い物などの日常生活にも乗用車は不可欠です。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

愛知県のナンバー、運輸支局について

愛知県のナンバープレートの種類や管轄の運輸支局などについてまとめました。

愛知県で使われるナンバーの種類

愛知県で使われている車のナンバーは、愛知運輸支局で発行される「名古屋」ナンバー、西三河自動車検査登録事務所で発行される「三河」「岡崎」ナンバー、小牧自動車検査登録事務所で発行される「終わりこまき」ナンバーなど全部で8種類です。

ナンバープレートの料金は、普通自動車がペイント式1,460円、字光式2,870円、普通自動車の希望番号がペイント式4,160円、字光式5,370円です。軽自動車の場合は、ペイント式1,470円、字光式4,890円、希望ナンバーになるとペイント式4,180円、字光式6,620円となっています。

さらにシート式ナンバーと呼ばれる、図柄入りナンバーの場合は、普通自動車のラグビー柄は7,190円、オリンピック・パラリンピック柄が7,420円、地方版7,390円、軽自動車のラグビー柄は、7,210円、オリンピック・パラリンピック柄は7,430円、地方版7,410円です。

愛知県の運輸支局・自動車検査登録事務所と主な手続き

愛知県には4つの運輸支局・自動車検査登録事務所があります。
それぞれ管轄エリアが分かれていますので、どの支局・事務所が管轄なのかを確認しておきましょう。

  • 愛知運輸支局

    ナンバープレート 名古屋
    管轄エリア 名古屋市、半田市、津島市、常滑市、東海市、大府市、知多市、豊明市、日進市、愛西市、弥富市、あま市、長久手市、愛知郡、海部郡、知多郡
    住所 愛知県名古屋市中川区北江町1丁目1番地の2
    電話 050(5540)2046
  • 西三河自動車検査登録事務所

    ナンバープレート 三河/岡崎/豊田
    管轄エリア 岡崎市、碧南市、刈谷市、安城市、西尾市、豊田市、知立市、高浜市、みよし市、額田郡
    住所 愛知県豊田市若林西町西葉山46
    電話 050(5540)2047
  • 小牧自動車検査登録事務所

    ナンバープレート 尾張小牧/一宮/春日井
    管轄エリア 一宮市、瀬戸市、春日井市、犬山市、江南市、小牧市、稲沢市、岩倉市、尾張旭市、清須市、北名古屋市、西春日井郡、丹羽郡
    住所 愛知県小牧市新小木3丁目32番地
    電話 050(5540)2048
  • 豊橋自動車検査登録事務所

    ナンバープレート 豊橋
    管轄エリア 豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市、田原市、北設楽郡
    住所 愛知県豊橋市神野新田町字京ノ割20番3
    電話 050(5540)2049

運輸支局・自動車検査登録事務所での主な手続きには、

・車の新規登録手続き

・車の抹消登録や廃車手続き

・車の車検証や届出済証再交付手続き

・ナンバープレート再交付手続き

・車検ステッカー再交付手続き

・車の抵当権設定・抹消・移転・変更登録

・職権抹消された自動車の登録回復願い出

などがあります。

車買い取り業者の賢い選び方

車がまだ新しくて、走行距離もそれほどまでいっていない場合、買い取り業者に出すことも多いでしょう。その一方で、手順がよくわからないのと、手間がかかりそうに思って、新車購入の下取りにしてしまう人も珍しくありません。

一般的には買い取り業者の査定のほうが幅があります。しかも、どちらかといえば下取りよりも、金額の上でも有利です。両方を検討して見る価値は十分にあります。

また、単に手放すだけの場合も、この買い取り業者の査定の幅をうまく利用しましょう。つまり、最も高い金額を付けたところに買い取ってもらうのです。ただし、それには以下のようなことを念頭にして、しっかりと優良業者を見つけ出す必要があります。

ネットで口コミを調査

全国一の約419万台もの自家用乗用車があるだけに、愛知県は買い取り業者にとっても大激戦区です。これから売ろうという人にはいくらでも候補が見つかるでしょう。

まずは、インターネットで周辺のお店をピックアップしてみましょう。そのぞれぞれについて、さらに口コミを探します。実際にお店を訪れたことがある人、さらには本当に底で買い取ってもらったことのある人の体験談です。

ただし、次のようなことを意識しながら読んでいきます。

  • 状況が変わっているかもしれないので、アップされた日が古いものは無視する。
  • お店の規模が大きい場合、複数の担当者がいると考えたほうがいい。できれば、担当者の評判もチェックする。
  • 「あくまで、その人だけの経験であって、自分には当てはまらないかもしれない」と頭の隅に入れておく。

複数社で相見積もりを取る

実際に査定をしてもらい、買い取り価格を出してもらうのは3店か4店ぐらいがいいでしょう。

1カ所だけでは、もしかしたら、たまたま厳しいお店に当たってしまうことがあります。3店か4店で出してもらえば、だいたいはいい金額を出してくれるお店も混じっているでしょう。

このようなことが起こるのは、中古車買い取り価格の相場はあってないようなものだからです。車体の傷にしても、「まったく同じものが、A店では大きなマイナスになり、B店ではほとんど気にされない」とったことが起こります。後から取り付けたオプション品などはよく評価が分かれる代表です。「できるだけ原型に近いほうがいい。オプション品はじゃま」というところもあれば、それに対して金額をプラスしてくれる場合もあります。

また、複数のお店で査定してもらっていることは、うまく駆け引きに使いましょう。「B店とC店でも査定してもらう」と言っただけですぐに買い取り価格が上がるかもしれません。。あるいは、こちらの方から「B店は◯万円だった。こちらでももう少し勉強してもらえませんか」といった使い方もできるはずです。

車に合った業者選び

名古屋という大都市があり、トヨタのお膝元である愛知県ならば、買い取り業者を探すのにも苦労しないでしょう。しかし、数だけあっても意味はありません。自分が売ろうとしているメーカーや車種を得意としている買い取り店を探さなければいけません

買い取られた車はもちろん、いずれ中古車として販売されます。そこにいくまでのルートがあって、そこで扱われる車の種類が限られているのです。買い取り業者にすると、そのルートに合っていない車を持ち込まれても、簡単には売ることができません。そのため、高値にするなど熱心には買い取ろうとはしないのです。

もちろん、買い取り店の候補をピックアップするときはこういったことも注意しましょう。トヨタ車ならばトヨタ車の中で、スポーツタイプ、オフロード・SUV、ワゴンといったようにさらに細かく分かれているはずです。

こういった手間を惜しまないのが、少しでも車を高く売るコツのひとつです。

愛知県の市町村から車買取業者を探す

車買取TOPに戻る