KuruTown(くるたうん)

代車を借りる際の注意点やスムーズにいくためのテクニックについてご紹介。
少しでも車を高く売るなら、車の状態に合わせて複数の車買取業者に見積を取ることをおすすめします。

車買取の際 代車は借りられる?注意点やスムーズにいくためのテクニック

車を買取に出してから新車が届くまでの間、自由に使える車がなくなってしまうオーナーも多いでしょう。そのため買取業者の多くは代車のレンタルを行っており、今すぐ車を売っても移動に困らないようなサービスを行っています。
今回は買取業者から代車を借りるコツと注意点について紹介します。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車買取の際に代車は借りられるの?

車の買取を行う業者の中には、売主が車の売却後の移動方法に困らないよう、代車のレンタルサービスを行っているところがあります。

では、どのような業者でレンタルできるのでしょうか?

大手のほとんどは代車を貸してくれる

車の買取業者のうち、全国にチェーン店を持つような大手と呼ばれる業者の多くは、車の買取を行った客に対する代車レンタルサービスを行っています。 ほとんどの場合、レンタル費用を取ることはなく、車買取のサービスの一環としてレンタルされています。

フランチャイズは難しい場合もある

ただし、大手の中でもフランチャイズ制で店舗展開をしている業者は代車レンタルが難しい場合があります
直営店として店舗を展開している業者の場合、どこかの店舗で代車が不足していれば、他の店舗から融通することができます。

しかしフランチャイズで展開されている店舗は、看板こそ大手のものを使っていますが、経営は店舗ごとに行っています。そのため代車の用意も店舗に一任されており、店舗によっては代車の台数が少ない、または全く無いこともあります。

中小も業者次第

中小の買取業者も、代車を用意しているかはその業者次第です。

ある程度の規模の業者なら代車を確保できるでしょうが、小さな店舗では敷地や維持費の問題があり、十分な台数の代車を維持することは難しいでしょう。

代車をスムーズに借りるコツ

代車のレンタルを希望するならば、車の買取手続きの際に依頼しなければなりません。スムーズに損なくレンタルするために押さえるべきいくつかのコツを紹介します。

代車レンタルは交渉の最後に行う

代車のレンタルの相談は、売買契約交渉の最後に行うのが鉄則です。

代車のレンタルは買取業者のサービスの一環ですが、当然維持するための費用はかかっています。そのため代車料金は無料といいつつも、代車利用者に対しては査定金額を下げる場合があります。

まだ買取契約が成立していないうちに代車の相談をすれば、こっそりと査定金額を下げられてしまうかもしれません。そのため代車をレンタルするための交渉は、売買契約が成立し、売却代金が確定してから行うのが良いでしょう。

旧車の売却日と新車の納車日はできるだけ近く

代車は次々と新しい客に対してレンタルするため、長期間借りっぱなしにすることはできません。そのため長期間借りたいと申し出た場合には、代車レンタル自体を断られてしまうことがあります。

代車はあくまで新車が納入されるまでの期間、車が無い状態にならないための緊急措置です。売主本人も代車に乗り続けるよりは、早く新車に乗って慣れた方が良いでしょう。

車を売却してから新車が納入されるまでの期間は、できるだけ短くしておくことで、代車のレンタル期間は短く済ませられ、レンタルを断られることは少なくなります。

希望の車種にこだわらない

代車はあくまで一時的な代用品でしかないため、貸し出す買取業者もそれほどラインナップに力を入れません。 借りる側からすれば、できるだけ次に乗る新車に近い型の車を借りたいと思うでしょう。しかし業者側もコスト面を理由に多くの車種を揃えないため、希望通りの車を必ず借りられるとは限りません。

あまり希望の車種にこだわりすぎると、代車をレンタルできる期間がどんどん先延ばしになってしまいます。代車は一時的な代用品であると割り切り、車種にはあまりこだわらないようにしましょう。

代車を借りるときの注意点

実際に代車を借りる際には、自分の車に乗る時とも、レンタカーを借りる時とも異なる点に注意する必要があります。

交通事故に細心の注意

ほとんどの場合、代車は自分の好きな車種を選ぶ事はできません。普段はステーションワゴンに乗っているのに、借りられた代車はセダンだったというようなことも珍しくありません。

車のサイズ、視点、乗り心地など、これまでとは全く違う感覚の車に乗ることになりますので、代車に乗っている最中は事故を起こしやすくなります。 普段とは異なる感覚で運転していることを自覚し、細心の注意を払って運転するように心がけましょう。

貸出期間の確認

代車は他の客にも貸し出すため、いつまでも借りっぱなしにすることはできません。大手買取業者の多くはおよそ1ヶ月程度まで貸し出せるとしていますが、実際には2週間前後の貸し出しとなることが多いようです。

また、貸し出し状況によっては、車種を選ばなくてもすぐに借りることができない場合もあります。いつから借りられるのか、いつまで借りられるのかは前もって確認し、必要なタイミングで代車が使えないときは、公共交通機関やレンタカーで代用するといった対策も考えましょう。

レンタル時に傷がないか確認

代車は多くの客に次々と貸し出されるため、運転技術がそれほど高くない客に貸し出されることもあります。そのため大小様々な傷やへこみがついてしまうことがありますが、いつ誰に傷をつけられるかわからないこともあり、細かい傷程度なら積極的に修理されることはありません。

しかし傷の程度によっては修理することもあり、その費用は傷をつけた利用客に請求されますが、前回の客がつけた傷の修理費用を請求されてしまうこともあり得ます
貸し出しを受けるときには、事前に買取業者と一緒にどんな傷があるのか確認し、不要な責任を負わなくても良いようにしましょう。

絶対に買取キャンセルをしない

代車のレンタルは、あくまで車を売ってくれた客に対するサービスとして行われます。買い取った車を売却することで得られる利益を還元してくれているとも考えられるサービスですので、車の買取をキャンセルした客にはレンタルしないのが一般的です。

そのため代車を借りている客からの車買取がキャンセルされた場合には、買取業者は代車のレンタル費用を請求する場合があります。

キャンセルは売主側にレンタル費用が発生するだけでなく、買取業者側にも多くの損失が生まれます。百害あって一利なしといえるほど、関係する人それぞれに損失が生まれますので、買取のキャンセルは絶対にしないようにしましょう。

返却時はガソリン満タンで

新車の納入まで代車をレンタルできた場合、返却時にはガソリンを満タンにして返却しましょう。

厳密にはガソリンスタンドから買取業者まで移動する間にもガソリンは消費されますが、わずかに減っている程度なら買取業者も納得してくれるでしょう。

なお、代車返却時のガソリンの扱いについて、業者によってはルールを設けていることがあります。代車をレンタルする際に確認しておき、そのルールに従った返却を心がけましょう。

事故時の保険は要確認

慣れない代車を運転している最中は、思いのほか事故を起こしやすい状態です。そのため事故を起こしてしまった場合の保険の取扱いは、必ず確認しておかなければなりません。

有料のレンタカーは保険への加入が義務づけられているため、事故を起こした際にはその保険が適用されます。しかし代車には保険への加入義務がなく、事故に対して十分な補償を行えない場合があります。

万が一事故を起こしてしまったときには代車にかかっている保険は期待できないので、運転者が任意保険に加入しているならば「他車運転特約」を使うことになるでしょう。

他車運転特約は、友人や親など、自分が保険の対象となっていない車を運転した際に起きた事故について補償する保険特約です。任意保険に加入していれば、多くの場合自動的に付帯してきますので、万が一の事故の際にも安心です。

ただし、他車運転特約には免責となるケースがある上、特約を利用すると保険の等級が下がるというデメリットもあります。

全く保険に入っていない状態よりははるかにマシですが、事故時に受ける損害は大きいため、代車の運転は普段以上に慎重に行いましょう。

まとめ

車買取時において代車が必要なら、代車をレンタルできる業者を選びましょう。しかし車種やレンタル期間など、全てが希望通りになるとは限らず、慣れないサイズの車を運転することになる場合もありますので、代車の運転時は普段以上に気を配る必要があります。

トラブルなく代車を利用するにはいくつかのポイントを押さえる必要もあります。代車特有の注意点を抑え、新車の到着まで快適に代車を利用しましょう。

お急ぎください!!

車の価値はどんどん下がっていきますので、査定はお早めに!!

カーネクストなら無料査定から契約まで手軽でオススメです。

来店不要・お電話1本で査定からご契約まで可能!!

一括査定のような複数業者とのやりとりはなし!!

どんな車も高価買取!!

車検証を準備しておくとスムーズに査定を行うことができます。

普通自動車は
自動車税の還付があるのでお早めに!!

車買取TOPに戻る