車の買取で必要な書類とは

車の買取をしてもらう際には、複数の書類を用意しておく必要があります。
車の場合には、車両ごとに登録されており、名義変更をしたり、売買したりする際に書類を用意しなければなりません。またローンを返済している最中であれば、返済中に伴う書類も必要です。

複数書類がある

まず覚えておきたいのは、買取に際して複数の書類を用意する必要があるということです。普通自動車と軽自動車では、必要書類が異なります。

しかし、車検証や自動車税納税証明書など、共通している必要書類もあります。基本的にこうした書類は、車のダッシュボードに入っていることが多いものです。もしダッシュボードに入っていないのであれば、前もって探し出しておく必要があるでしょう。

その他の書類に関しては、自分で用意しておく必要があるものもありますので、買取前に早めに用意しておくことがおすすめです。

ローン中なら売却できるか注意

もし車がローン中なのであれば、売却できるのか確認しましょう。残債がどのくらいあるのか、買取によって返済できる金額がどのくらいなのかによって、現時点で売却できるのか、ローン残債を一括で支払う必要があるのかが分かるでしょう。

売却できる場合でも、車の所有者がローン会社なのか、自分名義なのかによっても必要書類が異なります。もしローン会社が所有者になっているなら、名義変更を行う手続きが発生します。ローン会社から自分名義に変更する手続きのために書類を準備し、車両の所有者を自分名義にしてから、手続きをさらに進める必要があるのです。

車種によって書類が異なる

車種によって、必要書類が異なりますが、普通自動車と軽自動車別に、どのような書類を準備すべきなのか見ていきましょう。

普通自動車の必要書類

普通自動車の必要書類は以下の通りです。

  • 自動車検査証
    自動車検査証は、一般的に車検証と呼ばれている書類で、車検の際に発行される書類です。車の番号や誰が所有しているのか詳細な点が記載されています。車の持ち主や使用者を証明するものです。他に、自賠責保険証や自動車税納税証明書なども車検証と一緒に入っている書類です。
  • 自賠責保険証
    自賠責保険証は、車検時に更新されるので車検証と一緒に入っていることが多いでしょう。
  • 自動車税納税証明書
    自動車税納税証明書は、自動車税の払い込み用紙を使って振り込んだ際の領収書のことを指します。小さな紙きれなので、紛失している可能性があります。紛失してしまっているなら、各都道府県税事務所に行って再発行してもらう必要があるでしょう。
  • リサイクル券
    リサイクル券は、紛失していると再発行が不可能です。しかし、日本自動車リサイクルシステムで現状確認をして、印刷してリサイクル券の代わりにすることもできます。
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 譲渡証明書
  • 委任状

その他の書類は、業者で用意してくれるものですが、印鑑証明書は自分で取得する必要があります。印鑑登録カードを持っているならば、自治体が設置した機械で発行できるので、最寄りの機械などで発行するようにしましょう。
印鑑証明書は発行から3か月以内のものが有効な場合と、発行から1か月が有効なものがあるので、確認が必要です。

軽自動車の必要書類

軽自動車の場合の必要書類は、以下の通りです。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券
  • 認印
  • 委任状

普通自動車と比較すると、印鑑に関する書類が不要となります。認印で大丈夫なので、シャチハタ以外の認印を用意しておきましょう。

個人間で売買する際にも書類は必要

個人間で売買する場合には、業者が用意してくれる書類もすべて自分で用意する必要がるので、さらに注意が必要です。手続きをする当日になって、取得していなかった書類がないように準備しておきます。

買主が用意しておくべき書類は、下記2点になります。

  • 車庫証明
  • 印鑑証明書

どちらも名義変更をする際に、必要な書類ですので、前もって取得するようにします。特に、車庫証明なのですが、書類を提出してから担当者が現地調査をするので取得に時間がかかります。気付いたら間に合わないという可能性もあるので、余裕を持って申請をして取引当日に間に合うようにします。

印鑑証明書も、期限が決められていますので、早く取り過ぎてもダメですが、取引の際に確実に用意できるように準備しましょう。

売主が用意する書類

売主が用意する書類は以下の通りです。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 譲渡証明書
  • 印鑑証明書
  • リサイクル券

個人間で売買をする際には、名義変更となるため、名義変更に伴う書類が必要です。上記の書類には、紛失していると再発行に時間がかかるものもありますので、前もって用意しておくと良いでしょう。

さらに個人間の売買では、売買契約書は必須ではありませんが、トラブルを避けるためにも作成しておくと良いでしょう。特に全く知らない方と取引をする際に、後のトラブルを避けるためにも、詳細な点を記載した売買契約書を作っておくことをお勧めします。

また別の点として、任意保険の解除も忘れないようにします。車検証の情報を前もって次のオーナーに伝えておくと、買主が任意保険に加入しやすくなるので忘れずに伝えるようにしましょう。

個人で売買する際には、名義変更に伴って費用が発生することも覚えておきましょう。

移転手数料に500円がかかります。また車検が残っていないのであれば、検査、登録手数料が車種によって異なりますが必要です。さらに新しいオーナーが車庫証明を取得するのに費用が2500円から3000円かかります。また新しいナンバープレート代が2000円必要です。

書類の準備をしていると、費用が発生することに気が付かず、どちらが負担するのかトラブルになることがあります。よくコミュニケーションを取り、取引で気になる点をよく確認しておきましょう。

住所変更をした際の書類

通常の手続きの場合には必要ありませんが、住所などの変更点があると別に書類を用意しなければいけません。

用意すべき書類は、下記3点になります。

  • 住民票
    引っ越しで印鑑登録証明書と住所が異なる場合には、住民票の写しが必要になります。住民票は、普通自動車の売却のみに必要です。軽自動車の場合には必要ありません。
  • 戸籍の附票、または住民票の附票
    もし2回以上引っ越ししているなら、戸籍の附票もしくは住民票の附票が必要です。住所を変更した回数を確認し、必要であればこちらの書類を用意しておきます。
  • 戸籍謄本
    もし結婚や離婚で姓が変わっている場合に必要です。業者に依頼する場合には、丁寧に説明をしてくれて、どの書類が必要になるのか教えてくれるでしょう。いずれにしても、実際には自分で用意する必要がある書類はあるので、事前に準備するようにします。

車売却で有利になる書類

車を売却する際に、有利になる書類も取り上げましょう。基本的に絶対に必要になるわけではありませんが、査定の際に有利になる書類です。

査定の際に有利になる書類は、下記2点になります。

  • 説明書のみでも買い取っている業者もいるほど価値があるものです。単品だけでは価値がないとしても、記録簿と合わせておくと1万円ほどプラス査定になることもあります。それで、無くさないように管理しておくことをおすすめします。
  • 記録簿とは、整備士がオイル交換や部品交換をした記録です。記録簿があることで、車が定期的なメンテナンスを受けていたことを証明できるので、査定のプラスになるのです。車のコンディションを証明する資料になるので、査定額に良い影響を与えるでしょう。

どちらの書類も、ダッシュボードに入っていることが多いですが、別の場所に保管している可能性もあります。査定の際にすぐに見せることができるように事前に準備しておくことをおすすめします。

まとめ

車の買取には、複数の書類が必要になります。

普通自動車なのか、軽自動車なのかによっても書類が異なりますし、売買を個人でするのか、業者にしてもらうのかによっても異なります。
事前に準備が必要な書類もありますので、時間の余裕を持って書類の有無を確認し、場合によっては入手するようにしましょう。