神奈川県について

神奈川県は関東の南西部にあり、北は東京都と境を接し、南は太平洋、東は東京湾です。

東京都のベッドタウンや、港・ヨコハマに代表されるような観光地のイメージが強いかもしれません。実は、工業出荷額では愛知県に次ぐ全国第2位の工業県でもあります(経済産業省「平成30年工業統計速報」)。

全国43位の2,416km²の面積に、第2位の913万人が住んでいます(平成27年度国勢調査)。人口密度では東京都・大阪府に次ぐ第3位です。

神奈川県の交通事情

県内の鉄道には、東海道新幹線・東海道本線といったJR以外に、京急東横線、相鉄の本線・いずみ野線、小田急の江ノ島線・小田原線などの私鉄も県内の隅々にまで到達していいます。

これらの中には、小田急のように県庁所在地である横浜市は経由せず、東京都内のターミナル駅に直行するものも少なくありません。横浜市も東京の都心部に近く、どうしても住民は「神奈川“都”民」といった意識を持ってしまいがちです。

また、約373万人の人口を抱える横浜市、約151万人の川崎市といったように東京湾沿いに人口が集中し、公共交通機関も密度が高くなっています(平成30年4月現在)。乗用車の必要を感じない人が多いのも当然のところでしょう。

実際、1世帯あたりの自家用乗用車保有台数は0.332台で、これより少ないのは大阪の0.313台と東京都の0.226台しかありません(一般社団法人・自動車検査登録情報協会、平成31年3月末現在)。

車社会ではなくても台数は多い神奈川県

東京都は東の端にある23区が都心エリア、中部や西部がベッドタウンとなっています。全体が東西に細長いので、東京都西部に住むぐらいならば、横浜市内の多くのエリアのほうが東京都心に短時間で通勤できます。

この場合の勤務先はオフィスや店舗が大半でしょう。都心での駐車場は確保が困難です。その上、道が込み合います。たとえ乗用車があっても、通勤には使えないことが多いのではないでしょうか。

また、横浜市内やその周辺では急流地帯を切り崩して、大掛かりな宅地開発が行われました。スーパーマーケットやショッピングセンターも近場に用意されていることが大半です。徒歩かせいぜい自転車でもあれば十分でしょう。

ただし、ここまでは実用上の必要での話です。かつては、車いじりやドライブのために乗用車を持つ人が少なくありませんでした。神奈川県や東京都も例外ではありません。少し古いドラマを見たり歌謡曲を聞いたりすれば、「湘南海岸をドライブする」といった設定がしばしば出てくるはずです。

こういった趣味的な車を持つ人が減ったのも、神奈川県での1世帯あたりの保有台数が伸びない理由かもしれません。特にかつては自動車メーカーにとってお得意様だった若者が見向きもしなくなりました。これは、メーカーでも「若者の自動車離れ」として深刻に受け止めているようです。

ただし、神奈川県や東京都で自動車の売買が低調なわけではありません。圧倒的な人口規模を誇っているだけに、「1世帯あたり」といった数字が低くても、絶対数ではかなりのものになります。実際に2位埼玉県(321万台)、3位東京都(311万台)、4位神奈川県(305万台)といったように、首都圏の都県が上位を占めています。これらを超えるのは、トヨタ自動車の本社がある愛知県(419万台)しかありません。

それだけに、「中古車の買い手としては車体の選択肢も多く、売り手としては高く査定してくれる買い取り業者が見つかる可能性も高い」といえそうです。

神奈川県のナンバー、運輸支局について

神奈川県のナンバープレートの種類や管轄の運輸支局などについてまとめました。

神奈川県で使われるナンバーの種類

神奈川県で使われている車のナンバーは、神奈川運輸支局で発行される「神奈川」ナンバー、川崎自動車検査登録事務所で発行される「川崎」ナンバー、湘南自動車検査登録事務所で発行される「湘南」ナンバー、湘南自動車検査登録事務所で発行される「相模」ナンバーの全部で4種類です。

ナンバープレートの料金は、普通自動車がペイント式1,450円、字光式2,870円、普通自動車の希望番号がペイント式4,140円、字光式5,360円です。軽自動車の場合は、ペイント式1,470円、字光式4,890円、希望ナンバーになるとペイント式4,180円、字光式6,620円となっています。

さらにシート式ナンバーと呼ばれる、図柄入りナンバーの場合は、普通自動車のラグビー柄は7,170円、オリンピック・パラリンピック柄が7,380円、軽自動車のラグビー柄は、7,210円、オリンピック・パラリンピック柄は7,430円です。

神奈川県の運輸支局・自動車検査登録事務所と主な手続き

神奈川県には4つの運輸支局・自動車検査登録事務所があります。それぞれ管轄エリアが分かれていますので、どの支局・事務所が管轄なのかを確認しておきましょう。

神奈川運輸支局

神奈川運輸支局
ナンバープレート 横浜
管轄エリア 横浜市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡
住所 神奈川県横浜市都筑区池辺町3540番地
電話 050-5540-2035

相模自動車検査登録事務所

相模自動車検査登録事務所
ナンバープレート 相模
管轄エリア 相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛甲郡
住所 神奈川県愛甲郡愛川町大字中津字桜台7181番地
電話 050-5540-2037

川崎自動車検査登録事務所

川崎自動車検査登録事務所
ナンバープレート 川崎
管轄エリア 川崎市全域
住所 神奈川県川崎市川崎区塩浜3丁
電話 050-5540-2036

湘南自動車検査登録事務所

湘南自動車検査登録事務所
ナンバープレート 湘南
管轄エリア 平塚市、藤沢市、小田原市、茅ケ崎市、秦野市、伊勢原市、南足柄市、高座郡、中郡、足柄上郡、足柄下郡
住所 神奈川県平塚市東豊田字道下369番10
電話 050-5540-2038

運輸支局・自動車検査登録事務所での主な手続きには、

・車の新規登録手続き

・車の抹消登録や廃車手続き

・車の車検証や届出済証再交付手続き

・ナンバープレート再交付手続き

・車検ステッカー再交付手続き

・車の抵当権設定・抹消・移転・変更登録

・職権抹消された自動車の登録回復願い出

などがあります。

車買い取り業者の賢い選び方

「乗らなくなった車を買い取ってもらうには、手間も時間もかかる」と思ってないでしょうか。特に次に乗る車がもう決まっていれば、すぐにでも手放したいところでしょう。

しかし、焦って特になることは多くないようです。せっかく高く売れるはずの車が安くなることや、廃車の費用ばかりかかることもありえます。

まずは、しっかりと業者を選びましょう。優秀な業者であれば、こちらに負担を掛けることなく素早く話を進めてくれるはずです。以下のような手順を踏めば、そういった業者を見つけられるでしょう。

ネットで口コミを調査

県内には305万台もの乗用車があります。また、東京にも近いので、大手の買い取り業者はあちらこちらに支店を出しています。買い取り店を選ぶのにも苦労するかもしれません。

まずはインターネットなどで情報を集め、いくつかピックアップしましょう。利用してもいいような距離のところに、同じ系列の買い取り店がいくつも見つかるかもしれません。

これらは別々のものとして見るようにしましょう。というのは、お店ごとどころか、担当者で対応が異なることもありえるからです。

次にそのそれぞれについて、口コミを探します。店名と「口コミ」「評判」などをキーワードにすればいいでしょう。大規模で利用者数も多いところはたくさん見つかるはずです。もちろん、多いところのほうが参考にしやすいでしょう。

中には極端な意見や、信頼性が低いと感じる口コミもあるかもしれません。十分に警戒しながら読まなければいけないのはいうまでもないことです。あくまで参考意見というわけです。

複数社で相見積もりを取る

まったく同じ車体を見ても、出してくる買い取り価格は、お店ごとにかなり異なります。そうなるのは、買い取り価格には相場らしい相場はなく、車体のコンディションのどこをどう査定するかも業者ごとに異なるからです。

たとえば、走行距離やエンジンの調子には厳しくても外観はあまり気にないようなお店もあれば、まったくその逆のお店もあります。オプション品などはその種類にもよりますが、それに対する評価も様々です。金額を上乗せしてくれるかもしれないし、逆に「次のオーナーが使いたがらない」とマイナスにされるような場合もあります。

こういったことがあるので、ひとつのお店の査定だけでは不安が残ります。たまたま、低い金額しか付けないような業者に当たってしまったかもしれません。3社4社程度から買い取り価格をもらっておけば、そのうちの最も高い価格で納得も行くのではないでしょうか。

車に合った業者選び

買い取り業者を選ぶときは、分が持ち込もうとしている車をそこがカバーしている種類のものかどうを意識しましょう。

多くの業者はホームページに今まで扱った車の情報をアップしています。

単にトヨタや日産と言ったメーカーばかりではなく、ワゴン・クーペ・オフロードといった偏りがあるはずです。どこの買い取り店もそれぞれのルートがあって、買い取ってから中古車販売店までの流れて行くようになっています。このルートが、車の種類ごとに細かく分かれているのです。

このルートで扱っているのに合わない車を持ち込むと、買い取り業者は持て余しがちです。買い取り価格も二束三文になってしまうでしょう。もちろん、少しでも高値で買い取ってもらいたいのならば、しっかりと自分の車をカバーしている業者を選ばなければいけません

これは、フォルクスワーゲン・ルノー・ボルボといった外車を売るときも同じです。ただ、数少なめで日本に入っている車種が限られている分、メーカーさえ同じならばそれ以上の細かい区分けはないかもしれません。