KuruTown(くるたうん)

車の状態に合わせて業者を選ぶことが重要。
鳥取県で車を高く売りたい方は複数の車買取業者に見積を取りましょう。

鳥取県の車買取なら、
低年式・多走行の車でも買取OK!

廃車、車検切れ、事故車、故障車、不動車など
  • 低年式や多走行の車でも
    高価買取の実績あり!
  • どんな状態の車でも
    レッカー引取費用が無料!
  • 必要書類を揃えるだけ!
    手続き代行費用が無料!

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

鳥取県について

日本の中国地方に位置する鳥取県。人口は約57万人です。

まるで砂漠を訪れたかのような「鳥取砂丘」や世界で唯一の砂像をメインとした「砂の美術館」、鳥取市のシンボルかのような「河原城」、海水浴場としてにぎわいを見せる「浦富海岸」など、鳥取県には自然や歴史を楽しめる観光スポットが充実しています。

またスイカやメロン、ブドウ、梨など、美味しい食べ物も豊富です。鳥取県は大人から子どもまで夢中になれる魅力が溢れた街といえるでしょう。

鳥取県の世帯あたりの自動車保有台数

鳥取県の1世帯あたりの自動車保有台数は、1.438台。全国平均である1.043台と比較すると高い数値です。

鳥取県では1世帯に1.4台以上もの自動車を保有していることがわかり、鳥取県は車が欠かせないともいえる街だとわかるでしょう。

鳥取県で車を持つ人が多い理由

鳥取県では、駅やバス停までの距離が遠いことから車を持つ人が多いといえます。

鳥取県の中でも県庁所在地として公共交通機関が便利だと評判がある鳥取市でさえ、車が必須だといわれています。JR山陰本線、JR因美線が乗り入れているものの、駅と駅との距離が遠いので、駅周辺に住まなければ快適に移動できないでしょう。

またスーパーやコンビニエンスストアが点在しているので、駅周辺に必ずしもあるとは限りません。そのため生活の利便性を求めて、多くの方が自動車を保有していることが現状です。

鳥取自動車道や山陰自動車道、国道9号など、自動車で快適に移動するための道路は整備されていますが、やはり鳥取空港までの移動や日常生活での目的地までの移動においては、車が必須です。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。


普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

鳥取県のナンバープレートについて

鳥取県のナンバープレート情報をお届けします。

鳥取県で使用されているナンバープレートの種類

鳥取県で使用されているナンバープレートは「鳥取」ナンバーのみです。

しかし、平成30年5月22日より鳥取県では、図柄入りナンバープレートの交付が決まっています。そのため鳥取県の魅力をアピールしながら自動車の走行を楽しめるでしょう。

なお鳥取県の図柄入りナンバープレートであるご当地ナンバープレートは、カラーとモノクロの2種類が展開されています。

続いて鳥取県のナンバープレートの料金をご紹介します。

鳥取県のナンバープレートの料金は、大型自動車と普通自動車、軽自動車、二輪など、自動車によって異なります。なお二輪や原付の場合、希望ナンバーやシート式ナンバー、図柄入りナンバー、オリンピックナンバー、字光式ナンバーはありません。

鳥取県のナンバープレートの料金は普通自動車の場合、ペイント式ナンバープレートが1,760円。字光式ナンバープレートが3,520円です。
また希望番号の場合、ペイント式ナンバープレートが4,440円。字光式ナンバープレートが5,660円です。それから図柄入りナンバープレートのようなシート式ナンバープレートの場合、ラグビーが8,600円。オリンピックとパラリンピックが8,920円、地方版が8,620円です。

それから軽自動車の場合、ペイント式ナンバープレートが1,760円。字光式ナンバープレートが5,100円です。
また希望番号の場合、ペイント式ナンバープレートが4,480円。字光式ナンバープレートが6,820円です。それから図柄入りナンバープレートのようなシート式ナンバープレートの場合、ラグビーが9,280円。オリンピックとパラリンピックが9,620円、地方版が9,340円です。

ナンバープレートごとの該当市町村

鳥取県では「鳥取」ナンバーのみが交付されるため、すべての市町村において「鳥取」ナンバーと定められています。

鳥取県の陸運局について

鳥取県の陸運局情報をお届けします。鳥取県の運輸支局は、鳥取運輸支局。軽自動車検査協会は、鳥取事務所です。

なお鳥取県では、鳥取運輸支局と鳥取事務所が鳥取県全域を担当しています。鳥取運輸支局と鳥取事務所の基本情報は、下記の通りです。

鳥取運輸支局の基本情報

住所 鳥取県鳥取市丸山町224番地
電話番号 050(5540)2070
登録申請受付時間 8:45~11:45、13:00~16:00
検査申請受付時間 8:45~11:45、13:00~15:45
定休日 土、日、祝日、12月29日~1月3日

鳥取事務所の基本情報

住所 鳥取県鳥取市安長77番1
電話番号 050-3816-3082
業務受付時間 8:45~11:45、13:00~16:00
定休日 土、日、祝日、12月29日~1月3日

熊本県の自動車関連の手続きについて

鳥取運輸支局でおこなえる代表的な5つの手続きを解説します。

1つ目の手続きは、新規登録の手続き
新規登録の手続きでは、ナンバープレートのない自動車の登録手続きをおこないます。新規登録の手続きが必要なときは、主に新車を購入したときや中古車を購入したときです。

そつづいて2つ目の手続きは、変更登録の手続き
変更登録の手続きでは、登録情報の変更をおこないます。変更登録の手続きが必要なときは、氏名や住所、自動車に乗る本拠地が変更になったときです。

それから3つ目の手続きは、移転登録の手続き
移転登録の手続きでは、自動車の譲渡や譲受の報告をおこないます。移転登録の手続きが必要なときは、自動車を売買したときです。

つづいて4つ目の手続きは、抹消登録の手続き
抹消登録の手続きは、自動車を解体するときや輸出するとき、乗らなくなったときにおこないます。

最後に5つ目の手続きは、番号変更の手続き
番号変更の手続きは、ナンバープレートをなくしてしまったときにおこないます。

ご紹介した5つの手続き以外にも鳥取運輸支局では様々な手続きがおこなえます。

なお住民票の取得や印鑑証明書の取得は市役所。車庫証明や運転免許証の更新、記載変更手続きは、警察署でおこないます。

鳥取県での車買取業者の賢い選び方

鳥取県での車買取業者の賢い選び方を解説します。鳥取県は自動車を保有する方が多いので、車買取業者が豊富です。そのため車買取業者選びに悩む人も少なくないでしょう。

車買取業者によっては、買取価格に10万円以上の差が生じることも珍しくありません

そこで鳥取県での車買取業者の賢い選び方を解説します。ぜひ参考にしてください。

賢い選び方①鳥取県の車買取業者の口コミをネットで調査すること

インターネットやTwitterなどをとおして、車買取業者の口コミや評判を検索することは重要です。

インターネットの口コミや評判は、100パーセント信じられるものとは限りません。しかし、判断するうえでの参考情報のひとつとして、必ず目をとおすことをおすすめします。

車買取業者を選ぶ上で、ほかの人がどんな基準をもっているのか知ることも可能だからです。そのためインターネットの口コミや評判は、是非チェックするようにしましょう。

賢い選び方②鳥取県の車買取業者のうち複数社で相見積もりを取ること

鳥取県には車買取業者が多数存在していますが、複数社で相見積もりをとることも大切なポイントです。最低でも3社から相見積もりをとることをおすすめします。

インターネットで一括見積もりを取得することも可能です。しかし一括見積もりをする場合、自分では気づけないような傷やへこみなど、減額要素になってしまうポイントが上手く伝えられるとは限りません。その結果、のちにトラブルが発生してしまうことも考えられるでしょう。

そのためインターネットの一括見積もりで相場を把握しつつ、実際に店舗にも足を運んで最低3社から相見積もりをとりましょう

賢い選び方③車に合った業者選びをすること

車買取業者を選ぶ場合、自動車にあった業者を選ぶことも大切です。

自動車はメーカーや年式、車種、カラーなど、それぞれに独特の特徴をもっています。

特有のメーカーや車種に強い車買取業者や外車に強い車買取業者など、自動車買取業者にはそれぞれに強みや弱みがあるので、ご自身の自動車の特徴を把握し、自動車に見合った業者を選びましょう

鳥取県の市町村から車買取業者を探す

車買取TOPに戻る