KuruTown(くるたうん)

車の状態に合わせて業者を選ぶことが重要。
石川県で車を高く売りたい方は複数の車買取業者に見積を取りましょう。

石川県の車買取なら、
低年式・多走行の車でも買取OK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 低年式や多走行の車でも
    高価買取の実績あり!
  • どんな状態の車でも
    レッカー引取費用が無料!
  • 必要書類を揃えるだけ!
    手続き代行費用が無料!

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

石川県について

石川県の面積は全国35位の4,185km²で、東北にある能登半島から、南西の加賀平野へと細長く延びています。人口は34位の115万人です。

金箔(きんぱく)・九谷焼・友禅染など伝統工芸が盛んな一方で、建設機械・織機などの工業地帯としても発展してきました。目の前の七尾湾が上質の漁場なので、能登半島にはいくつもの漁港があります。

石川県の交通事情

石川県の1世帯あたりの自家用乗用車保有台数は全国13位の1.488台(一般社団法人・自動車検査登録情報協会、平成31年3月末現在)です。

同じ北陸地方で、南西に隣接する福井県が1.736台の第1位、東に隣接する富山県が1.681台の第2位なので、その差を意外に思う人もいるかもしれません。これは、北海道・京都府・福岡県などと同じで、県庁所在地の人口の比率の高い府県にありがちな傾向です。
中心部では路線バスなどの公共交通機関が発達している上に、住んでいる人も多いので、これが全体の数字を押し下げます。

石川県の場合、金沢市が約45万人と県全体の約4割を占め、それに次ぐ白山市・小松市はいずれも約11万人でしかありません。
「金沢市内では公共交通機関がよく利用されているが、周辺部では車社会」と考えておくようにしましょう。

鉄道は平成27年に北陸新幹線が金沢まで開通し、最短で約2時間半で東京都を結ぶようになりました。大阪とは北陸本線などを使い同じぐらいの所要時間です。

石川県の乗用車には寒冷地仕様が必要?

雪の多い日本海側気候ということで、新しく移り住む場合に「寒冷地仕様が必要かも」と考える人もいるかもしれません。実際に住んでいる人の声を集めると、「あって邪魔になるものではない。しかし、あまり気にする必要もない」といったところです。
北海道や東北ほどには低温になるわけではありません。また、隣の富山県のように県境などに山岳地帯があって、厳しい積雪になるわけでもありません。

確かに、国からは全県が、「積雪が特にはなはだしいため、産業の発展が停滞的で、かつ、住民の生活水準の向上が阻害されている地域」である「豪雪地帯」には指定されています。
しかし、その中でもさらに深刻な「特別豪雪地帯」は加賀市と白山市のふたつだけです。しかも、その両市でも市域全体が指定されているわけではありません。

日ごろの足として使うだけならば、スタッドレスタイヤなどがあれば間に合うのではないでしょうか。
もちろん、近隣の長野県・岐阜県などに冬場に出かけることが多かったり、「用心には用心を重ねたい」と考えたりする人は、低温や雪道に強い車を選ぶようにしましょう。これには寒冷地仕様以外に、「スリップをしやすいFF車は避ける」「先行車の上げる雪煙を考えて、座席の位置の高いものにする」といったことも含まれます。

寒冷地仕様がオプションとして用意されているのは、日産車・トヨタ車・三菱車です。
ホンダ・マツダ・スバル・スズキの場合は、標準装備がすでに寒冷地仕様と同等のものになっているために、特にオプションを依頼する必要がありません。用意もされていません。

また、日産車などでであってもオフロード車などは最初から寒冷地仕様レベルまで寒さ・積雪対策ができているのが一般的です。ドイツ車・スウェーデン車などももともとが北国で開発されたものなので、寒冷地に強いのは当たり前です。予算に余裕のある人は、検討してみてはいかがでしょうか。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

石川県のナンバー、運輸支局について

石川県のナンバープレートの種類や管轄の運輸支局などについてまとめました。

石川県で使われるナンバーの種類

石川県で使われている車のナンバーは、石川運輸支局で発行される「石川」ナンバーと「金沢」ナンバーの2種類です。

ナンバープレートの料金は、普通自動車がペイント式1,540円、字光式3,040円、普通自動車の希望番号がペイント式4,240円、字光式5,460円です。軽自動車の場合は、ペイント式1,540円、字光式5,020円、希望ナンバーになるとペイント式4,240円、字光式6,680円となっています。

さらにシート式ナンバーと呼ばれる、図柄入りナンバーの場合は、普通自動車のラグビー柄は8,420円、オリンピック・パラリンピック柄が8,730円、地方版8,010円、軽自動車のラグビー柄は、8,420円、オリンピック・パラリンピック柄は8,730円、地方版8,020円です。

石川県の運輸支局と主な手続き

石川県の運輸支局は1カ所のみです。

石川運輸支局

ナンバープレート 石川/金沢
管轄エリア 石川県全域
住所 石川県金沢市直江東1丁目1番地
電話 050(5540)2045

運輸支局での主な手続きには、

・車の新規登録手続き

・車の抹消登録や廃車手続き

・車の車検証や届出済証再交付手続き

・ナンバープレート再交付手続き

・車検ステッカー再交付手続き

・車の抵当権設定・抹消・移転・変更登録

・職権抹消された自動車の登録回復願い出

などがあります。

車買い取り業者の賢い選び方

自動車は乗れなくなる限界まで乗る人もいれば、次々に買い替える人もいるでしょう。

どちらの場合も、もう乗ることがないとわかっているのならば、すぐに買い取り業者に出したほうがいいでしょう。ボロボロであっても、「まだまだ大丈夫」となっていくらかの金額が付くかもしれません。比較的新しい車の場合は、グズグズしたために、次のモデルが出て査定が下がってしまうこともありえます。

ただし、買い取り業者によって、判断が分かれることは珍しくありません。次のようなことをポイントにして、自分にとって有利な業者を見つけるようにしなければいけません。

ネットで口コミを調査

金沢市やその周辺に住んでいる場合、買い取り業者の候補には困らないでしょう。まずは、ネットで口コミをチェックして、候補を絞り込みましょう。

また、ほかのエリアでは絞り込むほど買い取り業者がいないかもしれません。だからといって、同じ作業が無駄になるわけではありません。あまりに評判が悪いのならば、少し足を伸ばしてでもよそを使うか、手放す方法を変えることも検討したほうがいいかもしれないからです。

もちろん、次のようなことを意識しながら読むようにしましょう。

  • ネット上にはいつのことかもわからないような情報も残っている。できるだけ新しいものを参考にする。
  • 書き込みをしている人が必ずしも善意の人とは限らない。嘘うそでまかせもあり得る。
  • その人だけの特殊な状況だった可能性もある。

口コミはあくまで参考にする程度の信頼度です。もし、納得がいかなかったら、実際に足を運んでみることも考えてみましょう。

複数社で相見積もりを取る

査定のやり方は、同じ買い取り業者の支店同士でもいくらかの差が出ることがあります。それが違う買い取り業者となると、100万円程度になる車体ならば10〜20万円といった差になることもありえます

実際に複数の業者の査定に出してみればわかりますが、その結果を記した査定表は見た目にも項目の上でもかなり異なります。たとえ、「ボディーの傷」「ペイントの色あせ」といった同じ項目があったところで、マイナスの仕方の程度も異なっているのが普通です。

これがすべての面について起こるので、全体の評価としては大きな差になってもおかしくはありません。これがダイレクトに買い取り価格に反映するわけです。

やはり、買い取り業者の候補は絞り込みすぎず、3社か4社残しておき、そのすべてで査定を受け、買い取り価格も提示させるようにしましょう。1社だけでは不当に安いところに当たってしまう可能性も出てきてしまいます。

車に合った業者選び

買い取り業者にとって得意な種類の車を持ち込む」は、少しでも高く買い取ってもらうための重要なポイントです。

買い取り業者にはそれぞれ、トヨタ車のオフロード・日産車のクーペ・ホンダ車のワゴンといったように得意にするメーカー、得意にする車種があります。この場合の「得意」とは、「中古車として売るところにまで流すルートを持っている」ということです。

これに外れてしまうと、買い取り業者も売るには売れないことになったり、売れても苦労したりすることになってしまいます。高値を付けたがらないのも無理はないでしょう。

ですから、買い取り業者をピックアップするときは、ホームページなどで、どんな種類の車の取り扱いが多いかをチェックします。もちろん、自分が持ち込もうとしている車と同じタイプが多いほど、高値で買い取ってもらえる可能性は高くなります。

石川県の市町村から車買取業者を探す

車買取TOPに戻る