車買取は車検後にすべき?ベストなタイミングで高額査定を狙うコツ

車の買取を検討したとき、車検を受けてからのほうが良いのか、車検を受けずにそのまま買取に出しても良いのか悩む人も多いでしょう。

また、車検を受けるにはある程度まとまったお金が必要なので、車検を受けずに買取ってもらえるなら買取ってもらいたいという人も少なくありません。

ここでは、高額査定を狙うのに車検は必要なのか?という疑問にお答えするとともに、買取に出すタイミングについても解説します。

車買取は車検後よりも車検前がおすすめ

車の買取査定は、車検後よりも車検を受ける前に出すのをおすすめします。なぜなら車検には、いくら安くても数万円の費用がかかるからです。

まずは、車検にかかる費用について解説し、査定額の高い車についてもご紹介します。

車検にかかる費用

車検にかかる費用は、自動車重量税も関係してくるので、車の重量によって前後します。

車検費用には、部品交換費用や車の調整料だけでなく、自動車重量税や自賠責保険料、自動車検証を発行する際に必要な印紙、車検を受けた際に発生する基本料、代行業者に依頼する場合は、代行手数料など、多くの費用がかかるのです。

軽自動車は、自動車重量税がもっとも安いですが、それでも6万円前後かかります。何も交換する部品がない場合でも、普通自動車の場合は、車検費用に10万円前後かかると覚えておきましょう。

新しい車ほど査定額が高い

車の買取査定額は、一部の車種を除き、新しい車ほど高い傾向にあります。新しいきれいな車で、走行距離があまりないものが中古車市場では需要があるためです。

そのため、中古車買取りの依頼は、車買取を検討してからできるだけ早く業者を決めて依頼するのが良いとされています。

また次の車検までの残月が多ければ、プラス査定になる可能性も高いです。ただし買取業者によっては、車検までの残月が査定額に影響しない場合もありますので、あまり神経質になる必要はありません。

早く売却してしまったほうが得といっても、車検期限がギリギリまで迫っている場合、買取査定を検討するのはあまりおすすめできません。

なぜなら、焦って買取業者を選ぶと相場とかけ離れた安値で買い取られてしまう可能性があるからです。

これは車検期限を気にするあまり、自分が買取査定に出そうとしている車の買取相場を調査できていないことや、早く売却してしまいたい焦りから、買取業者のいいなりになってしまうことが理由です。

車を売却したいと思ったら、車が新しいうちにできるだけ早く買取査定に出すことをおすすめしていますが、相場の調査と業者選びはとても大切な項目になりますので、慎重に動きましょう。

 

車買取を車検後に出すデメリット

車買取は車検前に出すのがおすすめであるとご紹介しましたが、ここでは車検後に車を買取りに出すデメリットについてご紹介します。

車検費用以上の額が査定額に上乗せされるわけではない

車検後に車を買取査定に出す一番のデメリットは、車検費用がかかってしまうということです。古い車の場合は、交換部品が多く、車検費用が高額になる可能性があります。

先ほどご紹介したように、次の車検までの残月があれば買取査定額のプラス評価になる可能性もあります。しかし、車検費用を相殺するほどのプラス査定にはなりません。

普通自動車の一般的な車検費用、10万円で車検を受けて、その後すぐに買取りに出したとしても、10万円分のプラス査定はありえないのです。

はっきりいってしまえば、車検後に買取を出すメリットはまったくなく、損をしてしまいます。

極端なことをいってしまえば、車検切れの車でも買取査定は可能です。ただし、車検切れでは公道を自走できないので、レッカーを使用しなければなりません。

レッカー費用を考えないで良いのであれば、車検切れでも買取してくれる業者はたくさんいますので検討してみても良いでしょう。

また業者によっては、買い取った車をすぐオークションに流します。このような業者の場合は、買取ってから一時抹消するので、車検の残月はプラス評価になりません。

このような理由から、車買取を検討しているのに、わざわざ高い車検費用を払って車検を受けてから買取りに出すのはおすすめできないのです。

車買取は車検後車検よりタイミングが大事

車買取は、車検の残月を考えるよりも、買取査定に出すタイミングが重要です。ここからは、高額査定を狙いやすいタイミングについてご紹介します。

1日でも早く売却する

一部の車種を除いた一般的な車は、新しければ新しいほど需要があります。中古車買い取り業者は、車を買い取った後、中古車として車を販売して利益を得ているため、需要がある車ほど買い取りたいのです。

走行距離があまり伸びていない車も、中古車市場では人気があります。中古車として販売してもそれなりの値段で売れる車が、買取価格の高い車といえます。

そのため、車の買取を検討したらできるだけ早く、業者を選んで買取りしてもらうのがおすすめです。

高額買取でひとつの目安となる走行距離ですが、一般的に3万キロ、5万キロ、10万キロという数字で買い取りを検討するのが良いとされています。

例えば走行距離が、4.8万キロの車と5万キロの車があった場合、走行距離の差はわずか0.2万キロですが、5万キロを境目に査定額が大きく変動してしまう可能性が高いのです。

また買取業者選びの際に、1店舗のみで決めてしまうのはよくありません。買取業者は、車種や車の状態でそれぞれ得意分野を持っています。

同じ年式で同じ車種、同じ走行距離でも、買取業者によって買取価格は異なりますので、必ず複数社から見積もりを取るようにしてください。

車購入が多い時期に売却する

ボーナスの時期や会社の決算月は、全国的に車を購入する人が多いです。具体的な時期を示すと1月から3月、または9月と10月がもっとも車の需要が高まる時期ということになります。

この車の需要が高い時期は、どこの中古車買い取り業者も、多少買取価格を上乗せしてでも中古車の在庫を確保しておきたいのです。

高額買取を狙うなら、このタイミングで買取査定に出せば普段の相場よりも高い値段で買取ってもらえる可能性があるといえるでしょう。

しかし先ほどもご紹介したように、車は新しければ新しいほど、走行距離が少なければ少ないほど高い買取査定になります。

たとえば、車の買取を検討したのが6月であった場合、高額買取が見込める9月まで待って売却するよりも、検討した段階の6月に買取査定してもらったほうが高く買取ってもらえる可能性が高いのです。

モデルチェンジする前に売却する

多くの車種は、定期的にモデルチェンジを繰り返します。モデルチェンジ後には、買取査定が一気に下がってしまう傾向にあるため、モデルチェンジ前に売るほうが高く買取ってもらえる可能性が高いのです。

趣味性の高いコアなファンがいる車種を除いて、モデルチェンジでエンジンや性能が現行の車よりもグレードアップされる車種は、早めに買取査定に出すことをおすすめします。

とくに影響を受けやすいエコカーや軽自動車の買い取りは、モデルチェンジの情報にアンテナを張って、モデルチェンジ前に買取査定に出すのが賢い売却方法といえるでしょう。

まとめ

車買取を検討している人は、高い費用を払って車検を受けず、車検前に査定してもらいましょう。

できるだけ早い段階で買取査定に出すのがおすすめですが、業者選びは複数社で見積もりをおこない、慎重におこなってください。