廃車でも高く買取できる3つの理由

廃車とは一般的に使用が終わった自動車を抹消する事をいいます。廃車となる自動車は大きく分けて3種類あり、老朽化や経年劣化によって廃車になる場合、交通事故などによって廃車になる場合、そしてエンジントラブルなどの故障によって廃車になる場合です。今の時代は廃車となった自動車でも高く売れることをご存じでしょうか。この記事では廃車でも高く売れる3つの理由についてご説明いたします。

廃車を高価買取できる業者とは

中古車は一般的に10年経過、10万キロ走行のいずれかに該当する場合は売れにくいと言われています。トヨタや日産、ホンダなどディーラーでの下取り価格も、10年落ち、10万キロ以上走行している車の場合は、納得のいく金額がつかないと言われています。その理由は、年式が古く、走行距離が多い自動車は故障が多いので、ディーラーや中古車販売店がお客さんから買い取った自動車を販売しにくいという事情があります。エンジンから異音が出たり、バッテリーを何度交換しても上がりやすくなったり、タイミングベルトの交換が必要となるのも10年落ち、10万キロ以上走行した時期となります。

このような自動車を日本では廃車と呼んでいます。その廃車を高価買取しているのが廃車買取業者です。廃車買取業者は、中古車輸出業者や、自動車解体業者などがあり、全国各地に約5,000社あると言われています。この記事では、廃車買取業者が高価買取できる理由について詳しく解説していきます。

廃車が高く売れる理由1「海外で日本車は高い価値がある」

日本で廃車と呼ばれる10年落ち10万キロ以上走行の中古車は、海外で非常に人気が高く高値で売買されています。

廃車が海外で人気があるのは大きく2つの理由があります。一つ目は、経済状況が豊かでない後進国では、新車はあまりにも高額であるため購入することができないので廃車に人気が集まる傾向にあります。日本の廃車が大人気のアフリカでは、平均年収が10万円位の国もあり、銀行ローンで自動車を購入するとはいえ、新車を購入するには負担が大きすぎます。日本で不要となった廃車は比較的安価で手に入れる事ができるため、廃車であっても高い価値があるのです。二つ目の理由は、日本車は世界に誇る技術で製造されており、故障しにくい、丈夫である、という点です。日本車といえども廃車は新車や高年式低走行の自動車と比べると故障が多くなりますが、それでも世界各国の中古車と比べると故障は少なく長持ちします。「メイドインジャパン」の物は世界中で人気が高いことを皆さんご存じかと思いますが、特に自動車における信頼感は非常に高く、廃車と呼ばれる車でも世界では必要としている方々が多いので高い価値があるのです。

日本から海外へ輸出される自動車は年間122万台。(2021年日本中古車輸出業協同組合のまとめ)
クルタウンは中古車を海外へ輸出するネットワークを持っているので廃車でも高く買取ができるのです。

廃車が高く売れる理由2「パーツとして価値がある」

廃車でも海外では人気が高く、年間122万台の中古車が海外へ輸出されています。沢山の中古車が海外へ輸出されているので、そのぶん故障が発生したり修理が必要となったり、損傷を受ける車が多くなります。自動車を修理するためには部品が必要となりますので、海外では部品の需要が非常に高く毎年多くの自動車部品が海外へ輸出されています。

そこで必要とされるのが自動車の中古部品。海外で使われる部品の多くはリユース品(中古品)ですので、日本で不要となった廃車や、事故で走行不能となり修理が難しい事故車などから部品をばらしてコンテナ船などで海外へ輸出されています。自動車は3万個の部品からできていると言われており、その一つ一つの部品に価値があるのです。中古車パーツの再利用(リユース)は、2015年に国連サミットで採択されたSDGsの一環としても注目されており、テレビ等のメディアでも多数取り上げられています。

クルタウンでは、中古車パーツを海外へ輸出するネットワークを持っているので廃車でも高く買取ができるのです。

廃車が高く売れる理由3「鉄・スクラップも価値がある」

日本で使用が終わり廃車となる自動車は、海外へ輸出されたり、中古車としてリユースが難しい場合でも部品として再利用されますが、そのほか鉄・スクラップとしても再利用できるため、人気のない車種や部品として需要が低い自動車でも価値があるのです。

日本では年間400万台以上(日本自動車販売協会連合会、自動車検査登録情報協会のデータ)が廃車として登録されており、そのうち100万台ほどが海外へ輸出され300万台ほどが廃棄されています。鉄・スクラップの再利用はあらゆる場面で行われており、日本国内でも非常に高い需要があります。そのため、自動車として価値が無い場合でも鉄スクラップとしては価値があるのです。

クルタウンでは、鉄・スクラップとして再販できるネットワークを持っているので廃車でも高く買取ができるのです。

まとめ

こちらでは、クルタウンが廃車でも高く買取できる理由をご案内しました。自動車が廃車になる理由は、経年劣化や故障、事故など理由はさまざまですが、どんな状態の車でも売れることをご理解頂けたのではないでしょうか。クルタウンでは、高年式低走行の中古車を高価買取するだけでなく、廃車となる様な自動車も高価買取をしています。廃車をご検討の際はクルタウンにご相談ください。

\ 20秒で廃車の買取価格がすぐ分かる /

廃車を高く売ろう!

廃車に関するよくある質問

廃車にかかる費用はありますか?

クルタウンで廃車をした場合は、廃車手続きにかかる費用や、引き取り費用は無料ですので、廃車にかかる費用は一切ありません。

動かない車の場合、引き取り費用はかかりますか?

クルタウンでは、不動車や事故車の場合でもレッカー引取り料が無料です。引取りにかかる費用は一切ありません。

廃車申込後のキャンセルに違約金はかかりますか?

クルタウン廃車は全国の提携店の協力によってサービスを提供させて頂いております。ご契約いただく業者によって条件が変わる可能性がありますので、必ずご契約時にご確認ください。

車の廃車と一緒にタイヤの処分もお願いできますか?

原則としてリサイクル法の関係上、廃車の引取り時に荷物は下して頂くのが良いかと思いますが、タイヤや自動車関連部品は無料引取りも行っておりますのでお気軽にご相談ください。

廃車にしたら自動車税の還付はありますか?

廃車手続きをした場合、自動車税の還付を受ける事ができます。詳しくはお問い合わせフォームより入力頂き専門業者よりご連絡させて頂きますので、その際にご相談下さい。

自動車の廃車手続きにはどのくらいの時間がかかりますか?

廃車の引取り時に必要書類が不備無く揃っている場合は、車両と書類をお預かりしてから1~2週間で廃車手続きが完了します。廃車手続きが完了しましたらクルタウンの提携店よりお客様へ手続き完了の通知がされます。

廃車のよくある質問をすべて見る