KuruTown(くるたうん)

車の状態に合わせて業者を選ぶことが重要。
栃木県で車を高く売りたい方は複数の車買取業者に見積を取りましょう。

栃木県の車買取なら、
低年式・多走行の車でも買取OK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 低年式や多走行の車でも
    高価買取の実績あり!
  • どんな状態の車でも
    レッカー引取費用が無料!
  • 必要書類を揃えるだけ!
    手続き代行費用が無料!

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

栃木県について

群馬県・茨城県とともに、「北関東」と呼ばれるのが栃木県です。
北は福島県に接していて、海のない内陸県です。面積は6,408km²で全国20位、人口は18位の197万人と、どちらも真ん中よりやや上です。そのうちの約4分の1の約51万人が県庁所在地の宇都宮市に住んでいます(平成27年度国勢調査)。

高度成長期にこの宇都宮市やその周辺に工場団地が次々に造成されました。また、周辺には米・野菜などの農村地帯も残っており、特にイチゴで知られています。

栃木県の交通事情

1世帯あたりの自家用乗用車保有台数は1.558台で、これを超えるのは国内でも福井・富山・山形・群馬しかありません。1人あたりでは0.676台の2位とさらに上がります。(一般社団法人・自動車検査登録情報協会、平成31年3月末現在)

東北新幹線・JR東北本線・東武日光線なども通ってはいますが、どちらかといえば鉄道網は薄めです。
さらに、東北新幹線では「はやぶさ」や「やまて」が栃木県内にある3つの系のどれにも停車せず、あまり地元の足とはなっていない面もあります。

これに対し、道路網は比較的発達しています。東北自動車道が県内中央を南北に縦断するほか、宇都宮市を核として日光宇都宮道路、国道4号・119号・121号などが放射状に周辺へと延びています。

栃木県で車が不可欠な理由

小山市・下野市など栃木県南部は「東京のベッドタウン」として紹介されることもあります。確かに、小山市の場合で新幹線の「やまびこ」を使えば約40分で東京駅に着きます。ただ、新幹線料金を使ってまでの通勤客・通学客は多くなく、ベッドタウンとしての開発は大規模なものにはなりませんでした。

栃木県県民の移動は主に県内から県内、なかでも宇都宮市との行き来と考えていいでしょう。かつてはこの主な担い手は路線バスでした。県が出している「改定とちぎ生活ネットワークガイドライン」(平成26年4月)によると、バスのピークは昭和44年で、1日あたり39.4万人が利用していました。それが約40年後の平成24には5.1万人と約8分の1まで減少しています。

また、鉄道については平成7年の21.7万人がピークです。それが16年後の平成23年には16.9万人と、バスほどではないにしても約8割にまで落ち込んでいます。

この状況を受け、バスは多くの路線が廃止に追い込まれました。公共交通空白地帯になることを避けるために、地元自治体などではいわゆる「コミュニティーバス」を走らせるなど対策には当たっています。とはいえ、カバーにはまったく不十分です。

代わりに増えているのが、マイカーの利用です。県庁所在地であっても宇都宮市の人口規模では地下鉄などの市内交通を発達させることはできません。

また、通勤者の多くが郊外にある工場勤務のために公共交通機関よりもマイカーを選ぶのは仕方のないところでしょう。農業地帯ならばなおさら車が必要です。

このように典型的な車社会だけに、中古車は買い取り店も販売店もたくさんあります。これらの多くは駅周辺よりも国土沿いなどに集中しているのも、やはり車社会の反映でしょう。
また、通勤には少し遠いとはいえ、東京の経済圏の一部です。東京でのオークション会場からの来る車体、持ち込む車体も少なくないので、活発に売買されています。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

栃木県のナンバー、運輸支局について

栃木県のナンバープレートの種類や管轄の運輸支局などについてまとめました。

栃木県で使われるナンバーの種類

栃木県で使われている車のナンバーは、栃木運輸支局で発行される「宇都宮」「那須」ナンバー、佐野自動車検査登録事務所で発行される「とちぎ」ナンバーの3種類です。

ナンバープレートの料金は、普通自動車がペイント式1,540円、字光式3,060円、普通自動車の希望番号がペイント式4,350円、字光式5,570円です。軽自動車の場合は、ペイント式1,540円、字光式5,050円、希望ナンバーになるとペイント式4,380円、字光式6,740円となっています。

さらにシート式ナンバーと呼ばれる、図柄入りナンバーの場合は、普通自動車のラグビー柄は7,290円、オリンピック・パラリンピック柄が7,500円、軽自動車のラグビー柄は、7,330円、オリンピック・パラリンピック柄は7,540円です。

栃木県の運輸支局・自動車検査登録事務所と主な手続き

栃木県には2つの運輸支局・自動車検査登録事務所があります。それぞれ管轄エリアが分かれていますので、どの支局・事務所が管轄なのかを確認しておきましょう。

  • 栃木運輸支局

    ナンバープレート 宇都宮/那須
    管轄エリア 宇都宮市、鹿沼市、日光市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、河内郡、芳賀郡、塩谷郡、那須郡、下都賀郡(壬生町))
    住所 栃木県宇都宮市八千代1丁目14番8
    電話 050(5540)2019
  • 佐野自動車検査登録事務所

    ナンバープレート とちぎ
    管轄エリア 足利市、栃木市、佐野市、小山市、下都賀郡(岩舟町、野木町)
    住所 栃木県佐野市下羽田町2001-7
    電話 050(5540)2020

運輸支局・自動車検査登録事務所での主な手続きには、

・車の新規登録手続き

・車の抹消登録や廃車手続き

・車の車検証や届出済証再交付手続き

・ナンバープレート再交付手続き

・車検ステッカー再交付手続き

・車の抵当権設定・抹消・移転・変更登録

・職権抹消された自動車の登録回復願い出

などがあります。

車買い取り業者の賢い選び方

乗らなくなった車は廃車か買い取りかで迷うところかもしれません。よほど傷んでいない限り、まずは買い取りから検討してみましょう。意外に需要があるものですし、うまくいけばお金にもなります。

ただ、査定の仕方は業者によってかなり違います。

「いい業者にさえ当たっていれば、しっかりとお金になったはずだった。
つまらない業者に当たってしまったのが原因で、手間ばかりかかって、結局は廃車」といったことも珍しくありません。

このようにポイントとなるのは業者選びです。以下のようなことを知っていると、いい業者に出会える可能性は高くなるでしょう。

ネットで口コミを調査

栃木県では人口が宇都宮市に集中していて、51万人がいます。それに続くのは小山市・栃木市・足利市ですが、それぞれ15万人〜17万人しかいません。買い取り業者が集まっているのも宇都宮市ぐらいです。ほかの市町村の住民は、実際に回って比較するのは一苦労です。

大半の人はネット上での比較になるでしょう。もちろん、宇都宮市に住んでいてもネットが手軽です。そうやって調べるときには、必ず口コミもチェックしましょう。

業者のホームページには、業者側にとってマイナスになる話は出ていません。本当に知りたいことが出ている可能性が高いのは、実際に使ってみた人の体験談です。
ただし、口コミも必ずしも正しいわけではありません。できるだけ、話の根拠がはっきりしていて、内容も具体的なものを参考にするようにしましょう。

また、いくら十分にネットで情報収集したからいとって、それだけで1社に絞り込むようなことはやめておきましょう。買い取りを依頼するかどうかを判断するのは、実際に足を運んで、担当者とも話をしてみた後です。

複数社で相見積もりを取る

買い取り価格は1社だけではなく、少なくとも3社か4社から出してもらいましょう。買い取り業者ごとに出してくる金額は大きく異なります。1社だけでは、たまたま非常に低い金額のところに当たるかもしれません。

そういったときに、一括査定が便利に思えるかもしれません。ネット上に用意されているサイトから、メールアドレス・名前、車種・年式などを1回書くだけで、何社からも買い取り価格を記した返事がもらえます。

ただし、これが本当に役に立つかどうかは、少し微妙なところです。

というのは、これはあくまで簡易査定でしかありません。
実際に車体を見てもらうわけではないので、後から買い取り価格が大きく変わる可能性があります。この時点では高い金額を付けておいて、実際の査定をした後に、思い切り金額を下げてくるような悪質な業者も混じっています。

お客の側にすれば、1回話を始めてしまったので、もう面倒くさくなってそのまま進めるような人もいるでしょう。そうでなければ、ほかの業者を当たらなければいけません。
結局、「損をするか二度手間になるかの選択肢になっただけ」といったことになりかねません。

ですから、一括査定で返事をしてきた業者に対しても、口コミでのチェックは不可欠です。

車に合った業者選び

買い取り業者ごとに提示してくる価格が大きく異なるのは、査定方法が異なるからです。
外観重視のところ、走行能力が重視のところなどが考えられます。「同じペイントの色あせを見ても、ほとんど無視する場合もあれば、大きなマイナスになることもある」といったところです。

中古車業界独自の流通の仕方も、価格に差が出る大きな理由です。

最も一般的な形でいうと、買い取り店が確保した車体は中間業者へと渡り、最後は中古車販売業者の元へと送られます。このルートはいくつもあるものの、それぞれはごく限られた種類の車しか扱いません。
「日産のスポーツタイプだけ」「マツダのファミリーカーだけ」「トヨタのSUVとオフロードだけ」といったように考えればいいでしょう。どの買い取り業者もどこかのルートにだけ集中して加わっています。

となると、マツダのファミリーカーのルートにつながっている買い取り業者にトヨタのオフロードを持っていっても、相手は迷惑なだけです。もしも買い取ってもらえても、ほとんどタダのような金額にされてしまうかもしれません

ですから、車を査定を受けようというのならば、その前に「自分の車の種類ならば歓迎してもらえる業者かどうか」をしっかりと考えなければいけません。

栃木県の市町村から車買取業者を探す

車買取TOPに戻る