KuruTown(くるたうん)

車の状態に合わせて業者を選ぶことが重要。
岐阜県で車を高く売りたい方は複数の車買取業者に見積を取りましょう。

岐阜県の車買取なら、
低年式・多走行の車でも買取OK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 低年式や多走行の車でも
    高価買取の実績あり!
  • どんな状態の車でも
    レッカー引取費用が無料!
  • 必要書類を揃えるだけ!
    手続き代行費用が無料!

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

岐阜県について

岐阜県は全国でも第7位という10,621km²の面積があり、ここに17位の203万人が暮らしています(平成27年度国勢調査)。長野県・富山県・滋賀県・愛知県など7つの県に囲まれていて海には面していません。

県土の約8割以上が森林で、林業としてはヒノキの生産で知られています。名古屋に近いことから近郊農業も盛んで、トマト・ホウレンソウ・枝豆などが前後く有数の生産量を誇っています。また、名神高速・中央自動車道などが通っていることから運送面でも有利で、繊維工業、自動車・航空機工業、窯業など様々な工場が進出しています。

岐阜県の交通事情

1世帯あたりの自家用乗用車保有台数は1.578台で、全国では8位とかなりの車社会です(一般社団法人・自動車検査登録情報協会、平成31年3月末現在)。

エリアによって地形が大きく変わるので、交通事情もそのエリアごとに考える必要があります。最も大きくは南部の美濃地方と北部の飛騨地方のふたつに分ければいいでしょう。

美濃地方は長良川・木曽川などが流れる平野部で、鉄道ではJR東海道本線・東海道新幹線、自動車道では名神高速道路が通っています。県庁所在地の岐阜市もここにあり、かつては路面電車が市民の足となっていましたが、自動車の交通が増えたことにより平成17年に廃止されました。

飛騨地方は県境などに3,000m級の山々が連なり、そのふもとの盆地に高山市・飛騨市などが点在しています。この飛騨地方では鉄道としては唯一のJR高山線が南北に走り、高速道路では東海北陸自動車道も縦断しています。また、長野県・松本市から高山市を経由して東海北陸自動車道と合流する中部縦貫自動車道も建設中で、すでに一部は開通しました。

岐阜県では必要な装備はエリアで異なる

美濃地方に職場や生活の拠点があり、その周辺で使うだけならば、乗用車には特別な配慮は不要でしょう。また、名神高速もあるので名古屋や大阪・京都へもさっと出ることができます。

注意が必要なのは飛騨地方です。
スキー場も多く、そういったところにまで出かけるのならば、もちろん雪と低温の両方に備えなければいけません。合掌造りと日本有数の豪雪地帯として知られる白川村もこの飛騨地方の一角にあります。高山市も標高は573m(市役所所在地)もあり、最低気温は1月マイナス5.1度とマイナス5.2度まで下がります(気象庁、統計期間:1981~2010)。この数字は、あくまで1カ月間を通しての最低気温の平均なので、マイナス10度以下になることも珍しくありません。

具体的には、「たとえ高山市周辺であっても、寒冷地仕様の車を選びましょう」ということになります。しかし、メーカーによってこの寒冷地仕様に対する考え方が異なるので注意が必要です。

オプションとして寒冷地仕様が用意しているのは、日産・トヨタ・三菱の各社です。「大型バッテリー」「後続車による追突回避のためのフォグランプ」「曇りどめのためのヒーター付きのサイドミラー」「強力暖房」といったものが選べます。ただし、別料金で、車種にもよりますが全部付けると10万円前後は覚悟しておく必要があります。

一方、ホンダ・マツダ・スバル・スズキといったメーカーは寒冷地仕様を用意していません。ただし、標準装備であっても他社の寒冷地仕様と同じだけの強化がされています。この分のコストは、本体料金に含まれていると考えていいでしょう。

もちろん、車種としてもスポーツタイプのように、車高が低く座席の位置も低いものは、安全性を考えると避けておいたほうが無難です。先行車の巻き上げる雪煙で前が見えなくなることが多くなります。FR車も雪道でスリップしやすくなります。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

岐阜県のナンバー、運輸支局について

岐阜県のナンバープレートの種類や管轄の運輸支局などについてまとめました。

岐阜県で使われるナンバーの種類

岐阜県で使われている車のナンバーは、岐阜運輸支局で発行される「岐阜」ナンバー、飛騨自動車検査登録事務所で発行される「飛騨」ナンバーの2種類です。

ナンバープレートの料金は、普通自動車がペイント式1,460円、字光式2,870円、普通自動車の希望番号がペイント式4,160円、字光式5,370円です。軽自動車の場合は、ペイント式1,500円、字光式5,070円、希望ナンバーになるとペイント式4,290円、字光式6,800円となっています。

さらにシート式ナンバーと呼ばれる、図柄入りナンバーの場合は、普通自動車のラグビー柄は7,310円、オリンピック・パラリンピック柄が7,550円、軽自動車のラグビー柄は、7,840円、オリンピック・パラリンピック柄は8,090円です。

岐阜県の運輸支局・自動車検査登録事務所と主な手続き

岐阜県には2つの運輸支局・自動車検査登録事務所があります。それぞれ管轄エリアが分かれていますので、どの支局・事務所が管轄なのかを確認しておきましょう。

  • 岐阜運輸支局

    ナンバープレート 岐阜
    管轄エリア 青岐阜市、大垣市、多治見市、関市、中津川市、美濃市、瑞浪市、羽島市、恵那市、土岐市、美濃加茂市、各務原市、可児市、山県市、瑞穂市、本巣市、海津市、郡上市、羽島郡、養老郡、不破郡、安八郡、本巣郡、加茂郡、可児郡、揖斐郡
    住所 岐阜県岐阜市日置江2648番地の1
    電話 050(5540)2053
  • 飛騨自動車検査登録事務所

    ナンバープレート 飛騨
    管轄エリア 高山市、下呂市、飛騨市、大野郡
    住所 岐阜県高山市新宮町830番地の5
    電話 050(5540)2054

運輸支局・自動車検査登録事務所での主な手続きには、

・車の新規登録手続き

・車の抹消登録や廃車手続き

・車の車検証や届出済証再交付手続き

・ナンバープレート再交付手続き

・車検ステッカー再交付手続き

・車の抵当権設定・抹消・移転・変更登録

・職権抹消された自動車の登録回復願い出

などがあります。

車買い取り業者の賢い選び方

乗らなくなっった車の処分は頭の痛いところですよね。あるいは、「もう新車を買うことに決めている。だけども、今の車の処分方法が決まらないと、動くに動けない」という人もいるかもしれません。

まずは、買い取り業者に声を掛けてみましょう。うまく行けば、廃車にしたり下取りに出したりするよりも金銭的には有利になるはずです。

ただし、「良心的で優秀な業者を見つけておくこと」という条件付きです。それには次のようなことを心がけておきます。

ネットで口コミを調査

岐阜県は車社会とはいえ、乗用車保有台数は全国17位の約130万台でしかありません。決して下位ではないものの、抜きんでた数字でもありません。台数が多いのは、あくまで「1世帯あたり」と換算した場合です。

とはいえ、すぐ隣は全国1位の約419万台がある愛知県です。当然のことながら、大量の中古車も売買されています。岐阜県内のどこに住んでいるかにもよりますが、買い取り業者を探すには名古屋市など愛知県内のお店も候補に入れていいのではないでしょうか。そうなると、無駄足を踏まないためにも、口コミのチェックが欠かせません。「実際に利用したことのある人の体験談を通して、事前に情報を収集する」というわけですね。

ただし、鵜呑みにはしないようにしましょう。信頼性の低い情報も混じっているのがこの種の口コミです。本人の誤解もあれば、その体験だけが特殊な場合もあります。こういった可能性も頭に入れながら、使えそうな情報をかぎ分けていくようにしなければいけません。

複数社で相見積もりを取る

岐阜市周辺ならばまだしも、これはといった買い取り業者はなかなか見つからないかもしれません。それでも3社か4社は確保しまし、査定してもらうようにしましょう。

買い取り業者によって買い取り価格は大きく異なります。1社だけでは不当に低い金額のところの当たってしまうかもしれません。買い取り価格の相場はあってないようなものなのです。

それがあらゆるところで起こるので、それらを全部合算すると大きな差になってしまうのです。そもそも、その車種・年式の基本となる買い取り価格からして異なっているはずです。

また、「ほかのところでも買い取り価格が出ている」というのは、さらに上積みさせるための交渉材料にも使えます。

車に合った業者選び

「どんな車でも高値で買い取ります」は買い取り業者の決まり文句ですね。この「どんな車でも」は、「どんなに古くて傷んでいても」や「どんな車種であっても」といった意味でしょう。

古いものはともかく、車種についてはあまり信頼しないほうがいいかもしれません。というのは、買い取り業者ごとに、中古車として流すルートが決まっています。しかも、そのそれぞれのルートでは、「トヨタ車のオフロード」「ホンダのワゴン」「日産のクーペ」といったようにカバーする範囲は限られています。

そこから外れるものは、受け取ったところで買い取り業者も取り扱いに苦労します。積極的に買い取ろうとしないのは、あまりに当然のことです。

岐阜県内であれば、岐阜市内であっても中々これといった買い取り業者が見つからないかもしれません。県北部に住んでいたらなおさらです。

そういった場合は、他県にまで目を向けて見るようにしましょう。幸い隣の愛知県は中古車市場でも最大級のマーケットです。足を伸ばしてみる価値もあるかもしれません。

岐阜県の市町村から車買取業者を探す

車買取TOPに戻る